>アウディ(Audi) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

アウディ「2025年までに30のエレクトリックモデルを投入する。うち20はピュアエレクトリックカーだ」←あまりに急激な展開にちょっと不安も

| BMWですら2025年でもエレクトリックカーの販売比率がせいぜい20%と予測 | アウディが2025年までにPHEV含むハイブリッドカーを10モデル、そしてピュアエレクトリックカーを20モデル、あわせて30もの電動車を発売する、とコメント。アウディ属するフォルクスワーゲングループは「グループ挙げて」のエレクトリック化を推進しており、グループ全体では「2025年に80モデル」をエレクトリック化する、とも以前に発表したところ。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンがDBXの貴族的オプションを公開。そして”ピンク”のDBXがリークされる

| アストンマーティンの顧客はやはり貴族が多い? | アストンマーティンがDBXの公開を前にして、「DBX向けのオプション」を先行公開。DBXは同ブランド「初」のSUVとなり、当然ながら広大なラゲッジスペース(632リッター)を保有することになりますが、アストンマーティンではそれに対応すべく11種類の異なるシリーズからなるラゲッジセットを発売するようです。そしてこれらのラゲッジセットは旅行はもちろんハンティングや自転車などのスポーツアクティビティに対応した仕様を持つ、とのこと。 アストンマーティン「新型S ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンの新型限定スピードスターはこうなる?ぜひこのまま発売して欲しい秀逸なレンダリングが登場

| このカラーリングはなかなか思いつかない | マクラーレンは新しい限定シリーズとして「スピードスター」を発売すると言われていますが、今回そのスピードスターのレンダリングを作成したアーティストが登場。ただしこのレンダリングはマクラーレンが発売するとしているスピードスター「ドンピシャ」ではなく、自身の考える仕様を優先したものとなっています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW5シリーズの内装が初めて目撃に!8シリーズ風のメーターとインフォテイメントシステム、新形状のステアリングホイール装備

| BMW 5シリーズは今でも古臭さを感じないが | 2020年にフェイスリフトを迎えると思われる、BMW 5シリーズ(G30)の新しいインテリアがスパイフォトグラファーによって激写。当然のことながら新型BMW 5シリーズには最新のインターフェースおよびインフォテイメントシステムが与えられることになり、基本的なデザインは変わらないまでも、メインのメーターは12.3インチサイズのフルデジタルに。加えてインフォテイメントディスプレイはサイズアップされているように見えますね。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】なぜ今さらカモフラージュ?謎仕様のフェラーリSF90ストラダーレがサーキットにてテスト中

| すでに発表済みのために今になって隠す必要はないはずだが | 先日日本でも公開された、フェラーリSF90ストラダーレ。今回、カモフラージュシートを身にまといフィオラノ・サーキットにてテストを行う姿が動画に収められています。SF90ストラダーレはすでに一般公開されているので今さらカモフラージュする必要はないものの、なぜか念入りに「フルラッピング」。さらに興味深いのは、動画では2台のSF90ストラダーレが捉えられていて、そのうちの一台は「ちょっと大きなリアウイング」を装備しているようにも見えること。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】炎上し廃車となったランボルギーニ・ウラカンにシボレーのV8エンジンを装着しツインターボ化。「1500馬力ウラカン」の制作現場を見てみよう

| タービンは車体に収まりきらず、突出することに | スクラップとして打ち捨てられていたランボルギーニ・ウラカンを買取り、再生を行っている最中のユーチューバー、「B IS FOR BUILD」。これまでの経過途中として、マニュアル・トランスミッションが存在しないウラカンに無理やり「MT」を装着するといった荒技も公開しています。そしてその後はなんとテキサススピード製のカスタムパーツを組み込んだシボレーのLSエンジン(V8)をスワップしており、なんだかトンデモナイ車が完成しそうな予感ですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

なぜだッ!中国にて、トヨタが「レクサスのスピンドルグリル(ただし3/4サイズ)を持つ」RAV4兄弟車、”ワイルドランダー”発売

| そういえばレクサスのスピンドルグリルは中国車にコピーされないな | トヨタは中国において広州汽車(GAC)と合弁企業を展開していますが、その「GAC-Toyota」から新型SUV”Wildlander”を発表。なんか見たことあるなという感じですが、それもそのはずで、このクルマはRAV4をベースにしたもの。ちなみに現在中国においても「RAV4」が販売されているものの、これはモデルチェンジ前の先代が継続販売されています。今回、RAV4のスタイリングを変更して発売する理由は不明ではありますが、もしかするとR ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911ターボカブリオレの試作車が走行中。テールランプ両脇には”ターボスペック”のダクトが存在?

| ポルシェが執拗に隠す部分にはきっと「なにか」がある | ここ最近、目撃情報が活発化している新型ポルシェ911ターボ・カブリオレ。今回は「ほぼ」偽装なしのプロトタイプが目撃されており、カモフラージュされているのはフロントのエンブレム、そしてテールランプの両端くらい。画像を見る限り、ベースモデルである911カレラ系との変更点としては、パワーアップとともに発熱量が増加したエンジンを冷やすために増設されたラジエター、そして大きなエアインテーク。サイドだと大きく張り出したリアフェンダーにエアインテーク、そしてそ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎の新型フェラーリがイタリアにて目撃。フロントエンジン、エントリーモデルの「F169」か

| ポルトフィーノよりもシンプルで安価、V6エンジン搭載の可能性も | フェラーリは今年に入って積極的に新車攻勢をかけており、F8トリブート、SF90ストラダーレ、F8スパイダー、812GTSといったモデルを発表済み。フェラーリは「5つのモデルを」発表すると公言しているので、のこりは「1つ」ということになりますが、その「最後の一台」と思われるモデル(のプロトトタイプ)が目撃に。なお、この動画が収められたのはイタリアはマラネロ、つまりフェラーリの本社所在地。駐車場をゆっくり走り、その後に加速して走り去る様子 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダが新型EVティーザー動画第二弾公開。「フロントマスクは親しみやすく」「ユニークなドア構造を持つ」

| 動画を見るとクーペSUVのようだ | 先日、ティーザー動画第一弾を公開したマツダ初の「EV(電気自動車)」ですが、間を置かずに第二弾となる動画が公開。今回はその外装の一部、シルエットがわかるものの、「なんとなくクロスオーバー」ということが分かる程度。ちなみに前回そして今回の動画を公開したのはマツダの欧州法人。日本からではなく欧州法人が公開するあたり、やはり主戦場は欧州となるのかもしれません(プロトタイプe-TPV試乗会も欧州で開催され、ライバルとなるホンダeも欧州先行発売)。

ReadMore

RF

>マツダ(MAZDA)

日本では競争率17倍の限定モデル、マツダ・ロードスター30thアニバーサリーエディション。米では4時間で完売し、143台が追加されることに

| なお日本の割当は110台、アメリカは合計で643台 | マツダ・ロードスターは1989年に発表された初代(NA)から数えて30年を数えますが、それを記念して投入されたのが「マツダ・ロードスター 3 ...

>マツダ(MAZDA) ■近況について ■ニュース

【動画】マツダ・ロードスターRF 30周年記念限定車を見てきた!そこにはお金では買えない満足感が満載だ!

価格だけを見るとけっこう高いが、その内容を見るとむしろ安い さて、マツダ・ロードスターRF 30th アニバーサリー・エディション(MAZDA ROADSTER RF30th Anniversary ...

>マツダ(MAZDA)

2018年モデルのマツダ・ロードスターは思っていたよりも変わっている!「静かなクルマを作れば誰も文句言わんのですよ。だがマツダは違う」

| マツダはフィーリング向上のために必要な数字を逆算し、それを実現するための技術を開発している | マツダはエンジニアのこだわりが非常に強い(ほかメーカーでもそうなのだと思われるが、マツダは戦略として ...

>マツダ(MAZDA)

まさかの「オレンジ」!マツダがロードスター(MX-5)30週年記念モデルを発表。レカロ、ブレンボ、ビルシュタインの”三種の神器”も標準装備

ソフトトップ、RFともに設定。限定台数は3,000台 マツダが「ロードスター(欧米ではMX-5)」の30周年を記念し、「 MX-5 30th Anniversary Edition」のソフトトップモデ ...

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダ・ロードスター凄い!スラロームテストで高評価、しかも「平均を軽く上回る」

| マツダ・ロードスターは平均よりも優れたスラローム性能を持っている | マツダ・ロードスターに対して「ムース・テスト」を行った動画が公開に。 「ムース・テスト」とは聞き慣れない言葉ですが、欧州におい ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスター2018年モデル発表。小変更に加え上質な「レッド・トップ」追加

2018年モデルのマツダ・ロードスターが発表 マツダがロードスターに小変更を加えて発表。 2018年モデルとしてボディカラーの選択肢が増えた他、RFではコントラストカラーとしてブラックのルーフが選べる ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ専門チューナー、BBRがロードスター向けのターボキット発売。90馬力アップ、60万円

マツダ車チューンのスペシャリスト、BBRが最新のロードスター向けチューニングメニューを公開。 これは2リッターユニットにツインスクロールターボを装着するもので、出力は248馬力へと向上する「ステージⅠ ...

>マツダ(MAZDA)

意外と似合う?マツダ・ロードスターのリアにルーバーを取り付けてみたCG

この発想はなかった、マツダ・ロードスターRFのリアにルーバーを取り付けたレンダリング。 ルーバーというと「ランボルギーニ・ミウラ」ですが、ロードスターにはなかなかに似合っているように思います。 なおロ ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターRFの販売が好調。目標の9.5倍の受注、MT/ATは半々で上位グレードが人気

マツダ・ロードスターRFの受注が好調、とのこと(マツダのプレスリリースより)。 これによると1/23までの累計受注台数が2,385台になったとのことで、これは月販販売目標である250台の実に9.5倍。 ...

>マツダ(MAZDA) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

マツダ・ロードスターRFの見積もり取得。購入価格は460万円、カスタムにかかる費用も考えてみた

さて、先日マツダ・ロードスターRFに試乗しましたが、ここで購入候補として見積もりを取得し、その詳細について検討してみます。 オプション込みの総額は460万円程度ですが、まだここから必要な部分もあり、そ ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マツダ(MAZDA)

【試乗:マツダ・ロードスターRF】エンジンパワー増加でオールラウンダーに

マツダ・ロードスターRFに試乗。 結論から言うと「買って間違いのない」車である、と断言できます。 ロードスターRFはソフトトップのロードスターを「リトラクタブルハードトップ化」した車ですが、ロードスタ ...

>マツダ(MAZDA) ■近況について

先行展示中のマツダ・ロードスターRFを見てきた。予想外に格好良かった件

大阪にて開催された、マツダ・ロードスターRFの展示イベントを訪問。 新梅田シティにあるマツダ・ブランドスペースでの展示ですが、当日はエンジニアと語り合えるイベントも開催されています。 かなり注目度の高 ...

>マツダ(MAZDA)

マツダがロードスターのカスタムモデル「KURO」と「スピードスターEVO」の公式画像を追加公開

マツダがSEMAに展示するロードスター(北米ではMX-5ミアータ)のカスタムモデル、「KURO」と「スピードスター・エボリューション」の画像を追加公開。 白いボディカラーの「MX-5ミアータ スピード ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.