>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ル・マン優勝を飾ったトヨタが早速来季に向けて始動!GRスーパースポーツを豊田章男社長自らがステアリングを握りテスト開始

| 来年のル・マン24時間レースには待望の「ハイパーカークラス」が設立される | トヨタは「来年のル・マンにはGRスーパースポーツをベースにしたクルマで参戦する」と発表していますが、間を置かずにその「GRスーパースポーツ」をサーキットにてテストする様子を動画にて公開しています。そしてそのステアリングホイールを握るのはトヨタ自動車社長、豊田章男氏。なお、同氏はモータースポーツ活動を行う際には「モリゾウ」名義を使用しているので、この場合「ドライバーはモリゾウ」と表現したほうが正しいのかもしれませんね。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 | ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボ ...

ReadMore

■このサイトについて >ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を発表(718ケイマンGT4も同時発表)。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ボクスター・スパイダー」の出力が375馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ボクスター ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■ニュース

【動画】年一回、パガーニの祭典にて。レアなパガーニ、サーキット専用パガーニなどが集合し、豪快なサウンドと共にサーキットを走る

| 限定5台のゾンダ・レボルチオンのうち2台が集合 | 毎年開催されているパガーニのイベント、「パガーニ・ラッドゥーノ(Pagani Raduno)」。もちろんパガーニの本拠地であるイタリアで開催され、サーキット走行やツーリングを経て、最終目的地としてサルデーニャ島へと向かうという内容だそうです。今回公開されたのは、そのイベントの一部、「モンツァ・サーキットでの走行風景」。一部のパガーニは「サーキット走行専用」なのでツーリングには参加できず、ここが晴れ舞台ということになりますが、その様子を見てみましょう。

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ルノーF1チームとベル&ロス(Bell&Ross)とのコラボ腕時計が今年も発表。R.S.シリーズは4年目に突入

| 今年も「F1のステアリングホイールをイメージ」したカラーは健在 | 腕時計メーカー、ベル&ロス(Bell & Ross)とルノーR.S.とはこれまで4年に渡るパートナーシップ契約を結んでいますが、毎年恒例の「コラボレーション腕時計」を今年も発表。ベル&ロスは航空機の計器盤にインスパイアされた「読みやすい」ダイアルが特徴で、もっとも有名な「BR01」や「BR03」に比較するとルノーR.S.とのコラボモデルはやや異色と言える存在かも。ただ、ほかのベル&ロスの腕時計にはない独特のデザインを持つことも ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ポルシェ・パナメーラ関連

スズキ・スイフト、BMW 1シリーズ、ポルシェ・パナメーラなどリコール情報。火災や燃料漏れも

| エアバッグ関係(タカタ以外)もチョコチョコ出てくる | ここ最近でいくつかリコールが届け出られており、その内容をここで紹介してみたいと思います。そのうち2つは「エアバッグ」関連ではあるものの、タカタとは関係のない、ちょっと珍しい内容です。そして残り2件は「発火の可能性」があるという、やや恐ろしいものとなっています。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

入手できるのは78人のみ!ランボルギーニ・アンバサダーがリリースする「アヴェンタドールSVJ専用」カスタムエキゾーストシステムが発売

| バレンチノ・バルボーニ氏が自身をもってお届けするチタニウムエキゾースト第二弾 | ランボルギーニで定年まで勤め上げたチーフテストドライバー、バレンチノ・バルボーニ氏。2008年のランボルギーニ退社時には、ランボルギーニがその貢献をたたえて同士の名を関した限定モデル「ガヤルドLP550-2バレンチノ・バルボーニ」を発売し、さらには退社後もランボルギーニに請われ、ブランドアンバサダーとして精力的に活動を続けています。そしてちょっと前には自身のブランド「VB」よりアヴェンタドールSV向けのカスタムエキゾース ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RRのカスタム第一弾。まずはETC車載器など実用品を装着してみた

| チョコチョコ追加してゆくと意外と費用がかさんでゆく | さて、納車されたホンダCBR250RRのカスタムについて。その内容については随時紹介してゆきたいと思いますが、まずは納車直後に行ったカスタムを紹介したいと思います。現時点では「必要と思えるもの」を取り付けたという段階ですが、今後はボチボチと独自色を出したカスタムを行ってみたいところですね。 購入したホンダCBR250RRのカスタムを考えてみる。「カスタム第一期」はこの内容、アクラポヴィッチ製マフラーは外せない

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

2019

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari)

フェラーリが2019年第1四半期の業績を発表。全世界で成長し、当たり前のように「記録」達成。もっとも売れたのはポルトフィーノ、伸びた地域は香港

| このペースだと年間1万台の販売は間違いない | フェラーリが株主向けの説明会を行い、そこで2019年第1四半期は2,610台の販売であった、と発表。1年のうち1/4でこの数字なので、ペースとしては ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

国内市場に異変!2019/4月の販売にて、日産の販売数が半分以下の大幅減、逆にトヨタとスズキは順位を大きく上げる

| スバル、マツダはなかなか伸ばせない | さて、2019年4がつの国産車登録ランキング。先月、またこれまでの傾向に比べると大きくランキングが変動していて、トヨタ・プリウスが1位に、そして昨年来ずっと ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】今は途絶えたランボルギーニ2+2の系譜、”イスレロ””ハラマ”はこんなクルマ

ランボルギーニのルーツはGTカーにあり。ランボルギーニの第一号車「350GT」の直系子孫 コンコルソ・デレガンツァ2019京都にて展示されていたランボルギーニシリーズ、今回は「イスレロとハラマ」。イス ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他イタリア車 ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1930年代のアルファロメオ6Cはこんなクルマだった!存在自体が奇跡なクルマたちを見てみよう

この時代のクルマの維持や整備にかかる手間を考えると、オーナーには頭が下がる さて、京都にて開催されたクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ京都2019」。様々なクルマが展示されていますが、今 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■映画や音楽、本について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】映画「ロッキー」にも登場したランボルギーニ・ジャルパ、そしてウルスの祖先である「LM002」を見てみよう

いずれもランボルギーニの歴史を語る上で外せない さて、コンコルソ・デレガンツァにて展示されていたランボルギーニ・シリーズ、今回は「ジャルパとLM002」。ジャルパは1981年に登場し、1989年(モデ ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1950年代のフィアット/アバルト×ザガートはこんなクルマたち。「レコードモンツァ」の起源となったクルマも

このまま復刻したらかなり人気が出そうだ 京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。今回は1950年代のフィアットたちを画像と動画にて紹介したいと思いますが、正直この時代のクル ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニ創業者時代に企画された「ピュアな」ランボルギーニ、エスパーダとウラッコを見てみよう

エスパーダ、ウラッコは今見ても新鮮なデザインを持っている コンコルソ・デレガンツァ2019京都にて展示されていたランボルギーニたち、今回は「エスパーダ」と「ウラッコ」。それぞれ1960-1970年代に ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向性を決定づけた「カウンタック」。その豊富なバリエーションを見てみよう

カウンタックは26年間も製造されていた。そのレイアウトやデザインは後のモデルに強く影響している さて、コンコルソ・デレガンツァ2019京都ランボルギーニ編、今回は待望の「カウンタック」。カウンタックと ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ランボルギーニ、アストンマーティンがフェラーリを抜く!2019年3月の輸入車販売はけっこう激動

ロールスロイスは18台も登録。やはりカリナン効果? さて、2019年3月の輸入車登録実績が公開に。3月はけっこう様々な動きがあり、上位だとアウディがボルボを抜き返して5位に浮上。ただし前年比64.6% ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【驚愕】フェラーリは一台売って1060万の利益、ポルシェは209万、アストンは246万、ベンツは55万、そしてトヨタは21万、VWはわずか6万円

| やはりフェラーリのブランド価値は圧倒的だった | さて、少し前に「ランボルギーニの一台あたり販売額」をお届けしましたが、今回は「フェラーリの一台あたり利益」について。ちょっとおさらいしておくと、2 ...

■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ロレックスが2019年新作を発表。GMTマスターⅡにメテオライト、シードゥエラーにロレゾール追加など高級路線へ。ヨットマスターには「42」が登場

まさか「プロフェッショナル向け」シードゥエラーにコンビが登場するとは さて、ロレックス(ROLEX)の2019年モデルを紹介。これらは3月に開催された「バーゼル・ワールド(時計の見本市)2019」で発 ...

>スズキ(SUZUKI) ■近況について ■ニュース

【動画】やっぱりジムニーはジムニーらしくないとな!Gクラス風やディフェンダー、ランクル風にカスタムされたジムニーを見てきたぞ

オートメッセのもう一つの主役はやっぱりジムニー さて、大阪オートメッセ2019「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」編。オートメッセ会場には相当数のジムニーが展示されていたものの、やはり注目はWALDに ...

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

創業110年を迎えたブガッティ。CEOが語る今後のビジョン「高級さと快適さ重視」「クルマを作ると同時に芸術を創り出す」「SUVは絶対にない」

やはりブランディング重要。ステファン・ヴィンケルマンCEOはブランド建て直し請負人 ブガッティは2019年で設立110周年を迎えますが、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がブガッティ公式サ ...

>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

スズキが東京オートサロンにジムニー/ジムニーシエラのカスタムカーを展示!本家のカスタムはこうなっている

やはりスズキが他社のカスタムに負けるわけにはゆかない スズキが東京オートサロン2019(2019年1月11日~13日)の出展概要を発表。やはり新型ジムニーが中心となりますが、「本家本元」のカスタムカー ...

>ミニ(MINI)

ミニ・ジョン・クーパー・ワークスの2019年モデル(欧州仕様)が公開。環境規制対応のため排気管にフィルター追加

基本的な機能に変更はない ミニが2019年モデルの「ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(John Cooper Works)」を3ドアハッチバック、カブリオレともに発表。正直言うとほとんど変更はなく、欧 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が北米でGT-Rの2019年モデルをGT-R史上初の「値下げ」とともに発表!どうなる日本の価格設定?

| 日産が北米にてGT-Rの2019年モデルを発表 | 日産が北米市場向けに2019年モデルのGT-Rを発表。 GT-Rは欧州車や米国車同様、「毎年バージョンアップ」を標榜し、日本車にしては珍しく”イ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがランドクルーザーの2019年モデル発表。”2018年モデルと変化がない”その理由とは?

| ランドクルーザーは変わらないのは”変わる必要がない”から? | トヨタが北米にて2019年モデルのランドクルーザーを発表。 率直にいうと2018年モデルとほとんど「一緒」だそうですが、唯一の変更点 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.