リコール

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツがディーゼル300万台をリコール。しかしながら「不正はない。ソフトにパッチ当てるだけ」

メルセデス・ベンツが欧州で300万台のディーゼル車をリコール。 これにかかるコストは300億円近くに上ると見られ、かなりのダメージがあるのは間違いなさそう。 なおリコールの理由としては不正ソフトがある ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがリコール。今回はシフト制御プログラムの不具合でヴァンテージ1,658台が対象

アストンマーティンが全世界で1,658台のヴァンテージをリコール。 トランスミッション制御のためのソフトウェアに問題があるとのことで、2010年から2013年に製造されたスポーツシフトⅠ/スポーツシフ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各社業績/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スバル(SUBARU) >その他ポルシェ関連/ニュース

マツダ・アテンザにリコール。調べてみたらマツダ、スバルの「リコール率」がトヨタの7倍以上だった件

マツダ・アテンザにリコール。 パーキングブレーキの制動力が低下し、最悪の場合は(パーキングブレーキをかけていても)車が動き出す、というもの。 発表の内容は下記の通りです(対象となる生産期間は平成24年 ...

>ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連

ポルシェがパナメーラ/カイエンをリコール。カムシャフトに問題があり最悪はエンジン停止

ポルシェがパナメーラとカイエンに(北米で)リコール発表。 ポルシェはもともとリコールの非常に少ないメーカーですが、パナメーラ、カイエン、マカンはちょっと多め。 このあたりグループ内でのパーツ流用などが ...

>マツダ(MAZDA) >スズキ(SUZUKI)

マツダRX-8がリコール。最悪の場合は火災もしくは走行不能に。一方イグニスは「説明書不備」でリコール

マツダRX-8とスズキ・イグニスにリコール。 RX-8のほうは2つあり、ひとつは「燃料ポンプ」の耐久性に起因するもので最悪は火災の可能性、もうひとつはサスアームのジョイントの問題で最悪の場合は走行不能 ...

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWゴルフ/パサート/ティグアン、アウディA4/6/7/8にリコール。エアバッグ関連

アウディ、フォルクスワーゲンにリコールが発生。 アウディだとA4、A4オールロード、A6、A6オールロード、S6、RS6、A7、A8、S8、フォルクスワーゲンだとゴルフGTI、ゴルフR、パサート、パサ ...

>マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU)

スバル・エクシーガ、マツダ・アクセラにリコール。スバル/マツダともに今年に入って4回目

マツダとスバルにリコール発生。 マツダは「アクセラ」が対象ですが、「教習車のみ」という極めて珍しいリコールとなっています。 内容としては教習車助手席の座面高さ調整機能の強度不足というもので、詳細は下記 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMWがM3とi3にリコール発表。M3はバッテリー、i3はガソリンエンジン(謎)関係に問題

BMWがM3とi3にリコール発表。 M3はすでにリコールとして届け出ていた内容ですが、今回対象車種が拡大したために再度届け出た、とのこと。 製造期間は平成21年12月9日~平成23年9月28日、対象形 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

ランドクルーザー11,955台がリコール。ディーゼル車の排出ガス発散防止装置関連

トヨタ・ランドクルーザー・プラドがリコールに。 内容としては排ガス発散防止の取付部に問題があり、最悪の場合排ガス基準を満たさなくなる、としています。 リコール対象はLDA-GDJ150W/LDA-GD ...

>マツダ(MAZDA)

どうしたマツダ。直近にてCX-5に三回目のリコール。ヘッドライトが前を照らさなくなる恐れ

直近で2回のリコールを発表したマツダCX-5ですが、更に3度めのリコール。今回も前回に続いてヘッドライトの問題となっています。最新リコールにおいてはユーザーからの不具合報告が168件、これによる事故は ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

トヨタ・アルファード/ヴォクシー、スバル・レガシィ/インプレッサ他リコール。エアバッグ関連で

トヨタ・ヴィッツ/カローラ(フィールダー/ルミオン)/オーリス/ノア/ヴォクシー/アルファード/ヴェルファイア/ブレイド/プロボックス、スバルではレガシィ/インプレッサ/エクシーガ/フォレスターにエア ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI)

スバル・レヴォーグ、スズキ・ワゴンR、ホンダ・フリード、マツダCX5にリコール

スバル・レヴォーグ、スズキ・ワゴンR(とほかの軽も)、ホンダ・フリード、マツダCX-5にリコール発生。 CX-5はつい先日もリコールが発生したばかりですが、追加でのリコールとなります。 いずれも相当数 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・アヴェンタドールにリコール。社外マフラーを装着した場合、最悪で火災の可能性

ランボルギーニ・アヴェンタドールにリコール発生(今回は北米での発表)。 これは2012-2017年モデルと広い範囲が対象で、1,453台が対象となっています。 リコールにはアヴェンタドールの限定モデル ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェ911/718ケイマン/ボクスター85台にリコール。エアバッグ不発の恐れ

ポルシェが珍しくそのスポーツカーレンジにリコール。 ポルシェはリコールが少なく、その内容についても軽微なものが多いために品質に優れるという印象を持っていますが、そこはやはり工業製品なのでリコールの運命 ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ918スパイダーが5度目のリコール。アメリカでは販売した車ほぼすべてが対象の大規模な内容

ポルシェ918スパイダーが5度目のリコール。 今回の対象は(アメリカで)306台とのことですが、これはアメリカで販売された918スパイダーの「ほとんど」で、これまで以上に大規模なものと言えそうです。

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

北米でトヨタ86がリコール。トランスミッションのコネクタ不具合で「車が勝手に動き出す」可能性

トヨタが2017年モデルの86を北米でリコール。 対象台数は94台のみで、これはオートマチック・トランスミッションのインターロック・コネクタが正しく接続されていない、とのこと(製造上の問題ではなく、納 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA) >その他ポルシェ関連/ニュース

北米でのリコール調査結果が発表に。ポルシェ、テスラが製品・対応ともに優れるという結果

アメリカにて、1985年以降に実施されたリコールに関する結果が発表に。 これは販売された車に対するリコールの割合「リコール率」、リコールの中でも死亡などにつながる可能性のある「重大リコール率」、そして ...

>その他日本車

スバルが北米でリコール。アウトバックの製造において規定トルクでも締め付けができなかった模様

2016/9/13    ,

スバルが北米で「アウトバック」をリコール。 内容としては「製造時に工場にて、右側のスタビライザークランプ、ホイールハブ、フロントブレーキキャリパーを規定トルクでの締め付け/取り付けができなかった」とい ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5