変更

ロールスロイスがエンブレムを変更!スピリット・オブ・エクスタシーは二次元化、ブランドカラーはパープルに

| ロールスロイスがパープル?だが聞けばその理由にも納得 | さて、自らのクルマをして「人類が作りうる最高の自動車」と表現するロールスロイス。その思想の源流にあるのは、副創業者であるサー・ヘンリー・ロ ...

トヨタがエンブレム(ロゴ)をデジタル対応に変更!今までのエンブレムはこんな風に変遷している

| 意外とトヨタのエンブレムは変更頻度が少なかった | さて、ミニ、フォルクスワーゲン、BMW、日産に続き、トヨタもエンブレムを「簡素な二次元」へと変更する、と発表。新しいロゴは「二次元」になり「TO ...

レクサスが2021年モデルのLC500/LC500h発表!内外装の変更は最小なるも、足回りやトランスミッションの設定を変更し「より濃密な路面とのコンタクトが可能に」

| もともとLCは高級クーペという位置づけであったが、今後はスポーツ性能を高めてゆく? | レクサスは2021年モデルとして「レクサスLCコンバーチブル」を発表したところですが、今回は「アップデートさ ...

えっ、そうなん?BMWの新ロゴは「WEBや印刷物中心で使用」され、車両やディーラーには使用されず。やっぱりBMWは中途半端・・・

2020/3/7    , , ,

| おそらく「全部変更すると、お金がかかりすぎる」という判断 | 先日、BMWが新しいロゴを発表しましたが、これは「シンプルで2D」へと変更されたもの。そして今回、BMWはそのロゴの意味、使用方法につ ...

レクサスが「LS」の仕様を一部変更!さらに快適に、さらに高価になり最上位モデルは17,117,000円に

| レクサスは毎年たゆまぬ進化を続けている | レクサスが「LS」に一部変更(マイナーチェンジほどでもない)を実施し、10月3日に発売。今回の変更内容は大きくはなく、外装やパワートレインはそのままに一 ...

フォルクスワーゲンがロゴ変更を改めて発表。9月にスローガンとともに新しい「大胆でカラフルな」ものへ

| フォルクスワーゲンは、なんとしても過去の「ディーゼル不正事件」の影響から脱したい | しばらく前に、ロゴ(エンブレム)を変更する、と発表していたフォルクスワーゲン。ロゴの変更理由については「スマホ ...

ロータスがエンブレム変更を発表、3Dから2Dへ。「設立時の思想を反映し、シンプル、かつ軽量性をイメージした」

| コーリン・チャップマンの名はそのまま採用 | 先日、ロータスにとってだけではなく「イギリス初の」エレクトリックハイパーカーとなる「エヴァイヤ」を発表したロータスですが、今回は新しいロゴを発表。これ ...

米にてシビックの2019年モデル登場。内外装がアップグレード、新ボディカラーも登場。日本は?

| シビックの2019年モデル発表・小変更で質感や快適性、安全性が向上 | ホンダが北米マーケット向けに、シビック(セダン、クーペ)の2019年モデルを発表。 アメリカでは10月10日から販売が開始さ ...

スバルBRZが小変更。更に走りを向上させ、「国産きってのピュアスポーツ」に

2018/9/12    , , , ,

| SUBARU BRZがさらに走りに磨きをかける | スバルがBRZの改良モデルを発表。 同時に9/11より発売する、と公開しています。 根茎の変更点については「2つ」で、一つはリヤアーチフィン、も ...

メルセデス・ベンツEクラスに小変更。V6エンジンがパワーアップし、内装も「光るエアコン吹出口」が採用され701万円から

| メルセデス・ベンツEクラスがフェイスリフト | メルセデス・ベンツ日本がEクラスの改良を実施。 その内容は「(従来のE400 4MATICにかわり)E 450 4MATIC」の内容が中心となってい ...

ポルシェ911は世代ごとにどう変化したのか(水冷編)? 0-100km/h加速は0.6秒速く、最高速は+15km/h

| ポルシェ911の水冷世代はどう進化したのか | さて、前回はポルシェ911の空冷モデルについてその進化を紹介しましたが、今回は「水冷」モデルの変遷を見てみましょう。 ポルシェ911の水冷モデルは1 ...

2018年モデルのアルファロメオ・ジュリアに小変更。標準装備充実、オプションも追加

2017 Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio FCAが2018年モデルのアルファロメオ・ジュリアについて小変更を発表。 内容としては標準装備内容の変更、新しいオプションの追加 ...

BMWが1/2シリーズをフェイスリフト。前後ランプの改良がメインで内外装の変更は極小

BMWがフェイスリフトを受けた2シリーズを公開。 その変更内容は極めて微小といえ、フェイスリフト前と見分けがつかないレベルとなっています。 フロントだとLEDヘッドライト(オプションでアダプティブLE ...

規制緩和でハミタイOK、横出しマフラーOKに。これで日本仕様のあのパーツともオサラバ

国土交通省が規制緩和を行い、いわゆる「はみ出しタイヤ=ハミタイ」がなんと条件付きでOKに。 加えて「マフラー出口の向き」も自由化されています。 タイヤについては「非常に大きな規制緩和」と言え、内容とし ...

BMW i3が2017年に大胆変更。バッテリー容量増加、外観の変更とメディアが報じる

2016/12/4    , , , ,

ロイターによると、2017年にBMW i3は航続可能距離とデザインを大幅アップデートした新型を登場させる、とのこと。 i3はつい先ごろバッテリー容量を150%ほど増加させたモデルを発売していますが、こ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5