ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >ポルシェ911関連 >シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ポルシェ・ケイマン関連 >テスラ(TESLA) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

世界一豪華なドラッグレース第7弾。ターボ強し、4WDと2WDの差が明確に出る内容に

Pocket
LINEで送る

モータートレンドが定期的に公開する、「World's Greatest Drag Race」シリーズ。
直近に発売されたスピード自慢のスポーツカーを並べて一斉に加速競争(ゼロヨン)を行うシリーズですが、その豪華な内容には毎回注目が集まります。
今回はテスラ・モデルS、フェラーリ488GTB、ポルシェ911ターボS、マクラーレン570GT、日産R35 GT-R NISMO、メルセデスAMG GT R、カマロZL1 1LE、アストンマーティンDB11、ポルシェ718ケイマンS、アルファロメオ・ジュリアQ4、シボレー・コルベット・グランスポーツ、レクサスLC500が登場。

動画を見ると抜群のスタートを見せるのはポルシェ911ターボSとテスラ・モデルS。
共通点は4WDですが、911はそのトラクション性能の高さ、モデルSは電気モーターならではの瞬発力が生きた形に。

反面、後輪駆動となるフェラーリ488GTB、マクラーレン570GT、メルセデスAMG GT Rは後半からみるみる追い上げています(いずれもターボ)。
ウラカンおいても4WDモデルは初期の加速に優れるものの、中間加速はRWDモデルのほうが優れるという現実もあり、4WDのメリット、RWDのメリットがよく分かる内容に。

順位、タイムは下記のとおりとなっています。

テスラ・モデルS P100D・・・10.5秒
フェラーリ488GTB・・・10.6秒
ポルシェ911ターボS・・・10.6秒
マクラーレン570GT・・・10.7秒
日産R35 GT-R NISMO・・・11.0秒
メルセデスAMG GT R・・・11.4秒
カマロZL1 1LE・・・11.7秒
アストンマーティンDB11・・・11.9秒
ポルシェ718ケイマンS・・・12.0秒
アルファロメオ・ジュリアQ4・・・12.1秒
シボレー・コルベット・グランスポーツ・・・12.2秒
レクサスLC500・・・13.0秒

ここからは過去分(ドラッグレース1~6)。

->アストンマーティン(Astonmartin), >ポルシェ911関連, >シボレー(CHEVROLET), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ポルシェ・ケイマン関連, >テスラ(TESLA), >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , , , ,