ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

「10億円ハイパーカー」、パガーニ・ウアイラ・コーダルンガの2台めが納車!残るは3台、ここまで美しいクルマが存在しようとは

投稿日:2023/01/25 更新日:

「10億円ハイパーカー」、パガーニ・ウアイラ・コーダルンガの2台めが納車!残るは3台、ここまで美しいクルマが存在しようとは

| ここまで高い芸術性を持つクルマもほかになく、中古市場だといったいどれくらいの価格になるのか想像もつかない |

その美しさはユートピアに受け継がれたようだ

さて、パガーニがは昨年6月にウアイラの最終モデル「コーダルンガ」を発売していますが、今回は5台限定のうち2台めのコーダルンガを納車した、と公式Facebookページにて発表することに。

ちなみに1台目はロシアのチューナー「トップカー」創業者であるオレグ・エゴロフ氏へと納車されたもので、そちらはメタリックグレーの外板色にブラウンレザーを持っており、そして今回の個体はゴールドっぽいシルバーにやはりブラウンの内装を組み合わせていて、テールのストライプとあわせて両者とも比較的近い仕様を持っているようですね。

5台限定、価格10億円のハイパーカー、パガーニ・ウアイラ・コーダルンガニ号車が納車される!内外装はレトロな仕様
5台限定、価格10億円のハイパーカー、パガーニ・ウアイラ・コーダルンガ1号車が納車される!内外装はレトロな仕様

| パガーニ・ウアイラ・コーダルンガのデザインは今見るとユートピアと多くの共通性を持つようだ |この記事のもくじ| パガーニ・ウアイラ・コーダルンガのデザインは今見るとユートピアと多くの共通性を持つよ ...

続きを見る

ウアイラ・コーダルンガはやはりクラシカル

ウアイラ・コーダルンガのデザインは1960年代のレーシングカーへのオマージュだといい、すべては「足し算」ではなく「引き算」によって進められたとアナウンスされていますが、たしかにウアイラBCのようなエアロフリックなども装着されずにシンプルそしてエレガントなルックスを持っています。

コーダルンガとはイタリア語で「長い尾(テール)」を意味し、その名にふさわしく、ベースモデルのバージョンより360mm長いテールを持っていて、このテールのおかげで美しくエレガントなルックスを実現し、もちろん高い空力性能を誇ることに。

リアフェースにはグリルがなく、パガーニのトレードマークとも言えるクワッドテールパイプ(セラミックコート済み)が突き出しており、このエキゾーストシステムの重量はわずか4.4kgにとどまります。※車体重量は1,290kg、搭載されるのは最高出力840ps、最大トルク811ps / 1,100Nmを発生させるツインターボV12エンジン

なお、画像を見るとブラックのラインに見える部分はカーボンファイバー、ゴールド部分にもうっすらとカーボンファイバーの織柄が見えるので、このゴールドはかなり繊細な仕上げがなされているのかもしれません。

324674301_730537615021097_514843832274334645_n

ちなみにウアイラ・コーダルンガ発表時に公開された個体はライトブルーにゴールドのホイール、テールには「ストライプなし」という仕様を持っていて、しかしいずれのコーダルンガもクラシカルな雰囲気を醸し出していることは共通しています。

【動画】パガーニ史上もっともエレガント!60年代のル・マン・レーサーをイメージした「ウアイラ・コーダルンゴ」発表!約10億円なるも限定5台は完売済み
【動画】パガーニ史上もっともエレガント!60年代のル・マン・レーサーをイメージした「ウアイラ・コーダルンガ」発表!約10億円なるも限定5台は完売済み

| てっきりパガーニの新型車が登場したと思ったほどの独特なデザイン |この記事のもくじ| てっきりパガーニの新型車が登場したと思ったほどの独特なデザイン |内外装の様々な部分には「これまでのパガーニに ...

続きを見る

ウアイラ・コーダルンガのインテリアはさらにクラシカル

そしてこちらは「2台めの」ウアイラ・コーダルンガのインテリア。

ブラウンレザーにポリッシュ仕上げのアルミニウムがなんともエレガントな雰囲気を醸し出しており、シートセンターはいっそうクラシックなファブリック仕上げ。

そしてレザーもヴィンテージ調の仕上げがなされたものを使用しているようですね。

323933500_926562748511169_9149962807115290084_n

このウアイラ・コーダルンガは、2018年に2人のクライアントがパガーニに対し「こんなクルマを作りたい」と持ちかけたことからプロジェクトが始まったといい、その後2年の歳月をかけてコンセプトを確定し、さらには世界中の法規に適合するように調整を繰り返した後、ようやく2022年6月にデビューを飾っています。

発表時には予定生産台数の5台全てが完売している状態ですが、今回の「2台目」ののち、さらに3台を作ることになり、追ってそれぞれが公開されることになるものと思われます。

325404044_856389658988658_2771877939888023486_n

合わせて読みたい、パガーニ関連投稿

パガーニ・ユートピアの注文のうち「60%以上」がMT!このクルマでマニュアル・トランスミッションを選ばずして何を選ぼうか
パガーニ・ユートピアの注文のうち「60%以上」がMT!このクルマでマニュアル・トランスミッションを選ばずして何を選ぼうか

| 地域によっても差がありそうだが、とくにMTを好むアメリカでは100%近くがMTかもしれない |この記事のもくじ| 地域によっても差がありそうだが、とくにMTを好むアメリカでは100%近くがMTかも ...

続きを見る

パガーニとア・ベイシング・エイプとのコラボによるワンオフモデル「ウアイラBC エイプ」がロンドンにて納車!その様子が動画にて公開
パガーニとア・ベイシング・エイプとのコラボによるワンオフモデル「ウアイラBC エイプ」がロンドンにて納車!その様子が動画にて公開

| ボディ表面には大胆なエイプカモ、そしてインテリアもア・ベイシング・エイプ仕様 |この記事のもくじ| ボディ表面には大胆なエイプカモ、そしてインテリアもア・ベイシング・エイプ仕様 |以前はアパレルに ...

続きを見る

パガーニはユートピアにメルセデスAMG製の「V8+ハイブリッド」を積み1,000馬力以上を発生させることも検討していた!しかしなぜそれを捨てV12を選んだのか
パガーニはユートピアにメルセデスAMG製の「V8+ハイブリッド」を積み1,000馬力以上を発生させることも検討していた!しかしなぜそれを捨てV12を選んだのか

| パガーニはなによりも軽量性、そして楽しさを追求しており、求めるのは「パワー」ではない |この記事のもくじ| パガーニはなによりも軽量性、そして楽しさを追求しており、求めるのは「パワー」ではない | ...

続きを見る

参照:Pagani Automobili

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->パガーニ
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5