ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

日産

【動画】R32、R33、R34、R35「4世代」にわたるGT-Rがドラッグレースを走る!その進化の過程がわかる結果を見てみよう

【動画】R32、R33、R34、R35「4世代」にわたるGT-Rがドラッグレースを走る!その進化の過程がわかる結果を見てみよう

| やはりR32~R34世代とR35 GT-Rとでは大きな隔たりがあった | R32~R34までは基本的に「同じパワーユニットやドライブトレーン」を使用するものの、R35では「完全に別モノ」 さて、先 ...

【動画】米に「ちょっとだけレアな」日本車ばかりを4,000台以上も売買してきたショップがあった!日産フィガロを100台以上、AZ-1などマニアックな車を揃える倉庫を見てみよう

| 「買いやすく売りやすい」価格帯のクルマを扱っているところがなかなかイイ | この中古車ディーラーは非常に商才に長けているようだ さて、アメリカはヴァージニア州にある中古車ディーラー「ゲイリー・ダン ...

GR86

2022年4月の国産車販売ランキングが公開!GR86はいまだ絶好調、SUVも人気をキープ。一方、モデルチェンジしたばかりのノア/ヴォクシーは思ったほど伸びずミニバンが低調

| 安価なスポーツカーの需要は思ったよりも根強かったようだ | 前年同期比を上回ったメーカーは「三菱だけ」 さて、2022年4月の乗用車販売台数が公開に。まず全体では80万4708台が販売され、これは ...

nissan-fairlady-z

ウソのような本当の話!新型フェアレディZは「騒音規制の計測方法がAMとMTで異なるため」MTのほうがより静かなマフラーを装着している

| そうしないとマニュアル・トランスミッション車では騒音規制をクリアできない | まさかこんな事情があったとは さて、新型フェアレディZは「マニュアル・トランスミッションを用意する」という近年珍しいス ...

日産GT-R

日産が未来のGT-Rについて語る!「いずれは間違いなく内燃機関を捨てる」「しかし今の我々の技術ではGT-Rにふさわしい電動化技術を持っていない」「ZとGT-Rは美女と野獣」

2022/5/6    , , , ,

| 日産はフェアレディZ、GT-Rの価値を「非常に高く」評価しているようだ | 現在は資金的に苦しいかもしれないが、必ずや誰もが驚くスポーツカーとして復活してくれるものと信じている さて、日本ではGT ...

ニスモ

4月から新会社に格納されたニスモ(NISMO)!今後は「日産グループの継続的成長に貢献する重要な役割を果たす」ことになりEVにも注力してゆくと発表

| EV時代のハイパフォーマンスカー、そしてカスタム/チューニング市場は今とは異なるものとなるだろう | EV時代到来の前に、新生NISMOは新型フェアレディZのハードコアモデルを投入しそう さて、4 ...

ニスモが新型フェアレディZ用カスタムパーツ第一弾としてステンレス製マフラーを発表!価格は30万8000円、「全域で軽快で心地よいエキゾーストノートを提供する」

ニスモが新型フェアレディZ用カスタムパーツ第一弾としてステンレス製マフラーを発表!価格は30万8000円、「全域で軽快で心地よいエキゾーストノートを提供する」

| クルマの価格も高くなったが、こういったカスタム / チューニングパーツの価格もずいぶん高くなった | チューニング全盛だった1990年代に比較すると1.5倍くらいになったような気がする さて、先日 ...

日産が富士SUPER TEC 24時間レースにテスト参戦する「Nissan Z」を公開!「今後の展開のデータ取り」のために走行し、チューニングパーツの開発に貢献しそう

日産が富士SUPER TEC 24時間レースにテスト参戦する「Nissan Z」を公開!「今後の展開のデータ取り」のために走行し、チューニングパーツの開発に貢献しそう

| 日産はフェアレディZに関し、これまでの日産とは大きく異る動きを見せている | GT-Rの後継モデルがとうぶん登場しない可能性があり、その間に日産のモータースポーツを牽引する役割を担う さて、日産と ...

【動画】新型フェアレディZはこうやって作られる!GT-Rも製造する「ニッサンインテリジェントファクトリー」はこんな感じ。なお期間工の条件も悪くないぞ

【動画】新型フェアレディZはこうやって作られる!GT-Rも製造する「ニッサンインテリジェントファクトリー」はこんな感じ。なお期間工の条件も悪くないぞ

| 日産の栃木工場は自動車づくりの一から十まで行っていた | ボクは自動車の生産現場で一度働いてみたいという夢を持っている さて、日産は新型フェアレディZにつき全グレードの価格を公開したところですが、 ...

新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合

新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合

| 新型フェアレディZのエンジンは全車405馬力の3リッターターボ、GRスープラ「RZ」の387馬力を大きく超える | 予想よりも高い価格で出てきたものの、全般的に見て新型フェアレディZはお買い得のよ ...

【動画】フィリピンはセブ島にてR35 GT-Rがイベント中、誤って海中に転落、群衆が見守る中で水没・・・。なんとか引き上げられるも修復は難しそう

【動画】フィリピンはセブ島にてR35 GT-Rがイベント中、誤って海中に転落、群衆が見守る中で水没・・・。なんとか引き上げられるも修復は難しそう

2022/4/25    , , , , ,

| 短時間といえども完全に沈んでいるので電装系はほとんど破壊されているを考えて良さそう | さらには開いたドアから海水も侵入 さて、フィリピンのリゾート地、セブ島にて開催されたドラッグレースイベントに ...

【動画】新型フェアレディZ「NISMO」バージョンが岡山国際にて目撃される!ボンネットとFフェンダーはカーボン製、かなり本気なハードコアモデルとなりそうだ

【動画】新型フェアレディZ「NISMO」バージョンが岡山国際にて目撃される!ボンネットとFフェンダーはカーボン製、かなり本気なハードコアモデルとなりそうだ

| 日産はフェアレディZのアフターマーケット市場を盛り上げたい意向を持っているのだと思われる | 今後、フェアレディZは日産のモータースポーツイメージを牽引するスポーツカーとして、様々なプロモーション ...

日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す

日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す

| 今の段階でも各社とも「ソリッドステートバッテリーの実用化が想定よりも遅れている」状態 | いったいどこが「記念すべき第一号」となるのか さて、現在の電気自動車に使用されるバッテリーは主に「リチウム ...

大丈夫か日産!JAXAとの協業に続き、今回はNASAのために有人月面探査車を開発すると発表!トヨタの月面車と月で出会うことになるのかも

大丈夫か日産!JAXAとの協業に続き、今回はNASAのために有人月面探査車を開発すると発表!トヨタの月面車と月で出会うことになるのかも

2022/4/8    , , ,

| 現在多くの自動車メーカーが「宇宙」を目指しているが | 正直、日産の技術力ではちょっと心配が残らないでもない さて、日産は先日、その全輪駆動技術「E-4ORCE」を使用した月面探査車をJAXAとと ...

ホンダ・ヴェゼル

2022年3月の国内自動車メーカー登録台数は前年比86%!ホンダと三菱以外はすべて前年割れ、ホンダは新型ステップワゴン納車前なのに検討しているようだ

| 一方、新型ノア/ヴォクシーの登録が伸びず、チップそしてサプライチェーンの影響が大きいようだ | レクサスも同様の問題にて伸び悩み さて、2022年3月の国内自動車メーカー販売台数概況が発表され、ま ...

【動画】幸運にも新型フェアレディZに試乗できたユーチューバー!日産のプロダクトプランナーの運転にてしばしドライブ

【動画】幸運にも新型フェアレディZに試乗できたユーチューバー!日産のプロダクトプランナーの運転にてしばしドライブ

| 日産は新型フェアレディZを昨年夏に発表して以来、大きな動きを見せていない | そろそろ展示イベントを全国で開催してもいい頃だが さて、日産は2021年8月に新型フェアレディZを発表していますが、そ ...

【動画】え?これがセフィーロ?ボディサイドにデカデカと「FAKE」と書いてあるのに誰もレプリカだと気づかないR35 GT-Rのレプリカが登場

【動画】え?これがセフィーロ?ボディサイドにデカデカと「FAKE」と書いてあるのに誰もレプリカだと気づかないR35 GT-Rのレプリカが登場

| タイでは高額な関税が輸入車に課されるため、ある程度コストをかけてでもレプリカを作る意味があるようだ | それにしてもここまでよく出来たR35 GT-Rのレプリカは見たことがない さて、ここ最近いく ...

GT-R販売終了が決定したオーストラリアにて「最後の一台」が競売に!収益金は地元消防隊ほかボランティア団体に寄付

GT-R販売終了が決定したオーストラリアにて「最後の一台」が競売に!エンジンカバーに開発担当の田村宏志氏がサイン、収益金は慈善事業に寄付

| 世界各地でどんどんR35 GT-Rが「販売終了」となってゆく | 一方、次期GT-R(R36)の声はなかなか聞こえてこない さて、日産GT-Rに「ゴジラ」というニックネームを最初につけたのはオース ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5