ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■自動車各社業績/ランキング/記録等

ランボルギーニが「チップ不足」もなんのその、1−9月の累計販売で「過去最高を記録した」と発表!ウルスが販売の55%以上を占める

投稿日:

ランボルギーニ

| フォルクスワーゲングループとしては、「利益率の高い」ランボルギーニにチップを優先的に回しているのかもしれない |

ただし今後の「エレクトリック時代」になるとその勢力図が多少は変わってくるのかも

さて、世界中でチップ不足が叫ばれる中、ランボルギーニは「1〜9月の累計販売台数が過去最高になった」と発表。

これは非常に驚くべきことだと言えそうですが、納入された台数はトータルで6,902台にも達し、これは昨年同期比で23%増の数字だといい、さらにはコロナウイルスのパンデミック前である2019年の同時期と比較しても6%増となるようですね。

加えて「受注」自体も好調であるとコメントしており、今後の販売にも期待がかかります。

メルセデス・ベンツ
一体何なのこのチップ不足!メルセデス・ベンツは「1年以上生産が遅れる」可能性を示唆、なぜチップ(半導体)不足が起きるのか

| 自動車の制御複雑化、電子製品の需要増加、しかしコロナ禍による生産能力の低下というトリプルパンチ |この記事のもくじ| 自動車の制御複雑化、電子製品の需要増加、しかしコロナ禍による生産能力の低下とい ...

続きを見る

「現在、ランボルギーニは非常に強い立場にある」

ランボルギーニの会長兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏によると、「ランボルギーニは、V10、V12、スーパーSUVのウルスに至るまで、包括的で魅力的なモデルを揃えており、非常に強い立場にあります。これは、当社の製品ポートフォリオの強さ、このブランドの世界中での継続的な魅力、そして当社のビジネス戦略とディーラーネットワークの強さを証明するものです」とのこと。

加えて、「このロードマップは、2024年の全モデルのハイブリッド化を皮切りに、10年以内に完全電動化された4番目のモデルを発売するというビジョンを含んでいます。一方で、ランボルギーニのエンジンは引き続き注目されています。モータースポーツにインスパイアされたゥラカンSTOの納入がこの夏に開始された一方で、今年の夏に発表された”最後の”アヴェンタドール・ウルティメLP780-4とカウンタックLPI 800-4という2つの限定V12はすでに完売しており、当社の幅広い製品群のリードタイム(納車待ち期間)は約12ヶ月となっています」と続けます。

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

地域やモデルごとの販売内訳はこうなっている

販売地域についてだと、3つの主要地域(アメリカ、ヨーロッパ・中東・アフリカ=EMEA、アジア太平洋=APAC)では、2021年の最初の9カ月間において、アメリカ大陸だと2020年の同時期に比べて25%増の2,407台、EMEAは17%増の2,622台、APACは2020年の数字に比べて28%増の1,873台となり、全域において販売台数が増加したことがわかります。

なお、リーマンショックやいくつかの世界的・限定的な経済危機以降、現在多くの自動車メーカーでは世界中で(リスクヘッジのため)まんべんなく販売を分散させ、それらを成長させる戦略を取っていますが、ランボルギーニもその例にもれないということですね。

モデル別だとスーパーSUV「ウルス」は、トップセラーモデルとしての地位を維持し(4,085台、25%増)、それに「ウラカン」(2,136台、28%増)が続き、「アヴェンタドール」は計画されたライフサイクルに沿って681台と安定した販売台数を記録しています。

来年はまだアヴェンタドール・ウルティメ、そしてカウンタックLPI800-4のデリバリーがあるものの、それが終了すると(おそらく)2023年まではV12モデルの販売欠損期間が続くことになり、どうやってそれを乗り切るかに注目が集まるところですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ
「アヴェンタドールがついに販売終了、注文できなくなった」との報道。これから2−3年の間、ランボルギーニはV12モデルを持たないことに?

| 現在はあまりに事情が特殊すぎる |この記事のもくじ| 現在はあまりに事情が特殊すぎる |いずれの自動車メーカーも、「この早すぎる」電動化の波への対処に追われている今回はちょっと事情が異なるもののな ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・ディアブロは今年で誕生30周年!ディアブロとはどういったクルマだったのか、その歴史やモデルごと販売台数を見てみよう

| ボクにとって、もっともランボルギーニらしいクルマは今でもディアブロだ |この記事のもくじ| ボクにとって、もっともランボルギーニらしいクルマは今でもディアブロだ |ランボルギーニ・ディアブロのデザ ...

続きを見る

ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルモデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表
ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表。V12の系譜はこんな感じ

| 当初、アヴェンタドールは4000台も売れればいいだろうと考えられていた |この記事のもくじ| 当初、アヴェンタドールは4000台も売れればいいだろうと考えられていた |まさかランボルギーニがここま ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録
ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録。歴代モデルの販売台数も集めてみた

| ランボルギーニでもっとも販売台数が少ないのは「シルエット」の54台 |この記事のもくじ| ランボルギーニでもっとも販売台数が少ないのは「シルエット」の54台 |ウラカン、アヴェンタドールはいずれも ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5