ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

インプレッサ

神奈川で20台のスカイラインGT-Rやスープラを盗んだ指定暴力団系容疑者が逮捕!ただし逮捕後も盗難は続いており、これは「氷山の一角」?

神奈川で20台のスカイラインGT-Rやスープラを盗んだ指定暴力団系容疑者が逮捕!ただし逮捕後も盗難は続いており、これは「氷山の一角」?

| この流れを止めることは難しく、オーナーは自衛対策を行うしかなさそうだ | 転売と同じで、買う側がいるかぎり「売り手」はなくならない さて、ここ最近様々な方面にて話題をふりまいていた日産スカイライン ...

やはり軽量化はタイム向上の最短ルート!135kg軽量化したスバル・インプレッサWRXがサーキットにてポルシェ911GT3 RS、フェラーリ488ピスタを次々パス【動画】

やはり軽量化はタイム向上の最短ルート!135kg軽量化したスバル・インプレッサWRXがサーキットにてポルシェ911GT3 RS、フェラーリ488ピスタを次々パス【動画】

| 軽量化の効果は信じられないほど大きかった | パワーアップは重量増加や効率の悪化を招く「負のループ」に突入することも さて、スコットランドのレーシングドライバー、スコット・マンセル(ナイジェル・マ ...

プロドライブのレストモッドで再注目!日本国内400台限定で発売されたスバル・インプレッサ 22B STiが競売に登場、予想落札価格は最高で2000万円

プロドライブのレストモッドで再注目!日本国内400台限定で発売されたスバル・インプレッサ 22B STiが競売に登場、予想落札価格は最高で2000万円

2022/7/7    , , , ,

| おそらくこのスバル・インプレッサ22B STiは今後その価値を失うことはないだろう | 「未来永劫残すべき」スバル車のひとつであることは間違いない さて、先日イギリスのプロドライブが「レストモッド ...

世界に一台!4ドアのスバル・インプレッサWRXを2ドア化→さらにワゴンボディ+22B風に改造された個体が販売中

世界に一台!4ドアのスバル・インプレッサWRXを2ドア化→さらにワゴンボディ+22B風に改造された個体が販売中

| ただし現在まだ改造中、残りのカスタムは購入者にて行う必要アリ | もともとが4ドアセダンだったことが信じられないほどよくできている さて、世の中には「スポーツカーのワゴン化」を実際に行ってしまう個 ...

スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円

スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円

| 見た目は当時のスバル・インプレッサWRXと大きく変わらないが、ボディパネルがカーボン製に置き換えられ、エンジンはじめドライブトレーンはレーススペックに | フロントバンパーのインテークには巨大な冷 ...

プロドライブが発売する「P25」のスケッチが公開!スバル・インプレッサSTi 22Bをイメージしたレストモッド、406馬力に軽量化、25台のみの限定販売

プロドライブが発売する「P25」のスケッチが公開!スバル・インプレッサSTi 22Bをイメージしたレストモッド、406馬力に軽量化、25台のみの限定販売

| 外観こそは似ているが、ボディパネルはカーボンファイバーにて作り直されることになるかもしれない | プロドライブでは現在、購入希望者を募集中 さて、先日「再定義されたアイコンとなるべきクルマを発売す ...

スバル・インプレッサWRXのレストモッド?プロドライブがWRCを連覇したGC型インプを「P25」として現代に蘇らせるようだ

スバル・インプレッサWRXのレストモッド?プロドライブがWRCを連覇したGC型インプを「P25」として現代に蘇らせるようだ

| プロドライブはスバルをパートナーとして1990年から2008年までWRCに参戦 | 現時点では何台生産されるのか、はたまたワンオフなのかはわからない さて、プロドライブが同社のTwitterアカウ ...

ホットウィールから懐かしの国産チューンドカー「ジャパニーズカーカルチャー」が発売!サイバーCR-X、RX-7、エボX、ハチロクトレノ、フェアレディZ、インプレッサWRXの6台セット

ホットウィールから懐かしの国産チューンドカー「ジャパニーズカーカルチャー」が発売!サイバーCR-X、RX-7、エボX、ハチロクトレノ、フェアレディZ、インプレッサWRXの6台セット

| ミニカー集めだけはホント、キリがないな・・・ | ホットウィールの企画担当はどうやらけこうなマニアらしい さて、少し前にはネオクラシックな日本車のラインアップを発表して日本車リスペクトなところを見 ...

販売開始当時「2日で売り切れた」スバル・インプレッサWRX STi 22Bが現代に蘇ったら?新型WRX STi 22Bが「オンロード仕様で」復活(SUBARU非公式)

販売開始当時「2日で売り切れた」スバル・インプレッサWRX STi 22Bが現代に蘇ったら?新型WRX STi 22Bが「オンロード仕様で」復活(SUBARU非公式)

| スバルはときどき過激な限定モデルを発売することがあり、22Bの復活も無いとは言えない(ただし2ドアはないだろう) | ひとまずは新型WRX STiの発表には期待したい 「もしもこんなクルマがあった ...

発売当初「2日で完売した」スバルWRX STI 22Bが競売に!犯罪者から押収された個体なるも現在1300万円を超えて価格上昇中、まだまだ価格は上がりそう

発売当初「2日で完売した」スバル インプレッサWRX STI 22Bが競売に!犯罪者から押収された個体なるも現在1300万円を超えて価格上昇中

| まさか当時はこのインプレッサWRX 22Bがここまでの価値を誇るとは考えもしなかった | おそらくは今後も継続して価値を上げ続けるだろう さて、オーストラリアにて1998年製のスバル・インプレッサ ...

かなり珍しいスバル・インプレッサ WRX タイプR STi バージョンIVが一気に二台も競売に登場!スバルのモータースポーツ系限定モデルは非常に人気があり、いくらの値がつくのかは要注目

かなり珍しいスバル・インプレッサ WRX タイプR STi バージョンIVが一気に二台も競売に登場!スバルのモータースポーツ系限定モデルは非常に人気があり、いくらの値がつくのかは要注目

| スバル・インプレッサ WRX タイプR STi バージョンIVの売り物はなかなか出てこない | 今見ると、WRブルーマイカ、当時のチェリーレッドは「薄く」感じられる  さて、中古車売買サイト、コレ ...

2022年に米「25年ルール」対象となり輸出できるクルマ5選!「インプレッサWRX タイプR(GC8D)」「シビック・タイプR(EK9)」「ニスモ400R(R33)」「パジェロエボリューション」「プリウス(NHW10)」

2022年に米「25年ルール」対象となり輸出できるクルマ5選!「インプレッサWRX タイプR(GC8D)」「シビック・タイプR(EK9)」「ニスモ400R(R33)」「パジェロエボリューション」「プリウス(NHW10)」

| 一部のクルマはすでに国内在庫が「枯渇」状態 | プリウスの右ハンドル仕様が北米にて需要があるのかどうかはよくわからない さて、アメリカの自動車業界には「25年ルール」というものがあり、これは「新車 ...

え?これもトヨタとスバルのコラボ?インプレッサWRXに「ツインターボ化にて1,000馬力を発生するセンチュリーのV12」をスワップしたツワモノが現る

え?これもトヨタとスバルのコラボ?インプレッサWRXに「ツインターボ化にて1,000馬力を発生するセンチュリーのV12」をスワップしたツワモノが現る

| しかもフロントメンバーを切らずにV12エンジンを収めたようだ | ちなみにトランスミッションはBMWから さて、トヨタとスバルは「GR86とBRZ」「bZ4Xとソルテラ」といった共同開発モデルを夜 ...

1994年のWRCカー、スバル・インプレッサ・プロドライブ555が「納屋で発見され」競売にかけられる!落札予想は1億3000万円なるも、実際には半額の6200万円での落札

1994年のWRCカー、スバル・インプレッサ・プロドライブ555が「納屋で発見され」競売にかけられる!落札予想は1億3000万円なるも、実際には半額の6200万円での落札

| 見たところコンディションは上々、「本物認定」もついているので、もっと価格が上がりそうだが | なお、なぜ納屋に放置され、そして発見されることになったのかは「謎」のまま 「オーストラリアの納屋で発見 ...

スバルWRX

米にて「もっともスピード違反の多いクルマ」は3年連続でスバルWRX!なおスバルはBRZ、インプレッサも上位につけ、トップ10内では「最多ランクイン」

| たしかにスバルは昔からぶっ飛ばすオーナーが多いという印象がある | 日本だとミニバンもけっこうスピードを出しているようだ さて、アメリカにて「もっともスピード違反の確率が高いクルマ」の統計(最新版 ...

インプレッサ、ロードスター、ジムニー、スカイライン、クラウン、アコード。日本を代表するロングセラーモデルは初代から今までどう進化したのか?

インプレッサ、ロードスター、ジムニー、スカイライン、クラウン、アコード。日本を代表するロングセラーモデルは初代から今までどう進化したのか?

| 意外と日本には「長寿」モデルが多かった | そしておそらく、これからの電動化社会においても、これらのビッグネームは継続されるに違いない さて、日本には比較的「長寿」モデルが多々あり、その最たる例が ...

京商が展開する1/64新シリーズ「ミニカー&ブック」!ミニカーと実車解説書がセットになった「大人のホビー雑誌」第5弾、スカイラインR34 GT-R NISMO CRSが発売

京商が展開する1/64新シリーズ「ミニカー&ブック」!ミニカーと実車解説書がセットになった「大人のホビー雑誌」第5弾、スカイラインR34 GT-R NISMO CRSが発売

| これまでにもインプレッサ、NSX、ジムニーなど人気車種がモデルカー化 | ホイールやステッカーなど、このR34 GT-Rには「こだわり満載」 さて、サークルKサンクスが買収されてしまい「京商xサー ...

スバルのキー

スバルが北米にて約90万台の巨大リコール!なぜスバルは「数十万台規模」の大型リコールが多いのか?

| スバルは過去にも10万台以上の規模をもつリコールを複数回出している | さて、スバルが米国において、約877,000台のリコールを行うと発表。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5