ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ロータスが完全電動となる次期エリーゼについて語る!「2026年登場、軽量性を維持するが、価格は高くなる」。なお1300~1500万円くらいになるようだ・・・

投稿日:2021/10/14 更新日:

ロータスの新型スーパーカー(予想レンダリング)

| エントリーモデルのエリーゼでこの価格となると、その上のモデルは当然さらに高価に |

この価格帯だと完全に「ポルシェよりも上」のブランドへと移行することになりそうだ

さて、ロータスはガソリン時代最後のスポーツカー、「エミーラ」を発売したところですが、このエミーラ以降に発売されるスポーツカーはすべてピュアエレクトリックカーへと移行することになり、エリーゼの後継モデルとてその例外ではないと伝えられています。

そして今回はその「エレクトリック」エリーゼの開発状況が報じられていますが、もちろんこれは先日発表されたばかりの「Eスポーツ・プラットフォーム」をベースとし、そして2026年に発売される、とのこと。※画像は社外アーティストによるロータスの新型スポーツカーをイメージしたレンダリング

ロータスの新型スーパーカー(予想レンダリング)
エヴァイヤに続くロータスの新型ハイパーカーはこうなる?デザイナーが美しきコンセプトカーを公開

| ここからしばらく、ロータスは「新型車ラッシュ」となりそうだ |この記事のもくじ| ここからしばらく、ロータスは「新型車ラッシュ」となりそうだ |そのデザインは現行ロータスのいずれとも異なるが合わせ ...

続きを見る

ロータスはエレクトリック世代でも軽量性を維持

そしてこの新型エリーゼについて、エミーラよりも37%軽量化されたプラットフォームを用いることによりバッテリー搭載による重量増加を吸収し(現時点ではその車体重量は不明ながらも)軽量性を維持する、とも。

軽量性はロータスにとって非常に重要な要素であり、それは創業当初から不変の事実。

そしてロータスはこれを達成するために「不要なものを取り除く」だけではなく、「ひとつのパーツで2つ以上の機能を兼ねる」ことで取り除けるパーツを増やしているわけですね。

なお、ロータスの新しい「Eスポーツ・プラットフォーム」はそのサイズをかなり広い範囲で変更でき、そしてエリーゼ用としては「ホイールベース2470ミリ」の最小サイズへとアレンジされることになるかと思われ、おそらくは476馬力を発生させるエレクトリックモーターを1基搭載して後輪を駆動することになるものと思われます。

Lotus-E-Sports-Architecture-Project-LEVA-1

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

そしてもちろん、シート後方にバッテリーを積み上げる「チェスト」レイアウトを取り入れることになりますが、つい最近、ポルシェも(次期718ケイマン/ボクスターにて)これと似た構造を採用すると述べたばかり。

ポルシェ「次期ケイマン/ボクスターはEVになってもミドシップレイアウト、eコアを採用する。そしてそれはランボルギーニやアウディの高性能モデルに採用される可能性もある」
ポルシェ「次期ケイマン/ボクスターはEV用ミドシップレイアウト、eコアを採用する。そしてそれはランボルギーニやアウディの高性能モデルに採用される可能性もある」

| ついにポルシェ設計のプラットフォームを使用したアウディ、ランボルギーニが誕生することに |この記事のもくじ| ついにポルシェ設計のプラットフォームを使用したアウディ、ランボルギーニが誕生することに ...

続きを見る

このパッケージングは、EVにおいて一般的な「スケートボード型」シャシーとは異なり、重心そのものは高くなってしまいますが、「重量物を集約できる」「シート位置を低くできる(そのためルーフ高を抑えて空気抵抗を低減できる)」といったメリットもあり、スポーツカーメーカーのロータス、そしてポルシェはメリット/デメリット勘案のうえ、「チェスト」レイアウトを採用するということになりそうです。

新型エリーゼの価格は残念ながら「高価」に

そのほか新型エリーゼについてわかっていることは多くはなく、しかしロータスのマネージングディレクターのマット・ウィンドル氏によれば、新型エリーゼの目標は、「ロータスの歴代モデルの典型的なダイナミックな特徴を再現すること」だと述べ、「ダイナミクス、エアロダイナミクス、軽量化、これらは私たちのDNAであり、すべての製品に共通しています。私たちは、これらがロータスの製品であることを望んでいます。駆動系は従来のガソリンエンジンとは異なりますが、新しいエレクトリックシステムにも利点があります。瞬時のトルク、容易な冷却、優れたパッケージングなどです」ともコメント。

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

そしてちょっと残念なのは、マット・ウィンドル氏が、エリーゼのエレクトリック版後継モデルが、ガソリンエンジン搭載モデルよりも高価になると認めていることで、おおよそ8万~10万ポンド(1200万円~1540万円)になるというレポートも。

ただし、現在ロータスは吉利汽車の傘下にあり、インテリアやインフォテイメントシステム等、走行性能に直結しないところでは同社、そして同社傘下にあるブランド(ボルボ、ポールスター、Lynk&Coなど)のパーツを使用することが可能となるため、「価格納得性」は高いものとなるのかもしれません。

合わせて読みたい、ロータス関連投稿

ロータスが「エミーラGT4」発表!ついにこれがガソリンエンジンのみで走る「ロータス最後の」レーシングカーに
ロータスが「エミーラGT4」発表!ついにこれがガソリンエンジンのみで走る「ロータス最後の」レーシングカーに

| 今後モータースポーツもハイブリッド、そしてピュアエレクトリックへ |この記事のもくじ| 今後モータースポーツもハイブリッド、そしてピュアエレクトリックへ |悲しいことではあるが、これが現実としかい ...

続きを見る

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・
ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |この記事のもくじ| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |中国に建設する子会社の新社屋 ...

続きを見る

ロータス公式!「ロータスの車名はなぜEではじまるのか」がついに明かされる
ロータス公式!「ロータスの車名はなぜEではじまるのか」がついに明かされる

| そのはじまりは「マークXI」の「XI」をアルファベットにて「ELEVEN」と記載したことだった |この記事のもくじ| そのはじまりは「マークXI」の「XI」をアルファベットにて「ELEVEN」と記 ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5