>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが2020年に高レベルの自動運転を搭載。加えてコネクティビティ強化、エレクトリック化加速についても言及

| トヨタと日産はやたらと「自動運転とコネクティビティ」にこだわる | レクサスが(アメリカでの”30周年”イベント開催時に)2020年に自動運転搭載モデルを発売する、と公表。これによると「レクサスのレベル2自動運転は、高速道路の入口から出口まで」を自動で走行できるとしており、レーンチェンジや追い越しも可能だそう。レクサスは自動運転には比較的力を入れていて、これまでにも何度か自動運転のテストを公開している他、すでに「今後の自動運転に繋がる高度運転支援技術」としてLEXUS Co Driveを一部車種に標準 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期日産日産GT-Rの将来は不透明?GT-R開発責任者すら「どうなるかわからない」状況にて、まずはオーナーに対して調査を開始した模様

| モデルチェンジを行う、もしくは方向性を決めるには「今は時期が悪すぎ」り | これまでに何度と無く出ている、新型日産GT-R(R36?)のウワサ。ハイブリッドになる、エレクトリックになる、いやガソリンエンジンという話もあり、とにかくその内容が定まらないのが実情です。今回はトップギアが、GT-R開発責任者にして第一商品企画部チーフ・プロダクト・ スペシャリストである田村宏志氏の弁として、新型GT-Rについていくつかの情報を公開しています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

こんな過激なワゴンは見たこと無い!世界で最もパワフルな4気筒エンジン搭載、メルセデスAMG CLA45/CLA 45Sシューティングブレークが発表

| メルセデスAMGはその拡大の手を緩めない | メルセデス・ベンツは先日「メルセデスA45」「メルセデスAMG CLA45」を発表したところですが、今回はワゴンボディを持つ「メルセデスAMG CLA45シューティングブレーク」を発表。「A」のつくシリーズはメルセデス・ベンツではもっともコンパクト、そしてFFベースとなりますが、メルセデスAMG CLA45シューティングブレークは4WDつまり「4MATIC」を採用し、387HP(CLA45)もしくは416HP(CLA 45 S)を発生する”M139”エンジ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

特注カラーの「ジアッロ・モデナ」に彩られたエンツォフェラーリが販売中。そのデザインにはこういった秘話があった

| 最終的に採用されたデザインは「代案」だった | ロンドンのエキゾチックカーディーラー、DDクラシックスにて、エンツォフェラーリの中古が販売中(価格はASK)。ボディカラーは「ジアッロ・モデナ」で、これはエンツォフェラーリの場合、スペシャルオーダーカラー扱いになる、とのこと。ちなみにF40のボディカラーは選択の余地がなく「全てレッド」だったとされていますが、その後のF50や、このエンツォフェラーリも同じような状況だったのかもしれませんね。 フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

RF

>マツダ(MAZDA)

日本では競争率17倍の限定モデル、マツダ・ロードスター30thアニバーサリーエディション。米では4時間で完売し、143台が追加されることに

| なお日本の割当は110台、アメリカは合計で643台 | マツダ・ロードスターは1989年に発表された初代(NA)から数えて30年を数えますが、それを記念して投入されたのが「マツダ・ロードスター 3 ...

>マツダ(MAZDA) ■近況について ■ニュース

【動画】マツダ・ロードスターRF 30周年記念限定車を見てきた!そこにはお金では買えない満足感が満載だ!

価格だけを見るとけっこう高いが、その内容を見るとむしろ安い さて、マツダ・ロードスターRF 30th アニバーサリー・エディション(MAZDA ROADSTER RF30th Anniversary ...

>マツダ(MAZDA)

2018年モデルのマツダ・ロードスターは思っていたよりも変わっている!「静かなクルマを作れば誰も文句言わんのですよ。だがマツダは違う」

| マツダはフィーリング向上のために必要な数字を逆算し、それを実現するための技術を開発している | マツダはエンジニアのこだわりが非常に強い(ほかメーカーでもそうなのだと思われるが、マツダは戦略として ...

>マツダ(MAZDA)

まさかの「オレンジ」!マツダがロードスター(MX-5)30週年記念モデルを発表。レカロ、ブレンボ、ビルシュタインの”三種の神器”も標準装備

ソフトトップ、RFともに設定。限定台数は3,000台 マツダが「ロードスター(欧米ではMX-5)」の30周年を記念し、「 MX-5 30th Anniversary Edition」のソフトトップモデ ...

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダ・ロードスター凄い!スラロームテストで高評価、しかも「平均を軽く上回る」

| マツダ・ロードスターは平均よりも優れたスラローム性能を持っている | マツダ・ロードスターに対して「ムース・テスト」を行った動画が公開に。 「ムース・テスト」とは聞き慣れない言葉ですが、欧州におい ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスター2018年モデル発表。小変更に加え上質な「レッド・トップ」追加

2018年モデルのマツダ・ロードスターが発表 マツダがロードスターに小変更を加えて発表。 2018年モデルとしてボディカラーの選択肢が増えた他、RFではコントラストカラーとしてブラックのルーフが選べる ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ専門チューナー、BBRがロードスター向けのターボキット発売。90馬力アップ、60万円

マツダ車チューンのスペシャリスト、BBRが最新のロードスター向けチューニングメニューを公開。 これは2リッターユニットにツインスクロールターボを装着するもので、出力は248馬力へと向上する「ステージⅠ ...

>マツダ(MAZDA)

意外と似合う?マツダ・ロードスターのリアにルーバーを取り付けてみたCG

この発想はなかった、マツダ・ロードスターRFのリアにルーバーを取り付けたレンダリング。 ルーバーというと「ランボルギーニ・ミウラ」ですが、ロードスターにはなかなかに似合っているように思います。 なおロ ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターRFの販売が好調。目標の9.5倍の受注、MT/ATは半々で上位グレードが人気

マツダ・ロードスターRFの受注が好調、とのこと(マツダのプレスリリースより)。 これによると1/23までの累計受注台数が2,385台になったとのことで、これは月販販売目標である250台の実に9.5倍。 ...

>マツダ(MAZDA) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

マツダ・ロードスターRFの見積もり取得。購入価格は460万円、カスタムにかかる費用も考えてみた

さて、先日マツダ・ロードスターRFに試乗しましたが、ここで購入候補として見積もりを取得し、その詳細について検討してみます。 オプション込みの総額は460万円程度ですが、まだここから必要な部分もあり、そ ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マツダ(MAZDA)

【試乗:マツダ・ロードスターRF】エンジンパワー増加でオールラウンダーに

マツダ・ロードスターRFに試乗。 結論から言うと「買って間違いのない」車である、と断言できます。 ロードスターRFはソフトトップのロードスターを「リトラクタブルハードトップ化」した車ですが、ロードスタ ...

>マツダ(MAZDA) ■近況について

先行展示中のマツダ・ロードスターRFを見てきた。予想外に格好良かった件

大阪にて開催された、マツダ・ロードスターRFの展示イベントを訪問。 新梅田シティにあるマツダ・ブランドスペースでの展示ですが、当日はエンジニアと語り合えるイベントも開催されています。 かなり注目度の高 ...

>マツダ(MAZDA)

マツダが「ロードスターRF」を正式発表。発売は12/22、価格は324万円、エンジンは2リッター

マツダが待望の「ロードスターRF(リトラクタブル・ファストバック)」を発表。 発売は12/22からで価格は324万円、エンジンは2リッター。 グレードはS、VS、RSの3つとなっています。 NCロード ...

>マツダ(MAZDA)

マツダがロードスターのカスタムモデル「KURO」と「スピードスターEVO」の公式画像を追加公開

マツダがSEMAに展示するロードスター(北米ではMX-5ミアータ)のカスタムモデル、「KURO」と「スピードスター・エボリューション」の画像を追加公開。 白いボディカラーの「MX-5ミアータ スピード ...

>マツダ(MAZDA)

マツダがリトラクタブルハードトップ装備のロードスター”RF”公開

2016/3/23    , , ,

マツダが「MX-5(ロードスター)RF」を公開。 RF=リトラクタブル・ファストトップの略ですが、先代の電動リトラクタブルハードトップとは異なり、今回は「タルガ」。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.