ハイパーカー

【動画】あのジウジアーロ親子がスーパーカースタイルのハイパーSUV「カンガルー」を公開!ガルウイング採用、オフロード走行も可能

4WD、4WS、最低地上高は140ミリから260ミリまで 「イタルデザイン」創設者、ジョルジエット・ジウジアーロ氏とその息子であるファブリッツォ・ジウジアーロ氏とが立ち上げた会社「GFG Style」 ...

アストンマーティン・ヴァルキリーの最終スペック確定!予定よりも高い1160馬力となりハイブリッドシステムはリマックが担当

6.5リッターV12エンジンの許容回転数は11,100RPM アストンマーティンがリリースする予定の「ヴァルキリー」。アストンマーティン初のミドシップにしてハイパーカーということになりますが、これまで ...

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台 ...

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年代のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパー ...

ドバイ発、5000馬力のハイパーカー「デヴェル16」ついに発売!「顧客がクルマを選ぶのではなく、クルマが顧客を選ぶ」。1.8億なるもすでに納車2年待ち

まさか本当に発売するとは思ってなかった ドバイ発のハイパーカーというかなんというか、「5000馬力を超える」トンデモカー、デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)の市販バージョンがカナ ...

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジ ...

ケーニグセグが「ちょっと安い」1.3億円のハイパーカーを年間数百台規模で量産すると公開。いったいどこにそれだけの顧客が?

どう考えてもそんなに市場は大きくない ケーニグセグが英国Top Gearに語ったところによると、「間もなく量産ハイパーカーを公開する」とのこと。ケーニグセグはすでに「アゲーラRS」の生産を終え、「レゲ ...

1150馬力の和製ハイパーカー「アウル」。11月に発売され、ニュルブルクリンク最速記録に挑戦する可能性が出てきた模様

アスパーク・アウルは限定台数50台、価格は4億円 大阪の人材派遣会社、アスパーク(ASPARK)が開発を進めているエレクトリックハイパーカー、OWL(アウル)」。2017年はじめにそのプロジェクトが公 ...

0-100km/h加速は2秒!アウディ「PB18 e-tronコンセプト(AI:Race)」が50台のみ限定で発売されることに

PB18 e-tronのキモである「ソリッドステートバッテリー」「移動式コクピット」は実現する? アウディが2018年のペブルビーチにて発表したコンセプトカー、「PB18 e-tronコンセプト(AI ...

中国企業傘下となったロータス「我々の野望はとどまるところ知らない」。豊富な資金を得てハイパーカー開発に着手

ロータスは「エレクトリック関連」の大量求人を開始 ロータスは2017年に中国の吉利汽車に買収されていますが、吉利汽車はロータスへの投資を増加させており、今後大きな計画を持っている、という報道。吉利汽車 ...

【動画】まさかのSSCトゥアタラ2ndプロトタイプが登場!そのルックスは宇宙船か何かを連想させる

なぜこの場所にCCSトゥアタラがあったのかも疑問 世界最高速を目指す「SSC(シエルビー・スーパー・カーズ)トゥアタラ」2台目のプリプロダクションプロトタイプが登場。ことの経緯は不明ですが、動画ではま ...

マクラーレンのデザイナーが「スピードテール」のおすすめ内外装を公開。完売につきもう手に入らないけどその内容を見てみよう

見た目が未来的なだけに、使用する素材やカラーも未来的な方が似合いそう  マクラーレンは106台限定にて「マクラーレン史上最速」を誇るハイパーカー”スピードテール”を発表していますが、今回マクラーレンの ...

納車からわずか数日。有名ユーチューバー、サロモン氏所有のマクラーレン・セナが発火し炎上

今のところ原因は不明、ただしセナは全損だと思われる マクラーレンの超限定モデル、「セナ」が炎上するという案件が発生。なお、この「セナ」は自動車系ユーチューバーでもトップクラスの登録者を誇るアレハンドロ ...

【動画】12億円の価値はあるか!?ケーニグセグ・アゲーラRS1のレビュー動画が到着

その出力は1360馬力、パワーウエイトレシオは1以下 1メガワット・パッケージ、つまり1000馬力オーバーのオプションを装着したケーニグセグ・アゲーラRS1をユーチューバー、ダグ・デムーロ氏が動画にて ...

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスでは ...

ピニンファリーナの市販車第一号、「PF0」の正式名称は創業者の名をとって”バッティスタ”に

ピニンファリーナ創業者の夢が90年越しに実現する ピニンファリーナはしばらく前からブランド初の市販車としてハイパーエレクトリックカー「PF0」のティーザーキャンペーンを行っていますが、今回はそのヴェー ...

ポルシェ「918スパイダー後継はニュルのタイム6分30秒が必達目標だ。そのためにパワートレーンにもこだわらない」

| ポルシェは918スパイダー後継に高いチャレンジを課す模様。フルエレクトリックも? | 英国Autocar報じるところによると、ポルシェは次世代ハイパーカーの開発を考えていて、つまりこれは918スパ ...

日本にあの「アポロIE」が降臨決定!世界限定10台のみのハイパーカーが鈴鹿「サウンド・オブ・エンジン」で走行

| まさかのアポロIEが鈴鹿サーキットに。これを逃せばもう見る機会はなさそう | 11/17-18に鈴鹿サーキットにて開催される「サウンド・オブ・エンジン(RICHARD MILLE SUZUKA S ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5