ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデス・ベンツが自社の充電網を構築すると発表!休憩や買い物もできる全天候化型、そして他社のEVでも充電が可能となるようだ

投稿日:2023/01/22 更新日:

メルセデス・ベンツが自社の充電網を構築すると発表!休憩や買い物もできる全天候化型、そして他社のEVでも充電が可能となるようだ

| EVの普及と充電施設の拡充は「タマゴとニワトリ」の関係でもある |

EVを普及させようと考えるならば充電器の設置は欠かせない

さて、メルセデス・ベンツは2020年代までに世界的に急速充電ネットワークを構築するという構想を公表し、欧州や中国などの市場全体で1万基以上の充電ステーションを設置すると発表。

ひとまずは北米からこの計画が始められ、現地ではMN8エナジーとチャージポイントの協力のもと、2027年までに地域全体で400以上の充電ハブ、合計2,500台の充電器を設置する計画です。※日本ではどうなるのか、今回のプレスリリースでは言及がない

メルセデス・ベンツはほかブランドにも充電器を開放

なお、ここで特筆すべきはメルセデス・ベンツが「自社のEV専用」ではなく他社のEVを充電するためにもこのスーパーチャージャーを開放すること(もちろん自社、そして他社のEVの充電も有料)。

最近テスラは自社の充電器「スーパーチャージャー」を他社のEVにも開放していますが、これと同様の動きを見せるということになり、しかし事前に充電器を予約できるのはメルセデス・ベンツのオーナーのみ、とのこと。

電力不足もここまで来たか。スイスで「EVの充電禁止」導入目前、欧州では「暖房は19度まで」「動画の閲覧は標準画質で」など厳しい制限が課されている

この充電ハブにつき、場所によって4〜30基の充電ステーションを提供し、それぞれが最大350kWの電力を提供することになり、メルセデス・ベンツによれば、”インテリジェントな充電負荷管理”を採用することによって車両に負荷をかけることなく最大速度で充電できるようにし、膨大な待ち時間を回避する、ともアナウンスしています。

EV発売以来、その普及を妨げているのは(高額な車両価格を除くと)航続距離の少なさ、そして充電設備の少なさだというので、メルセデス・ベンツは少しでもこれを回避しようということになりそうですね。

テスラ・モデルY
英国ではEVへの関心が薄れる?EV購入を検討する人々は世代によって最大19%も減少することに。なお最大の心配事は「充電施設」そして「航続可能距離」

| EVの普及にはまだまだ障壁が多そうだ |この記事のもくじ| EVの普及にはまだまだ障壁が多そうだ |解決すべき問題は明白ではあるものの、その問題がなかなか解決できない「ほしいEV」についても変化が ...

続きを見る

メルセデス・ベンツは「ブランディング」も考慮

なお、現在は各国政府がEVの普及を推進している状態ではありますが、いずれの国でも「公共の」充電施設を作ってくれるわけではなく、その充電施設の普及は(殆どの場合)民間企業や自動車メーカーに託されているのが現状です。

そしてテスラは上述のような「EV購入の際の障壁」が充電施設であることをいち早く認識しており、よって自社にて充電器を大量に設置しているわけですが(あまり言及されないが、これはテスラの大きなセールスポイントでもある)、メルセデス・ベンツもここに追従するということになるのかも。

1

なお、このメルセデス・ベンツによる充電ポイントは、天候を気にせず充電できるように屋根が設けられ、(勝手にプラグを差し替えたり、アイシングといった行為を回避できるよう)監視カメラを設置し、さらには食料品店、トイレも設置される予定だとされています。

つまりは相当なコストをかけて設置を行うことになりますが、メルセデス・ベンツはもちろんチャリティのためにこれを行うわけではなく、ここでメルセデス・ベンツならびにEQブランドを十分にアピールし、間接的に自社のクルマ、そしてEVの販売に結びつけることを狙っていると言われますが、「無料充電クーポン」等を発行することで自社のクルマのプロモーションをすすめることもできそうですね。

合わせて読みたい、EV関連投稿

テスラ
テスラが自前のレストランとドライブインシアター「スーパーチャージャー・ダイナー&ドライブイン」を作るようだ!すでに計画書も提出済み、設計図も公開される

| レストランについてはテスラオーナー以外もこぞって利用することになりそうだ |この記事のもくじ| レストランについてはテスラオーナー以外もこぞって利用することになりそうだ |テスラ自前の施設であれば ...

続きを見る

【動画】これはアウト!BMW i3のオーナーが、充電中の他人のテスラから勝手に充電ケーブルを外し、自分のi3に充電する
【動画】これはアウト!BMW i3のオーナーが、充電中の他人のテスラから勝手に充電ケーブルを外し、自分のi3に充電する

| 場合によっては、テスラ・モデル3のオーナーは他人の充電料金を支払うことに |この記事のもくじ| 場合によっては、テスラ・モデル3のオーナーは他人の充電料金を支払うことに |電気自動車の充電について ...

続きを見る

ヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場のポルシェ専用充電スペース
その一角だけが未来のようだ!ヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場にはポルシェ専用充電スペース「チャージングステーション」があった

| ウワサには聞いていたが、ポルシェ・チャージングステーションの特別感がこれほどだとは |この記事のもくじ| ウワサには聞いていたが、ポルシェ・チャージングステーションの特別感がこれほどだとは |ヨド ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5