>テスラ(TESLA)

テスラが「EV製造コストを大きく下げることが可能となるはずだった」新世代ギガキャストから撤退したとの報道。テスラは支出を切り詰めるという「安全な賭け」に

テスラ

| 短期的に見ると「がっかり」材料ではあるが、この状況で過剰な投資を抑えるのは中長期的に見ると賢明な判断であると考える |

こういったスピード感のある経営も「テスラならでは」

さて、テスラは少し前に「販売回復の起爆剤」だと目されていた廉価版EV、通称モデル2の開発を中止したと報じられ、これによって投資家を大きく失望させています。

ただ、イーロン・マスクCEOはこれを否定しており、しかしその歯切れはあまり良くはなく、その理由は「モデル2の開発は中断されたが、廉価版EVの開発が別途続行している」ため。

つまり廉価版EVであるモデル2開発の中止は正しくもあり、またそうではないとも言えますが、現在の状況は「モデル2の開発段階で培った技術を既存ラインアップ(モデル3やモデルY)に反映させ、それによって販売価格を引き下げて競争力を確保する」というところかと思われます。

これによって、モデル2ほど価格は安くはならないものの、モデル2の発売よりも早いタイミングにて安価なEVを市場へと投入することが可能となり、既存ラインアップが競争力を失いズルズルと販売台数が下がってゆくよりは「ずっとマシ」となるわけですね。

テスラは新しいギガキャスト計画を棚上げ

なお、モデル2で予定されていた「25,000ドル」という驚異的な価格を実現するための要は「新しいギガキャスト技術」。

テスラは自動車業界ではまっさきにギガキャストを取り入れたメーカーのひとつであり、これは「従来だと、数十個に小分けして製造し、それらを後に溶接などして大きな部品に仕上げていた」工程を省略し、「一度の鋳造にてひとつの大きなパーツを作り上げる」というもの。

テスラ
トヨタ幹部がテスラ車を分解→「なんてことだ。これはまさに芸術品。信じられない」。テスラが持つ4つのアドバンテージを正しく認識し効果を算出

| かつてトヨタとテスラが提携し、トヨタが「得るものは何もない」として提携を打ち切ったのがウソのようだ | テスラのクルマは外観が変わらずとも、その内容は大きく進歩している さて、トヨタのエンジニアが ...

続きを見る

これによって工程が省略できるばかりか作業スペースも飛躍的に節約できるようになり、生産コストが大きく下がると言われています。

テスラが導入してコストダウンに成功し、トヨタも採用を発表した「ギガキャスト(ギガプレス)」とは?そのメリットとデメリットを見てみよう
テスラが導入してコストダウンに成功し、トヨタも採用を発表した「ギガキャスト(ギガプレス)」とは?そのメリットとデメリットを見てみよう

| これからの自動車業界はギガキャストなしでは語ることができない | トヨタはこれの導入によって開発費と製造コストを半減させることを目論んでいる さて、トヨタは先日「EVに関する新戦略」を発表し、その ...

続きを見る

実際のところ、テスラはこれをモデルYやサイバートラックに取り入れて製造原価の引き下げに成功していますが、次のコスト削減のステップとして、「更に大きなパーツ」、具体的に言えばフロア(アンダーボディ)をギガキャストにて一発成形しようとしていたわけですね。

L1410545

テスラの車両はこの技術によってコストを大きく削減できる「はずだった」が

ただ、これはもちろん容易なことではなく(均一性や強度の担保が難しい)、この実現のために様々な試行錯誤を繰り返しているとも報じられていたのが少し前の状態ですが、今回ロイターが報じた内容だと「アンダーボディをギガキャストにて製造するという、テスラ史上もっとも野心的なプロジェクトから撤退した」。

テスラ
テスラが「25,000ドルの」EV実現のため、製造原価を半減させる手法の実現にたどり着くとの報道。なんらかの技術的ブレイクスルーがあったもよう

| テスラは「追ってくるものがいれば、常にその先に」 | テスラはほかメーカーに比較して「車種が極端に少ない」という特殊性があり、これによって製造開発段階におけるアドバンテージを獲得している さて、先 ...

続きを見る

上述の通り、この新しいギガキャストはモデル2の低価格を実現し、ひいてはロボタクシーの車両価格を引き下げることが可能になると見られていたほか、モデル2計画がなくなったとしてもこの技術がモデル3やモデルYに反映されることで既存モデルを安価に製造することが可能になると考えられており、よって今回の「新しいギガキャスト撤退」報道は「FSDの中国導入」によって大きく盛り上がった投資家に冷水を浴びせることになるのかもしれません。

L1007476

ポルシェのマニュアル・トランスミッション
ハイブリッド化によって911カレラGTSからMTが消滅し、ポルシェ911の2025年モデルでマニュアル・トランスミッションを選べるのは「1モデルのみ」という事実

| ただしこれは一時的な現象であり、1-2年後には状況がまた変わるであろう | それでも「電動化」の進行具合によってはMTを選べるモデルが極度に少なくなってしまうかも さて、ポルシェは昨日、フェイスリ ...

続きを見る

ロイターによれば「(匿名の情報提供者の弁として)この決定は、同社が売上低迷に対応して短期支出を削減することを目指していた昨年秋に行われた」とのことで、テスラはかなり早い段階で売上がこの先”減ってゆく”であろうことを認識していたとも考えられますが、テスラはこの先行きが読めない状況の中で「高額な大型プレス機の価格とエンジニアリングコスト」に投資したとしても、その費用を回収できないと判断したのだと思われます。

テスラ
テスラが「25,000ドルの」安価なモデル2計画をキャンセルしたとの報道。イーロン・マスクはこれを否定するも、株価は「マイナス成長」発表時よりも大きく下がる

| 現時点では事実かどうかは判断できず、しかし事実であればテスラが短期的には「より厳しい状況」へと追い込まれるであろう | もちろんこれが事実であったとしても、イーロン・マスク氏は状況を打開するだけの ...

続きを見る

参考までに、サイバートラックという「大きなギャンブル」はテスラの販売台数が大きく伸び、黒字化した時期に企画されていますが、結果的にはその開発に困難を極め、発売にまでには4年を要し、(おそらくは多額の開発コストを振り返って)イーロン・マスクCEOは「墓穴を掘った」という自虐コメントを行ったことも。

そういった経験もあり、今後EV市場がどうなるかわからない状況において、「いつ発売できるかもわからない」モデル2の開発を中止したこと、そのコア技術である新型ギガキャストに対する支出を打ち切ったことにつき、短期的に見るとマイナスかもしれませんが、中長期的に見ると「プラスであった」と評価される可能性があるんじゃないかともぼくは考えていて、後世になるとサイバートラックという「危険な賭け」が失敗だと見なされ、今回の「安全な賭け」が支持されることになるのかもしれません。

L1007501

テスラ
テスラはEVの製造・販売に見切りをつけ、「AI、自動運転、ロボット」を中心としたテック企業へと進化するのか?ボクがそう考える理由とは

| テスラにとって電気自動車の製造販売はひとつの「手段」でしかない | そしてテスラはより大きな目的を果たすため、新たなる一歩を踏み出すであろう さて、ここ最近大きな変化が見られるのがテスラそしてイー ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

トヨタの新技術は「今まで数時間かけていたものが3分でできる」。2026年の新世代EV」製造に使用するギガキャストが公開され、飛躍的な進歩をアピール
トヨタの新技術は「今まで数時間かけていたものが3分でできる」。2026年の新世代EV」製造に使用するギガキャストが公開され、飛躍的な進歩をアピール

| 加えてトヨタは車両製造にかかる時間を5時間に短縮したいと語るものの、テスラは40秒に一台を作っている | まだまだテスラに対抗するまでの道のりは遠いが、トヨタは着実に歩を進めている さて、トヨタは ...

続きを見る

テスラ
フォードとヒョンデが「ギガキャストを導入し、テスラの生産方法に倣う」。OTAといいギガキャストといい、ハード / ソフトともにテスラが作り上げた「新標準」は少なくない

| なお、テスラはギガキャストを導入した最初の自動車メーカーである | 他社もギガキャストの導入に向けて動いているが、テスラとは車種構成が全く異なり、テスラほどのコスト削減は見込めない可能性も さて、 ...

続きを見る

日産
日産が将来のEV生産に向け「ギガキャスト」導入を発表、加えて2028年に稼働する全固体電池(ソリッドステートバッテリー)パイロット生産設備を公開

Nissan | 日産は長期計画、そして中期計画を組み合わせ、EVの生産コスト引き下げ、そして市場浸透を図る | とくにソリッドステートバッテリーの実用化が「可能になるかどうか」には注目が集まる さて ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,