ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

LFA

レクサスLFAがワイルド・スピード風のドリ車になったら・・・?けっこう雰囲気が出ているレンダリングが登場。このクルマの価値を考えると現実でのカスタムは絶対ムリ

レクサスLFAがワイルド・スピード風のドリ車になったら・・・?けっこう雰囲気が出ているレンダリングが登場。このクルマの価値を考えると現実でのカスタムは絶対ムリ

| レクサスLFAの価値はどんどん上昇しており、もはや現実的にこういったカスタムをできるクルマではなくなってしまった | だからこそデジタル上でだけは「もしも」を楽しみたい さて、これまでにも様々な「 ...

レクサスがグッドウッドにて「エレクトリファイド・スポーツ」を海外初展示!トヨタはスポーツカーの重要性を理解しており、LFA後継としての発売の可能性が高まるか?

レクサスがグッドウッドにて「エレクトリファイド・スポーツ」を海外初展示!トヨタはスポーツカーの重要性を理解しており、LFA後継としての発売の可能性が高まるか?

| ただし発売に際しての最大の難関はエレクトリファイド・スポーツの核である全固体電池の実用化だと思われる | グッドウッド フェスティバル オブ スピードではエレクトリックカー専用コーナーも登場 さて ...

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLFAの「V10」対決!勝敗抜きでその快音に酔いしれようぞ

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLFAの「V10」対決!勝敗抜きでその快音に酔いしれようぞ

| 今や「超希少種」のV10同士のドラッグレース | 以外やレクサスLFAのエンジンほうがレブリミットが高かった さて、ユーチューバー「スロットルハウス」がランボルギーニ・ウラカンSTOとレクサスLF ...

まさかのピンク!レクサスLFAのボディカラーにポルシェの「フローズンベリーメタリック」を反映させたらこうなった

まさかのピンク!レクサスLFAのボディカラーにポルシェの「フローズンベリーメタリック」を反映させたらこうなった

| このボディカラーはレクサスLFAのマイルドなボディラインによく似合う | さらにはクリアブルー仕上げのカーボンパーツ、ブルーグレーの内装などオリジナリティのある仕上がりに さて、様々なバーチャルカ ...

【動画】レクサスが「エレクトリファイド スポーツ」の動画と追加画像を公開!見れば見るほどLFA後継としか思えない。なお新世代レクサスはスポーツ系とSUV系でデザインを切り分けるもよう

【動画】レクサスが「エレクトリファイド スポーツ」の動画と追加画像を公開!見れば見るほどLFA後継としか思えない。なお新世代レクサスはスポーツ系とSUV系でデザインを切り分けるもよう

| レクサス・エレクトリファイド・スポーツにはLFAだけではなくトヨタ2000GTの要素も入っているようだ | ただし現時点では実現の可能性について何ら言及されていない さて、先日「EVラインナップを ...

世界に一台、「純金入り」グリーンのペイントを持つレクサスLFAニュルが中古市場に登場!その価格は新車価格の3倍となる「1億3000万円」

世界に一台、「純金入り」グリーンのペイントを持つレクサスLFAニュルが中古市場に登場!その価格は新車価格の3倍となる「1億3000万円」

| レクサスLFAニュルは再評価により、ここ数年急激にその価値を上げている | 近年、ここまで価格をあげたスポーツカーも珍しい さて、レクサスLFAニュルブルクリンク・エディションが中古市場に登場。「 ...

レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する

レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する

| どうやらレクサスは次の時代へと向けて大きく変化、レクサスLFA後継には期待したい | トヨタはここへきてあらゆるEVに対して巻き返しを図ってきたようだ さて、トヨタが「2030年までに30種のバッ ...

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか | 豊田章男社長らしくEV世代となっても「スポーツ」を忘れないようだ さて、トヨタは2021年12月14日に「バッテリーEV戦略に ...

驚愕!レクサスLFAニュルが競売にて1.75億円で落札され、ヴェイロンよりも高値をつける。レクサスLFAの価値はついにブガッティを超えたのか・・・

驚愕!レクサスLFAニュルが競売にて1.75億円で落札され、ヴェイロンよりも高値をつける。レクサスLFAの価値はついにブガッティを超えたのか・・・

| レクサスLFAは、この数年で倍近いレベルまで価格が上がっている | もしかすると現在の価格がレクサスLFAの適正な価値を表しているのかも さて、先日「予想落札価格が1億2000万円という高額に達す ...

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

2021/8/17    , , , , ,

| 当時、トヨタが「官能的なクルマを作った」と言っても誰も信じるものはいなかった | しかも価格はフェラーリやランボルギーニよりも高く、数字的なパフォーマンスはそれらに劣る さて、ここ最近レクサスLF ...

レクサスLFAの価格は年々上昇して直近では新車価格3750万円の倍以上!今回は走行距離わずか284kmのLFAが中古市場に

レクサスLFAの価格は年々上昇して直近では新車価格3750万円の倍以上!今回は走行距離わずか284kmのLFAが中古市場に

| 乗ったら価値が下がることは理解していても、レクサスLFAに乗らずにいるのはオーナーにとって拷問に近い | それにしてもレクサスLFAの直近の値上がりっぷりは異常 さて、先日は「1億円を超えるであろ ...

レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に

レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に

| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージとで大きな差はないようだ | まさかレクサスLFAがここまで市場価値を上げるとは さて、2012年モデルのレクサス ...

世界で最も走行距離が少ないレクサスLFAが競売に登場

【動画】世界で最も走行距離が少ないレクサスLFAが競売に登場!現在は「相場」を大きく超える6500万円、まだまだ価格は上がりそうだ

| いったんは少し下がったレクサスLFAの中古相場だが、ここへきて再び上昇に転じたようだ | この「イエロー外装+クリーム内装」はいかにもアメリカっぽい さて、レクサスLFAというと「今後最も値上がり ...

レクサスLFAの「ワイドボディ」を計画するチューナーが現れた

【動画】レクサスLFAの「ワイドボディ」を計画するチューナーが現れた!LFAはもともとの完成度が高く、下手にいじると明らかに性能や芸術性が劣化しそうだ

| それを理解しているからこそ、おそらくほとんどのチューナーがLFAのカスタムには手を出さないのだと思われる | 加えて、生産わずか500台の希少車の価値をわざわざ損なうようなカスタムは考えられない ...

ワンオーナー、走行800キロのレクサスLFAが競売に登場

ワンオーナー、走行800キロのレクサスLFAが競売に登場。ボディカラーは11台しか生産されなかったスティールグレイ、内装はオーダーメイドの価値ある一台

| レクサスLFAはその相場が下がらない | ボディカラーは11台しか生産されなかったスティールグレイ さて、不動の人気を誇るレクサスLFAがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。レクサスLFA ...

レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開

【動画】レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開!低速ギアではあまりに回転上昇が速く、一瞬でレッドゾーンに

| LFAにマニュアル・トランスミッションの設定があったらオーバーレブ→ブローが続出しそう | モータースポーツマガジンがわずか1分ばかりの短いレクサスLFAの動画を公開。全開にて加速を行った際のメー ...

トヨタ86をレクサスLFA風に

こんなパーツがあるのか・・・。トヨタ86をレクサスLFA風にカスタムしたツワモノが目撃される(マフラーもLFA風の3連)

| ただしエンブレムは「レクサス」ではなかった | さて、世の中には様々なカスタムカーが存在しますが、今回はトヨタ86をレクサスLFA風にカスタムした個体を紹介。これは画像掲示板、Redditに投稿さ ...

レクサスLFA

2020年にはいずれも新車のLFAが3台、ヴァイパーが4台、ホンダCR-Zが1台販売されていた!いずれもディーラーが隠し持っていた”とっておき”在庫のようだ

| 計算上だと、レクサスLFAはあと1台の”新車”が残っている | さて、北米にて前年の販売実績が公開されると話題になるのが「すでに販売終了となったクルマがなぜか新車で販売されている」ということ。最も ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5