ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>シボレー(CHEVROLET)

1974年、「その街でもっとも速かった」男が乗っていたコルベットC3が40年ぶりに納屋から出される!40年もコルベットを隠し続けた男の物語【動画】

投稿日:

1974年、「その街でもっとも速かった」男が乗っていたコルベットC3が40年ぶりに納屋から出される!40年もコルベットを隠し続けた男の物語【動画】

| それにしても、40年もこのクルマを保管し続け、しかも乗らなかったことには驚かされる |

このコルベットは製造上のミスがある「イレギュラー」

さて、40年以上も放置されていたというシボレー・コルベットC3がついにその納屋から出される事になり、その様子が動画へと収められ、Youtubeチャンネル「ジャンクヤードライフ」にて公開されることに。

なお、こういった「納屋で放置された車両が発見」というのは誰の心をも揺さぶるものだと思いますが、ぼくが惹かれるのは「なぜ放置されることになったのか」そして「なぜ見つかったのか」。

もちろんそこには様々なストーリーがあるわけですが、今回の1968年製コルベットは「ちょっと変わった」背景を持っており、ここでそれを紹介してみたいと思います。

【動画】英国の納屋から謎のフェラーリ166MMが出てきた!1950年に製造され、1965年にアメリカに渡るも16年間行方不明に。そして今、父親の飛行機格納庫に埃をかぶって修復を待つ
【動画】英国の納屋から謎のフェラーリ166MMが出てきた!1950年に製造され、1965年にアメリカに渡るも16年間行方不明に。そして今、父親の飛行機格納庫に埃をかぶった姿で発見

| 一体世界中にはどれくらいの「発見を待つ」ヴィンテージカーが眠っているんだろうな |この記事のもくじ| 一体世界中にはどれくらいの「発見を待つ」ヴィンテージカーが眠っているんだろうな |そして世の中 ...

続きを見る

なぜこのシボレー・コルベットはずって放置されたままだったのか

この1968年製コルベットについてはそのオーナーが明確で、そのオーナーとはアラバマ州北部に住む「ビッグブロック・マイク」して親しまれる人物だと報じられています(名前からして生粋のカーガイということがわかる)。

4

なお、今回動画を公開したユーチューバー、ジャンクヤード・ライフは以前からこのコルベットの存在を把握しており、5年前にも動画にてこのコルベットを取り上げたことがあるそうですが、今回納屋から移動させねばならなくなったのは「納屋が崩れ落ちる可能性が出てきたから」。

3

そして一番気になる「なぜずっと放置されることになったのか」についてですが、これにはちょっとユニークなストーリーがあり、この物語のはじまりは1974年にまでさかのぼります。

当時このビッグブロック・マイク氏はハイティーンの頃、コルベットを専門に扱うシボレーディーラーの近くにあるS&Hグリーンスタンプ店でアルバイトをしており、そして当時からコルベットの大ファンだったのだそう。

8

そしてビッグブロック・マイク氏はなんとか「ビッグブロック7.0リッターV8」を搭載したコルベットC3コンバーチブルを約2,900ドルで購入することに成功し、時を待たずして「街で一番速いクルマを所有している」ことから誰もが一目を置く存在になったといいます。

7

ただし有名になったのはクルマ仲間の間だけではなく、その名が警察にまでも知られるようになってしまい、ある日警察とカーチェイスを繰り広げ、なんとか逃げおおせたものの、その後の追求と没収を恐れ、このコルベットを隠さなければならなくなったのだそう。

31

そうしてビッグブロック・マイクはこのコルベットを40年以上も隠し続けていたわけですが、今回長い時の流れを経てようやく日の目を見ることとなったわけですね。

なお、この「ビッグブロック」というニックネームは当時拝命したものだと思われますが、今でもそう呼ばれているということは、このビッグブロック・マイク氏はその後もずっとビッグブロックエンジン搭載車を乗り継いできたということなのかも。

30

動画を見る限りでは「朽ち果てる」ほどではないものの、やはり40年以上の時の流れを経ただけあって各パーツの損傷は小さくはないもよう。

22

インテリアは埃をかぶっているものの、まだきれいな部類だと思います。

24

メーターの樹脂パネルもちょっとした清掃にて以前の輝きを取り戻せそう。

21

現在コルベット427のレストアプロジェクトが進行中

そして現在このコルベットは納屋から運び出されることとなり・・・。

6

移動のため暫定にて新しいタイヤとホイールを装着(よくオリジナルのホイールを外せたものだと思う)。

16

その後はなんとか積車に載せて・・・。

5

レストアを担当するファクトリーへ。

36

そしてファクトリーへと到着。

35

現在このコルベットはファクトリーにてレストアを行っている最中だそうですが、時系列からしてビッグブロック・マイク氏はまだまだ運転免許を返納するような歳ではないと思われ、レストア後はふたたび”悪名高い”コルベット427のステアリングホイールを握る日がやってくるのかもしれませんね。

32

なお、このコルベット427は歴史的に価値が高いクルマではありますが、この個体は工場にて製造される際に「誤って」本来とは異なるパーツが装着されているそうで、このイレギュラーがさらに価値を押し上げていると考えることもできそうです。

23

シボレー・コルベットを40年ぶりに納屋から出す動画はこちら

合わせて読みたい、「納屋に放置」関連投稿

【動画】「かつては人の往来があった」英国の奥地にてポルシェ911やベントレーなど数十台の希少車が納屋から発見!いったい所有者の身に何があったのか
【動画】「かつては人の往来があった」英国の奥地にてポルシェ911やベントレーなど数十台の希少車が納屋から発見!いったい所有者の身に何があったのか

| ここまで多数のクルマが放置されるようになった経緯は語られず |この記事のもくじ| ここまで多数のクルマが放置されるようになった経緯は語られず |レストア可能なものもあるが、修復が難しそうなクルマも ...

続きを見る

納屋に放置されたマツダRX-7が23年ぶりに外へと出される!オーナーは新車で購入、「あまりにパワーがあって速く、怖かったので乗らずに置いていた」
納屋に放置されたマツダRX-7が23年ぶりに外へと出される!オーナーは新車で購入、「あまりにパワーがあって速く、怖かったので乗らずに置いていた」

| それにしても、RX-7をずっと乗らずに23年間放置していたとはもったいない |この記事のもくじ| それにしても、RX-7をずっと乗らずに23年間放置していたとはもったいない |きれいに洗車し磨き上 ...

続きを見る

【動画】生産期間わずか1年、マスタングの希少モデルが46年ぶりに納屋から発見!オーナーは「レッド」で注文するもイエローにて納車され、しかし色盲なのでそれに気づかず
【動画】生産期間わずか1年、マスタングの希少モデルが46年ぶりに納屋から発見!オーナーは「レッド」で注文するもイエローにて納車され、しかし色盲なのでそれに気づかず

| 燃費を改善しようとインテークの改造に取り組むもそのまま放置、46年が過ぎ去る |この記事のもくじ| 燃費を改善しようとインテークの改造に取り組むもそのまま放置、46年が過ぎ去る |生産されたのは1 ...

続きを見る

参照:Junkyard Life

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5