ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

ずっと「5色」のみだったテスラのボディカラーが増える?テスラのデザイナーが新色追加の可能性に言及する【動画】

投稿日:

テスラ

| これだけテスラが増えると自分のクルマと同じテスラを一日になんども見かけることに |

オーナー満足度向上、新規顧客の呼び込みを考えても新色追加は必須かも

さて、テスラは車種やグレードを増やしてきたものの、意外と増えなかったのがボディカラー。

ちなみにテスラは生産効率を重視しているので、他社のクルマに比較すると仕様の差異は大きくなく、走行レンジや駆動方式が変わったとしてもその外観は基本的に同じであり、オプションにしても予めその機能が内蔵されていて、課金によって「アンロック」されて使用が可能になるというたぐいのものが多く存在します。

つまりテスラは製造時に「様々な仕様を作り分ける」ことを非常に嫌う会社であり、しかしそれによって大きくコストを引き下げているのもまた事実。

ただしカラーが限定的である時代ももう変わるかも

ただ、現在の「パールホワイト」「ソリッドブラック」「ミッドナイトシルバーメタリック」「ディープブルーメタリック」「レッド マルチコート」のみに長く限定されてきた時代も終わりを告げるかもしれず、今回テスラのチーフデザイナーであるフランツ・フォン・ホルツハウゼン氏が”Ride the Lightning”ポッドキャストのホストと対談し、「顧客が近い将来、さらなる色を期待できるかどうか」を尋ねられた際「ええ、そう願っています 」とコメントしています。

加えて自身が直接デザインを担当していることを強調し、「Wait and see(様子を見よう)」とも語っていて、期待を持たせる発言をしているわけですね。

テスラ


この質問は、最近ドイツで生産を開始したモデルYを意識したもので、というのもドイツ(ベルリン)のギガファクトリーにて生産されるモデルY「限定」にて”他の工場で生産される個体には存在ない2つのカラー”が存在するから。

その2色とはクイックシルバーとミッドナイトチェリーレッドなのですが、ベルリンのギガファクトリー生産車にしか適用されないのは、同工場に導入された最新のペイントマシンでしか(技術的に)実現できず、他の工場では作りたくても作れないためです。

テスラ・モデルY

なかなかカッコいい!これがテスラ・モデルYの新色「クイックシルバー」。ベルリン生産のみ対応可能、その価格約42万円のオプション
なかなかカッコいい!これがテスラ・モデルYの新色「クイックシルバー」。ベルリン生産のみ対応可能、その価格約42万円のオプション

| なんだかんだ言われながらテスラは常に品質を改善している |この記事のもくじ| なんだかんだ言われながらテスラは常に品質を改善している |むしろ改善されていないのは情報をアップデートできない「アンチ ...

続きを見る

ここまでテスラが増えると「別カラー」の要望も

ただ、フランツ・フォン・ホルツハウゼン氏によれば、クイックシルバーとミッドナイトチェリーレッドは(ベルリン工場でしか塗装できないものの)テスラのお膝元である米国にて開発されたものだといい、「すべてのカラーをここで開発し、チームを組んで進化させ、テストも開発もすべて自分たちで行っています」と説明しています。

よって、今後のテスラ車については、米国(本社)デザインチームによって開発され、ベルリン工場でなくとも塗装できるカラーを導入する可能性もありますが、フランツ・フォン・ホルツハウゼン氏は最終的な決定権を持つのはCEOのイーロン・マスク氏といい、ここはぜひイーロン・マスクCEOの英断に期待したいところ。

テスラ

テスラの販売は現在急激に増加しているものの、そのぶん「自分のテスラと全く同じ仕様の」テスラ車を一日になんども見かける例も少なくはないはずで、そしてそれを懸念する潜在顧客も少なくはないものと思われ、これからの販売のことを考慮すると、やはりもうちょっとボディカラーが多くてもいいのかもしれません。

ちなみにですが、ツイッターの買収以降、イーロン・マスク氏の言動を「恥じる」テスラオーナー、その予備軍が多いと報じられ、かつツイッターに割かれる時間が多くテスラの経営に専念できていないと指摘されることも多かったのですが、その後イーロン・マスクCEOはツイッターよりもテスラのほうが重要だと明確に宣言し、さらにはツイッター上にて奇っ怪な発言をしなくなっていて、「意外といろんな人の意見を聞くんだな」という気もしますね。

テスラ

テスラ・モデルY
イーロン・マスクのツイッターでの発言がテスラの販売を阻害している?以前は「挑戦者の偉大な夢」と捉えられたツイートが今では「金持ちの戯言」と一蹴されることも

| たしかにかつてと今ではテスラの立場も追う側から追われる側になってしまった |この記事のもくじ| たしかにかつてと今ではテスラの立場も追う側から追われる側になってしまった |立場が変われば、同じ発言 ...

続きを見る

テスラのデザイナーが様々な可能性について語る動画はこちら

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラ3番めの株主がイーロン・マスク氏に対してCEOの辞任要求を突きつける。なおTwitter上にて実施したアンケートでも同氏のツイッターCEO辞任要求が57%に

| どうも最近はテスラに対する逆風が吹き荒れているようだ |この記事のもくじ| どうも最近はテスラに対する逆風が吹き荒れているようだ |革新的な試みを行う人間はなかなか理解されにくいイーロン・マスクC ...

続きを見る

テスラ
テスラ中国のNO.2がテスラ本社のNo.2に昇進し「イーロン・マスクの次に偉い人」に!寝食を忘れて上海工場の立ち上げに従事、世界第一の工場に成長させた人物

| たしかにイーロン・マスクCEOは「アメリカ人に比べて中国人はよく働く」とコメントしていた |この記事のもくじ| たしかにイーロン・マスクCEOは「アメリカ人に比べて中国人はよく働く」とコメントして ...

続きを見る

テスラ
やはり値下げの効果は大きかった?中国にてテスラの販売が急増、そして米国では新規投入した廉価グレードが一瞬で完売。これからEVは仁義なき価格競争に突入か

| テスラはこの状況を見越して「値下げ競争下でも生き残ることができる」ようにコスト管理を行ってきたようだ |この記事のもくじ| テスラはこの状況を見越して「値下げ競争下でも生き残ることができる」ように ...

続きを見る

参照:Ride the Lightning Tesla Motors Unofficial Podcast

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5