ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

リコール

日産フェアレディZ

納車前からリコール?新型フェアレディZのAT車が「Pに入れてもクルマが動く可能性」があるため北米にて販売が全面停止、調査が開始されることに

| やはり新型ユニットは何が起きるかわからない | おそらくリコール対応には相当な手間がかかりそう さて、北米にて「オートマチックトランスミッションを搭載したフェアレディZにつき、日産が各ディーラーへ ...

ポルシェ・マカン

ポルシェにしては珍しい「うっかりミス」!ヘッドライトの光軸調整機構のキャップ取り付け忘れに最長19年も気づかず、マカンやカイエンなど19万台超がリコールに

| 幸いなことに現状では問題はなく、車両の機能にも影響はない | 現在のところ発表は北米のみ、日本向けの車両に影響があるかどうかは不明 さて、ポルシェの北米法人が193,000台以上の車両につきリコー ...

フェラーリのステアリングホイール

まだまだ余波冷めやらぬタカタ製エアバッグ。米にて6900万台が追加リコール、フェラーリだと458系、488系、カリフォルニア系、F12系などが対象に

| ただし今回はステアリングホイールではなく助手席とサイドエアバッグ | 車両に装備されるエアバッグをすべて交換しなければこの問題は片付きそうにない さて、しばらく前に大きな問題を巻き起こしたタカタ製 ...

トヨタはbZ4Xの「ハブボルト問題」を解決できず、米では車両の買い取りにて顧客対応も。日本ではクラウン発売延期の理由にもなったハブボルトとはなんぞや

トヨタはbZ4Xの「ハブボルト問題」を解決できず、米では車両の買い取りという顧客対応も。日本ではクラウン発売延期の理由にもなったハブボルトとはなんぞや

| トヨタとしては「良かれ」と考えて採用したハブボルトではあるが | 結果的には予期したメリットが何一つ得られず、大きなトラブルの種となることに さて、日本では「リースのみ」となっているトヨタbZ4X ...

フェラーリ

フェラーリが北米にて23,555台のリコール届け出!先般から続くブレーキフルード関連問題、対象はラフェラーリ含む2005年以降製造の18車種

| 現時点では根本的な対策が対策を行えず、完全に解決するにはもう少し時間がかかりそう | フェラーリにしてはなかなか珍しい、そして基本性能に関わるリコールでもある さて、フェラーリは「ブレーキフルード ...

BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ

BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ

2022/8/1    , , , , ,

| バッテリーパックの製造には細心の注意が必要 | 同様の「勝手にEVが燃える」例はけっこう多い さて、BMWが米国にて「電気自動車(EV)のi4とiXが燃える可能性」があるとしてリコールを発表。NH ...

VWゴルフが東北道で炎上!調べてみると燃料パイプの不具合で燃料漏れの可能性があるVW車が9万台以上リコール対象となっているようだ【動画】

VWゴルフが東北道で炎上!調べてみると燃料パイプの不具合で燃料漏れの可能性があるVW車が9万台以上リコール対象となっているようだ【動画】

| ただ、フォルクスワーゲンが燃えるという話は極めて稀だと思う | とにかくオーナー含む人的被害が出ていないのが不幸中の幸い さて、東北道にてフォルクスワーゲン・ゴルフが燃えるという案件が発生。これは ...

VW・アウディが12万台の大規模リコール!燃料漏れとDSGの問題で最悪は走行不能に。実際にけっこうな台数に問題が生じているようだ

VWゴルフやアウディA3など12万台に大規模リコール!燃料漏れとDSGの問題で最悪は走行不能に。実際にけっこうな台数に問題が生じているようだ

| 本国からの指示によるリコールではないところを見ると、どうやら日本市場特有の問題ということになりそうだ | いずれのリコールもけっこう内容がヘビー さて、フォルクスワーゲンとアウディが全体で112万 ...

トヨタbZ4Xの試乗イベントが初日中止となった原因は「タイヤ脱落の恐れ」。国土交通省にリコールが届けられ、「納車前から異例のトラブル」が生じることに

トヨタbZ4Xの試乗イベントが初日中止となった原因は「タイヤ脱落の恐れ」。国土交通省にリコールが届けられ、「納車前から異例のトラブル」が生じることに

| 天下のトヨタが「タイヤ脱落」とは意外でならない | さらに現時点では「対策がない」もよう トヨタ入魂のEV、bZ4Xの試乗イベントが「初日で中止」という異例の事態となったわけですが、どうやらその理 ...

ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO / STOにリコール!北米で21台のみが対象、「ドアが外から開けることができなくなる可能性がある」

| 現時点で実際に問題が発生した例はゼロ、簡易な修正で対応が終了するもよう | もしもの事故の際に救出が困難になると判断しリコール実施 さて、ランボルギーニはリコールが少なく、かつ致命的なリコールはさ ...

フェラーリが日本市場で2500台をリコール!北米では5600台、中国では2200台が同様の理由でリコール扱いとなり「ブレーキフルードが漏れ、最悪の場合、ブレーキが効かなくなる」

フェラーリが日本市場で2500台をリコール!北米では5600台、中国では2200台が同様の理由でリコール扱いとなり「ブレーキフルードが漏れ、最悪の場合、ブレーキが効かなくなる」

| この問題について、フェラーリはなかなか原因と対策を明確にできず、けっこう苦労したようだ | 完璧ではないものの、ひとまずは事故を防ぐことができる対策は実施可能 さて、フェラーリが2496台という、 ...

ホンダがN-BOXほか軽22万台をリコール、そしてトヨタは発売したばかりのノア/ヴォクシーに「火災」の可能性があるとしてリコール。その他テスラ、ベントレーの不具合も

ホンダがN-BOXほか軽22万台をリコール、そしてトヨタは発売したばかりのノア/ヴォクシーに「火災」の可能性があるとしてリコール。その他テスラ、ベントレーの不具合も

| クルマが複雑化してくるとともにトラブルの内容、リコールの内容が多様化してきた | 安全を担保するはずの運転支援装置が「アダ」になる場合も さて、ホンダがN-BOXなど軽自動車に約22万台のリコール ...

テスラ

中国にて「テスラは欠陥車」としてネガキャンを行いヒーローになった女性。事実が調査によって明かされ「すみません。自分の過失をクルマのせいにして欠陥をでっち上げました」と謝罪

| この女性オーナーも問題だが、多数出現した「Me Too」も問題であり、その多くも虚偽の情報拡散を謝罪している | なかなか世の中はフェイクニュースに対する耐性がつかないが、これはもう仕方のないこと ...

マセラティがMC20のテールランプが「点滅する」としてリコール実施!アナログ時代であれば起こり得ず、デジタル時代のクルマならではの不具合

マセラティがMC20のテールランプが「点滅する」としてリコール実施!アナログ時代であれば起こり得ず、デジタル時代のクルマならではの不具合

| もともとマセラティはリコールの少ないブランドではあるが | 発見したのはマセラティのスタッフ、「工場内でのテストドライブ中」にて さて、マセラティが発売間もないMC20をアメリカ市場にてリコール。 ...

ボルボXC40リチャージが米国でリコール!「意図しない加速、もしくは加速しない、走らない、起動しない」。やはり中国産ボルボはちょっと不安

ボルボXC40リチャージが米国でリコール!「意図しない加速、もしくは加速しない、走らない、起動しない」。やはり中国産ボルボはちょっと不安

| さすがにこういったクリティカルな案件が立て続けに報告されると怖くなる | 内容次第ではボルボの信頼、そして将来に影を落とすことにもなりそうだ さて、米国にてボルボXC40 リチャージ(プラグインハ ...

テスラ

テスラが「速度計から速度表示が消える」として約5万台にリコール!さらにイーロン・マスクCEOがツイッター買収のためにテスラ株を1.1兆円分売却し株価が不安定に

| とにかくテスラとイーロン・マスクCEOは話題に事欠かない | ただしテスラの株価が下がるのはちょっと困る さて、今年に入って様々なリコールが出されたテスラですが、今回48,184台のリコールを北米 ...

フェラーリ

フェラーリが中国で少なくとも2,200台以上、場合によってはさらに500台程度を追加でリコールするもよう。昨年の北米同様、ブレーキフルードが漏れて制動力が低下する可能性

| フェラーリは比較的リコールが少ない自動車メーカーではあるが、ときどきこういった例がある | 今回の問題で実際に事故が生じたのかどうかは公表されていない ロイターによると、フェラーリが中国市場におい ...

997世代前期のポルシェ911オーナーは要注意?テールランプ固定部の樹脂が破損しテールランプが脱落する可能性があるようだ

997世代前期のポルシェ911オーナーは要注意?テールランプ固定部の樹脂が破損しテールランプが脱落する可能性があるようだ

| 比較的トラブルの少ないポルシェ911だけにかなり意外な事実ではあるが | 実際に2013年は改善が施されており、問題発生事例は少なくないようだ さて、997世代の前期型ポルシェ911のテールランプ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5