日産

トランスフォーマー最新作の悪役は日産スカイラインGT-R!ワルそうなカスタムになんと「フェンダーミラー」

トランスフォーマー最新作の悪役は日産スカイラインGT-R!ワルそうなカスタムになんと「フェンダーミラー」

| シボレー・カマロ=バンブルビーはオフロードっぽい姿にカスタムされる | 今後公開されるであろう情報に期待したい さて、ワイルド・スピードと並んで「様々なクルマが登場する映画」として人気のトランスフ ...

「パラレルワールドの新型フェアレディZ」?社外デザイナーがまったく別次元の「フェザレディ・ゼロZ」を発表

「パラレルワールドの新型フェアレディZ」?社外デザイナーがまったく別次元の「フェザレディ・ゼロZ」を発表

| フェアレディZに対しては、それぞれのデザイナーがそれぞれの想いを抱いているようだ | どんなフェアレディZでも「フェアレディZらしい」のが面白い さて、正式発表後も様々な話題で盛り上がっている新型 ...

トヨタ

2021年9月の国産車登録状況!SUVが影を潜めて「アルファード、デリカD5、ステップワゴン、セレナ」などミニバンが伸びる。緊急事態宣言解除後のレジャーに焦点?全般的には前年比63%と大幅減

| コンパクトカー、ミニバンが強いというのは日本市場の特性でもある | 新型車発売当初に大きく伸び、その後縮むのも特性のひとつ さて、2021年9月の自動車販売速報値が公開。まずは自動車メーカー別です ...

新型フェアレディZの(おそらく)市販モデルが米イベントに登場!「あの」フロントグリルの内部は市販時には改良されることになりそうだ

【動画】新型フェアレディZの(おそらく)市販モデルが米イベントに登場!「あの」フロントグリルの内部は市販時には改良されることになりそうだ

| 今後も新型フェアレディZの市販モデルはあちこちのイベントに顔を出すことになりそうだ | 日本においても市販バージョンの展示が待たれる さて、今年の5月にテネシー州ナッシュビルで開催された地元のイベ ...

米にて「ハマー顔の日産ラシーン」が中古市場に登場して話題に!このキットをリリースしたのは日本の会社、そしてラシーンは現在日本でも高値維持

米にて「ハマー顔の日産ラシーン」が中古市場に登場して話題に!このキットをリリースしたのは日本の会社、そしてラシーンは現在日本でも高値維持

| パっと見た感じはけっこう「ハマー」 | 遅かれ早かれラシーンもアメリカの業者に買い付けられることになるのかも さて、世の中には様々な「顔面コンバート」「ナントカ風カスタム」が存在し、最近だと「メル ...

日産R35 GT-R

次期日産GT-Rはどんなクルマに?GT-Rはいつの世もスポーツカー界にパラダイムシフトを起こさせてきた存在であり、次期モデルもそうあるべきだと思う

| ほかの自動車メーカーが「そんなバカな」というほどのクルマでなければ、それはGT-Rではない | やはりこれからの開発となると「ピュアエレクトリック」しかないだろう さて、日産は先日2022年モデル ...

現在購入できる最後の「ジュークR」!R35 GT-Rのエンジンを移植して700馬力を発生する公式チューンド・ジュークが再値下げして3100万円に

現在購入できる最後の「ジュークR」!R35 GT-Rのエンジンを移植して700馬力を発生する公式チューンド・ジュークが再値下げして3100万円に

| おそらく今後、こういったジュークRのようなチューンドカーはもう登場しないだろう | この価格であれば、中東のコレクターがヒョイと買いそうだが さて、日産が2015年に発表した「ジュークR」。これは ...

1994年に「全てブラック」「30台のみ」、そしてGT-Rよりも高い価格で販売されたシルビア270Rが競売に!現在650万を超え熾烈な入札バトル展開中

1994年に「全てブラック」「30台のみ」、そしてGT-Rよりも高い価格で販売されたシルビア270Rが競売に!現在650万を超え熾烈な入札バトル展開中

| 現在のJDMブームを考慮するに、信じられないような価格で落札されるのかも | それにしても当時はなんか異常な時代だった さて、ニスモ創立10周年を記念して1994年に30台のみが限定販売された「日 ...

カルロス・ゴーン

カルロス・ゴーン「今の日産は、私が来る前の、退屈で、平凡な会社になってしまった。自動車業界の中で自分の居場所を見つけられず、右往左往している」

| カルロス・ゴーンほど功罪がはっきり分かれる経営者も少ないかもしれない | 現在の日産の問題は、未だカルロス・ゴーン時代をひきずっていることにある さて、カルロス・ゴーン氏が「日産は、私がCEOに就 ...

ポルシェ911ターボS、R35 GT-R NISMO、ホンダNSXという「ハイパワー4WD」のドラッグレース!欧州だと価格が近い3車の勝敗は?

【動画】ポルシェ911ターボS、R35 GT-R NISMO、ホンダNSXという「ハイパワー4WD」のドラッグレース!欧州だと価格が近い3車の勝敗は?

| やはりホンダはもうちょっと頑張ってNSXのパフォーマンスを高めるべきだった | 同じ4WDでもエンジン搭載位置はそれぞれ異なる さて、Carwowがポルシェ911ターボS、ホンダNSX,、日産GT ...

日産が新車の匂いを研究

日産が車内の「匂い」を改善するために「匂いエンジニア」を雇用!新車の匂いを嗅ぎ、より魅力的な新車の香りを実現する模様

2021/9/19    , , ,

| 一部の国や地域では新車の匂いが非常に好まれる | 年々、人々がクルマに求める要件はより厳しくなっているようだ さて、日産が「新車の匂いを嗅ぐスペシャリスト」を雇用したと発表。このスペシャリストとは ...

新型日産フェアレディZのデザイン案は「100種類以上」もあった

新型日産フェアレディZのデザイン案は「100種類以上」もあった!その中から3つが選ばれ最終的には「レトロ」になるも、やはり新型Zは「Z34のマイチェン版」として企画されたようだ

| 現代の自動車は世界中で販売するため、多種多様な要素を考慮する必要がある | いずれにしても、日産は新型フェアレディZのデザインについて「成功させた」と考えていい 日産は新型フェアレディZの発表を行 ...

日産R35 GT-R

販売不振も高齢もなんのその!ツイッターやインスタグラムほかネット上で最も話題になっているクルマは「日産GT-R」

| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる | いつもどおりBMWや、メルセデスベンツ、そしてフェラーリも意外と少ない さて、先日2022年モデル、そして最新限定モデルT ...

日産R35 GT-Rが豪州にて販売終了!発表されたばかりのGT-R T-Specは事実上「最後のGT-R」に。なお、今年は19台しか売れていないにもかかわらずT-Specの割当は50台

日産R35 GT-Rが豪州にて販売終了!発表されたばかりのGT-R T-Specは事実上「最後のGT-R」に。なお、今年は19台しか売れていないにもかかわらずT-Specの割当は50台

2021/9/15    , , , , ,

| オーストラリアでは、すでにホンダNSXも販売終了 | 規制開始前の駆け込みのため、日本よりも早くT-Specの納車がなされそうだ さて、日産は「2022年モデルのGT-R」を発表したところですが、 ...

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

2021/9/14    , , , , ,

| GT-R T-Specは走りに特化した仕様を持つ価値の高いモデル | そろそろGT-Rの販売も終了される可能性もあり、今回のT-Specは高い人気を集めそうだ さて、日産が予告通り2022年モデル ...

新型フェアレディZのフロントを「Z32風に」コンバートしたレンダリングが登場!しかもLED化など未来的な雰囲気に

新型フェアレディZのフロントを「Z32風に」コンバートしたレンダリングが登場!しかもLED化など未来的な雰囲気に

| あわせてリアもさらに「Z32風」にイメージチェンジ | なぜ新型フェアレディのリアが「Z32」を意識したデザインなのかは「謎」 さて、新型フェアレディZは「初代フェアレディZ(S30)へのオマージ ...

トヨタ・ランドクルーザー

2021年8月の国産車登録ランキング!ミニバンが影を潜めSUVが強く、個別だと日産リーフとノートがじわり上昇。ヴェゼルは思ったほど伸びず

| モデルチェンジを行ったアクアも販売が伸長し、トヨタはすべからくモデルチェンジを成功させているようだ | ただし今後は「チップ」「部品」不足によって先行き不透明 さて、2021年8月の日本国内自動車 ...

シルビア復活?まさかの日産公式、初代シルビアをイメージした「エレクトリック世代の新型シルビア」がレンダリングにて登場

シルビア復活?まさかの日産公式、初代シルビアをイメージした「エレクトリック世代の新型シルビア」がレンダリングにて登場

2021/9/3    , , , , , ,

| シルビアはいつの時代も先進的な試みが投入された意欲作だった | さすがに日産のデザイナーだけあって初代シルビアの特徴がしっかり反映されている さて、ヨーロッパ日産デザイン担当副社長、マシュー・ウィ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5