ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■そのほか自動車関連/ネタなど

BMWで17年務めたデザイナーが中国・長安自動車に移籍、そこで発表したAvatr 011がカッコいいと話題に。なぜ欧州有力デザイナーは中国の自動車メーカーに移るのか

投稿日:

BMWで17年務めたデザイナーが中国・長安自動車に移籍、そこで発表したAvatr 011がカッコいいと話題に。なぜ欧州有力デザイナーは中国の自動車メーカーに移るのか

| カネのこともあるだろうが、おそらくは伝統や組織に縛られず、デザイナーとしてやりたいことをできるのが中国なんじゃないだろうか |

デザイナーはもともと自己表現意欲が強く、中国自動車メーカーは高いデザイン性を求めており、両者の需要が「マッチ」するのでは

さて、このところ話題となっているのが中国車のデザイン性の向上。

まだまだ一部では「コピー」から抜け出すことができていないものの、一部自動車メーカーでは脱コピーを図って独自のデザインを行い、高い評価を得ているケースも見られます。

実際のところ、マクラーレンやBMW、ピニンファリーナにてデザイナーを務めたフランク・ステファンソン氏も「最近の中国車のデザインは侮れない」という動画を自身のYoutubeチャンネルへと公開していますね。

【動画】元フェラーリやマクラーレンのデザイナーが中国自動車メーカーの躍進を語る!業界トップレベルの認識では「中国メーカーはすでに侮れないポジションにいる」ようだ
【動画】元フェラーリやマクラーレンのデザイナーが中国自動車メーカーの躍進を語る!業界トップレベルの認識では「中国メーカーはすでに侮れないポジションにいる」ようだ

| ボクらからすれば「中国の自動車メーカーはまだまだ」だという認識もあるが |この記事のもくじ| ボクらからすれば「中国の自動車メーカーはまだまだ」だという認識もあるが |もうじき、日米欧の自動車メー ...

続きを見る

なぜ中国車のデザイン性は急激に向上したのか?

そこで気になるのが「なぜ中国の自動車メーカーは急速にデザイン性を向上させたのか」。

その答えの一つが「欧州自動車メーカーの著名デザイナーを引き抜いているから、もしくは著名デザイン事務所にデザインを依頼しているから」。

ロールスロイスのデザイナーが中国・紅旗に移籍してデザインした高級セダンがこれだ!Sクラス、7シリーズへの対抗なるか

| いかにロールスロイスのデザイナーが優れていようとも、それを形にする現場の技術が追いつかない? |この記事のもくじ| いかにロールスロイスのデザイナーが優れていようとも、それを形にする現場の技術が追 ...

続きを見る

デザイナーの引き抜きで話題となったのはロールス・ロイスにて長年チーフデザイナーを努めたジャイルズ・テイラー氏を引き抜いた紅旗ですが、この紅旗はデザイナーのみではなく、フェラーリやランボルギーニからも重役を引き抜いたことでも知られます。

中国・紅旗がハイパーカー「S9」製作のため元フェラーリCEOを招き入れる
中国・紅旗がハイパーカー「S9」製作のため元フェラーリCEOを招き入れる!すでに著名デザイナーも獲得、最高の布陣で世界展開を狙うようだ

| 中国は「人を育てる」よりも「持ってる人を買ってくる」だけに展開が早い |この記事のもくじ| 中国は「人を育てる」よりも「持ってる人を買ってくる」だけに展開が早い |創業は「スーパーカーの聖地」シル ...

続きを見る

そして中国のテックルールズ、そのほか多くの中国自動車メーカーはイタルデザインやジウジアーロ(GFG)などのデザインハウスにデザインを委託していることが報じられていますね。

中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台

| 実際に発売できるのか? | 中国のベンチャー、テックルールズがスーパーカー「レン」を発表。EVとなりますが充電方法はディーゼルエンジンを回して行うTREV(特許取得済み)。今回発表されたのは3モデ ...

続きを見る

そのほか多くのデザイナーが中国に流れる

ただしこういった「多くの人が知っている」デザイナーを引き抜いたりせずとも、各自動車メーカーに務めていた「中堅クラス」のデザイナーも多く中国の自動車メーカーに流れているといい、長安自動車のEVブランド「アバター(Avatr)」に加わったナダー・ファギザデ氏もその一人。

同氏は17年間BMW CE 04に在籍し、i3S、i8ロードスター、iNextコンセプトからX3、X4、6シリーズクーペ / グランクーペ / コンバーチブルなど、ほぼすべての主要BMW製品に関わったと言われます。

近年の自動車デザインは、チーフデザイナー一人の意向によって決まるものではなく、世界各地の支社やデザイン拠点のアイデアをミックスさせることが多く、よって「誰の作品」だと言うことが難しくなっていますが、そんな中でもナダー・ファギザデ氏は重要な役割を果たしてきたと考えられます。

FbkJk3TWQAA_bwY

そして今回公開されたのが、同氏が主導してデザインしたエレクトリッククロスオーバー、Avatr「011」。

これは750ボルトの充電技術、ファーウェイ製Inside LiDARを搭載した自律走行技術を備え、時速62マイル(100km)まで3.98秒で加速できCLTCサイクルにて一回の満充電あたり最大680kmに走行が可能なクルマ。

FbkJlAOWYAEnOnc

フロントは中国人が好む「丸っこいフェイスに細長いヘッドライト」を持つもので(実際のところNIOはじめ多くの自動車メーカーがこのデザインを採用)、しかしリアだとセダンとクロスオーバー、クーペの特徴を融合させたスポーティーなデザインをもたせることに成功しています。

FbkJlEFXwAAX1Jw

テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も
テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も

| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |この記事のもくじ| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |とくにNIOは最大の成長株だと考えて良さそう ...

続きを見る

なぜ多くのデザイナーが中国に渡るのか?

そこで気になるのがなぜ多くのデザイナーが中国の自動車メーカーに移籍するのか。

もちろん「お金」という理由もあるかもしれませんが、もしかすると大きな理由は「クリエイティビティの発揮」に関係しているのかも、と考えることも。

上述の通り現代の自動車は「世界各地で売れるよう、各地の意見を寄せ集めて作ったもの」で、たとえばフロントは北米のデザイン案、リアは欧州案、ディティールは日本案といったぐあいにミックスされることも。

そうなるとデザイナーの意向の多くは無視され、「ブランドのヘリテージ」「製造コスト」「マーケティング」といった商業的要素によってどんどん日和ったデザインになってしまい、結果的にできたものは「誰のデザインとも言えないシロモノ」になってしまうのかもしれません。

ちなみに(カウンタックをデザインした)マルチェロ・ガンディーニは、ブガッティEB110のフロントに(ブガッティ伝統の)ホースシューグリルを付けるか付けないかでモメにモメ、途中でデザイナーを降板しており、クライスラー傘下にてデザインしたランボルギーニ・ディアブロでも同様の問題が生じています。

FbkJocFXgAAs9uX

もともとデザイナーという人々は、ほかの人々に比べて美意識が高く、自己表現意欲も強いと考えられますが、そういったデザイナーたちにとって「偉い人」からデザインをこうしろああしろと言われるのは自分自身を否定されているように感じられるんじゃないかと思うわけですね(やりにくいこと極まりない)。

ただ、中国にせよ、韓国(ヒョンデ)にせよ、デザイナーに与える自由度はかなり高いといい、つまり会社は「カネは出すが口を出さない」傾向にあるものと思われ、そして後発だけあって、技術よりも見た目での差別化が有効だと考えている可能性もありそうです(技術で勝負するには相当に長い時間がかかり、かつ勝てる見込みも低いが、デザイン勝負だとそうではない)。

よって中国の自動車メーカーはデザインに対して非常に重きを置き、かつデザイナーに対して大きな裁量を与えているのだとも想像でき、つまりデザイナーにとっては「働きやすい」環境なのかもしれません。

加えて中国の自動車メーカーは歴史が浅く、守るべきヘリテージもないので、デザイナーからすると「他人が考えたデザインを踏襲し、それを取り入れなければならない=自分の存在意義を主張できない」欧州の歴史ある自動車メーカーより、「これから自分たちでその伝統を作ってゆく」ことにダイナミズムを感じるであろうことも間違いなさそうで、よって中国に多くのデザイナーが活路を見出すのは「カネじゃなく」「中国のほうが自分のやりたいことができ、価値を発揮できる」という理由があるのかもしれません。

「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける
「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける

| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形を磨き上げた |この記事のもくじ| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形 ...

続きを見る

合わせて読みたい、中国の自動車メーカー関連投稿

Geely(吉利汽車)
ベントレーを辞したチーフデザイナーが中国の吉利汽車へ移ったとの報道!吉利は1986年に冷蔵庫メーカーとしてスタートしたのち今やロータスやボルボを買収し、CEOはベンツの最大株主

| 誰がここまで吉利汽車が大きくなると想像しただろうか |この記事のもくじ| 誰がここまで吉利汽車が大きくなると想像しただろうか |吉利汽車は1986年に「冷蔵庫メーカー」として出発今後中国の自動車メ ...

続きを見る

中国のEVメーカー、シャオペンの発売する「P7」がわずか2年で10万台を販売!このペースだとテスラを捉えるのは時間の問題か 
中国のEVメーカー、シャオペンの発売する「P7」がわずか2年で10万台を販売!このペースだとテスラを捉えるのは時間の問題か  

| シャオペンP7は性能や機能面においても現代最高レベルのEVだと言えるかもしれない |この記事のもくじ| シャオペンP7は性能や機能面においても現代最高レベルのEVだと言えるかもしれない |中国のE ...

続きを見る

中国発の未来派EV、ハイファイZがカッコいい!全身に4,066個のLEDを内蔵しあちこちが光りまくって1600万円

| この価格設定でも普通に売れるとしたら中国市場の底力は計り知れない |この記事のもくじ| この価格設定でも普通に売れるとしたら中国市場の底力は計り知れない |たしかにカッコいいクルマだとは思うが品質 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, ■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5