ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ランボルギーニ本社からナゾの試作車が登場?一台はウルス「レスキューカー」、もう一台はウラカン後継モデルのテスト車両か

投稿日:

【動画】ランボルギーニ本社からナゾの試作車が登場?一台はウルス「レスキューカー」、もう一台はウラカン後継モデルのテスト車両か

| この1~2年、ランボルギーニはかつてない忙しさを迎えることになりそうだ |

それと当時に「いまだかつてないほどの新型車ラッシュ」に

さて、イタリア拠点にてフェラーリやランボルギーニのスパイビデオを届けてくれるユーチューバー、Varryx氏。

今回はランボルギーニ本社から出てくる奇妙な車両2台をYoutube上へとアップしています。

まずひとつはこのウルスで、ブラックのボディにイエローのグラフィックが施され、「RESCUE CAR」という文字も見えますね。

そのほかイエローのアクセントが入ったホイール、頑強な前後プロテクションバーにウインチ、ルーフ上のラックやLEDライトバー/ワークランプも確認可能。

このランボルギーニ・ウルスは一体?

そこで気になるのが「このランボルギーニ・ウルスは一体何なのか」ということですが、これはランボルギーニがウルス発表時に開催した「砂漠を走破するメディア/ディーラー試乗会」に参加していたウルスと同一だと思われ、そしてその装備はダテではなく、実際に”スタックしてしまった”試乗用のウルスを救出したりする役割を負っていたもよう。

ちなみにですが、ランボルギーニがウラカンのオフロード版「ウラカン・ステラート」の極寒テストを行っていた際にもこのウルスが帯同しており、世界中を股にかけて活躍するランボルギーニだとも言えそうです。

【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される
【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される

| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは思わなかったが、現実に市場投入されることになりそうだ |この記事のもくじ| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは ...

続きを見る

ただ、今回なぜこのウルスがランボルギーニ本社周辺を走っているのかはちょっと謎で、もしかすると近いうちに「出番」があり、その機能のチェックを行っているのかもしれません。

ちなみにですが、ウルスは8月にフェイスリフト(マイナーチェンジ)版が発表されるといわれ、そのスパイフォトや動画もチラホラ出回っている状態。

フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ
【動画】フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ

| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ |この記事のもくじ| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ ...

続きを見る

まだまだ全身を偽装に覆われた状態ではあるものの、ウラカン・テクニカ同様、フロントバンパー両サイドにはY字を構成するスリットが設けられており、アヴェンタドール後継モデルともども、すべてのラインアップで共通する顔つきが与えられることになりそうです。

ランボルギーニの新型V12=アヴェンタドール後継モデルの試作車がまたしても目撃!今回は偽装薄、そのディティールも判明
ランボルギーニの新型V12=アヴェンタドール後継モデルの試作車がまたしても目撃!今回は偽装薄、そのディティールも判明

| プロトタイプを見る限り、アヴェンタドール後継モデルはいつでも発表できそうな完成度を持っているように思える |この記事のもくじ| プロトタイプを見る限り、アヴェンタドール後継モデルはいつでも発表でき ...

続きを見る

謎のランボルギーニ・ウラカンもテスト中

そしてこの動画に映っているもう一台の「謎」プロトタイプがこのランボルギーニ・ウラカン。

見たところウラカンの初期モデルである「ウラカンLP610-4」のように見えますね。

ただし後ろを見るとテールパイプの位置がウラカンLP610-4とは異なって「上」のほうに。

これが何を意味するのかはわかりませんが、おそらくは(2024年に登場するという)ウラカン後継モデルの初期プロトタイプなんじゃないかと考えています。

このウラカン後継モデルについては様々な案があると言われていて、有力なのが「V10を捨ててV6ターボ+ハイブリッド」という構成を持つというもの。

つまりフェラーリ296GTBやマクラーレン・アルトゥーラと似たようなパッケージになる可能性が論じられていますが、ウラカン後継モデルでは「(おそらくフロントにもモーターを積んで)前輪を駆動する4WDになる」という差別化がなされるのではと考えています(そのぶん、コストは高くなりそうですが)。

ちなみにこのプロトタイプのガラス製エンジンフードの「中身」は見えないように加工されているようで、つまり新しいパワーユニットが収まっていると考えていいのかも。

そして現行モデルではなく、(減価償却がなされている)前期型ウラカンにハイブリッドパワートレインを搭載し、ひとまずはコストを抑えてその評価を行っているのだとも推測できます。※新しいパワートレインを複数テストしているのか、すでにひとつに絞っている段階なのかはわからない

ランボルギーニが「謎の車両」をテストしている動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ
ランボルギーニが「60 アニヴェルサリオ」の名称とロゴをパテント申請!ロゴにはミウラっぽい牛のツノが見え、創業60周年の2023年に向けて何らかの発表がありそう

| ランボルギーニ60周年記念モデルがまさかの「ミウラ・オマージュ」ということはないと思うが |この記事のもくじ| ランボルギーニ60周年記念モデルがまさかの「ミウラ・オマージュ」ということはないと思 ...

続きを見る

ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスが発売から4年で2万台を達成し「ランボルギーニ史上最速でのベストセラー」に!なおウラカンが2万台達成に要したのは8年
ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスが発売から4年で2万台を達成し「ランボルギーニ史上最速でのベストセラー」に!なおウラカンが2万台達成に要したのは8年

| 2万台目のランボルギーニ・ウルスは明るいパープル |この記事のもくじ| 2万台目のランボルギーニ・ウルスは明るいパープル |ウルスはあらゆる意味でランボルギーニにとっての転機となったランボルギーニ ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアン
ランボルギーニが欧州特許庁に「Revuelto(レブエルト)」なる商標を出願!スペイン語で「混ざった」「喧嘩」「暴動」「カーブ」といった意味があるようだが

  | ざっと調べると、「闘牛」との関連性が見つからないものの、やはりぼく闘牛由来の名称だと思う |この記事のもくじ| ざっと調べると、「闘牛」との関連性が見つからないものの、やはりぼく闘牛由来の名称 ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5