コンバージョン

ランボルギーニ・ウルス風に改造されたホンダCR-Vの後ろを「本物の」ウルスが走る様子が目撃される

ランボルギーニ・ウルス風に改造されたホンダCR-Vの後ろを「本物の」ウルスが走る様子が目撃される

| これがもし偶然だとするとスゴい確率だ | ランボルギーニ・ウルスはカスタムモチーフとしても大人気 さて、カスタムの中でも定番となっているのが「なんとか風」コンバージョン。やはり人気なのはフェラーリ ...

リバティーウォークがジムニーをゲレンデ風にコンバートするキット「バージョン2」を発表

リバティーウォークがジムニーをゲレンデ風にコンバートするキット「バージョン2」を発表!今回はメルセデスAMG風

| 正直なところ、コンバージョンキットを装着したジムニーを「ジムニーだと」瞬時に見破るのは難しい | なお、このコンバージョンキットはかなりな人気があるようだ さて、現行スズキ・ジムニーが登場して以来 ...

クラシックミニに日産リーフ(中古)のバッテリーとモーターを装着しEV化する会社が登場

クラシックミニに日産リーフ(中古)のバッテリーとモーターを装着しEV化する会社が登場!その価格380万円ナリ

| クラシックミニはもともとサステイナブルなクルマだが、EV化によってさらにエコに | 中古の日産リーフは格安なために「いい素材」かも さて、これまでには高品質なレストモッドやホンダ製V-TECエンジ ...

ポルシェ911EVカスタム

ポルシェ911をレストアしEV化する会社が登場!出力は500馬力、足回りにはアダプティブダンパー装備など「パフォーマンスも一気に近代化」されることに

| 車両持込みにてEV化、価格は35万ドルから | これまでにも911をEV化するケースは多々あったが、ここまでパフォーマンスに特化したカスタムはほかにない さて、ポルシェは911のEV化に対して慎重 ...

マクラーレン720S

まさかの「マクラーレン720SをセナGTRにコンバートする」キットが登場!200万円で劇的な変貌を遂げ、ボクはこれを「720Sベース」と見抜く自信はない

| この発想はまったく無かったが、むしろ通常のセナよりもアグレッシブなスタイルに |  見た目ほど変更や加工の範囲は大きくなく、最小の構成で最大限の効果を発揮する秀逸な製品だと思われる さて、これまで ...

アルバーモ製、トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルスに変更するキット

あの「ウルスに似すぎて」ランボルギーニ本社から警告を受けていたハリアー用エアロキットが再デザインされて登場!これでたぶん大丈夫なハズ

| さすがに以前のバージョンをランボルギーニは看過しないだろう | さて、以前にトヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするキットを発売したことで大きな話題を呼んだアルバーモ。ただしその ...

三菱ランサーがスバル風のヘッドライトに

三菱ランサーの顔つきを「スバルっぽく」変更するヘッドライトが発売されていた!なおテールランプはテスラ風、86/BRZ用としてはBMW風尾灯も

| このヘッドライトを装着すれば、どう見てもランサーには見えない | さて、世の中には様々なカスタムパーツがありますが、「他の車のように見せかける」製品もけっこう多く、日本だと「アルバーモ」がトヨタ車 ...

カシオG-SHOCKをオーデマピゲ・ロイヤルオーク風にコンバート

【動画】もう見た目はそのまんまオーデマピゲ・ロイヤルオーク!Gショックをオーデマピゲそっくりにカスタムするキットが9,000円足らずで販売中

| ここまでのクオリティでこの価格とは | さて、発売直後から「オーデマピゲ・ロイヤルオークに激似」と言われたカシオGショック”GA-2100”系。ただしその受け入れられ方は好意的で(価格が離れすぎて ...

マクラーレンF1は今年でル・マン優勝25周年!当時の車両製作担当会社が現行マクラーレン6台を対象に「ル・マン優勝車仕様」へのコンバートを発表

| 名付けてマクラーレンLM25エディション | さて、先日英国のレーシングカーファクトリー、ランザンテからアナウンスされた「スペシャルモデル」。おそらくは1995年のル・マン24時間レースで優勝した ...

その価格3300万!初代アルファロメオ・ジュリアにフルカーボンボディ、チタン製サスを装備した”GTA-R”登場

| しかもパワーウエイトレシオはわずか「3」 | 英国を拠点として活動する、クラシック・アルファロメオのスペシャリスト、「アルファホリックス(Alfaholics)」。今回そのアルファホリックスが、初 ...

【動画】ヤマハが突如「世界最小、ハイパワーな」モーターユニット発表。アルファロメオ4CをEV化してデモを行う

| ヤマハの目的は”モーターのサプライヤーとして生き残る”こと | ヤマハが突如「エレクトリックモーターの試作開発受託を開始した」と発表。つまり様々な自動車メーカーが、ヤマハにモーターの試作を依頼した ...

フォードがマスタングのEVコンバージョン「ベバスト・リチウム」発表!6速MT装備、スポーツカーをEV化するその理由とは?

| 販売済みガソリン車のエンジンを「モーター」に置き換えるコンバージョンキットは大きなビジネスになりそうだ | フォードはもうじき「ピュアエレクトリックパワートレーンを持つ、マスタングにインスパイアさ ...

サーキット専用「マクラーレンP1 GTR」の半分がなんと「公道仕様」へとコンバートされていた!そのうちの1台をマクラーレン正規ディーラーが4.2億円にて販売中

| 限定販売台数58台のうち、少なくとも28台がロードカー仕様へと変更されている | マクラーレンP1 GTRの”ロードバージョン”がマクラーレンの正規ディーラー、「マクラーレン・ロンドン」にて販売中 ...

ブラバムがサーキット専用スーパースポーツ「BT62」の公道コンバージョンキット(2100万円)を発売、と公表。公道最速スーパーカーの誕生か

2100万円は「キットだけ」、車両本体は1億5000万円 サーキット走行オンリーの触れ込みで発売されたブラバムBT62ですが、顧客の要望に答え、公道走行を可能とするパッケージを発売する、と公開。この「 ...

アストンマーティンが旧車のドライブトレーンを「そのまま」エレクトリックに変更できるキットを発表。しかもガソリンへと戻すのもOK

| アストンマーティンが画期的な「エレクトリックコンバージョン」を発表 | アストンマーティンが「ヘリテージ・エレクトリフィケーション・プログラム」を公開。 これは1970年製のDB6 MkⅡヴォラン ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5