ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

投稿日:2022/09/18 更新日:

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

| パワートレインはおそらくハイブリッド、XMと同じセットアップにて650馬力を発生か |

最後のノンハイブリッドMモデルであるM2発表後に「ハイブリッド」Mモデルとして登場するものと思われる

さて、ここ最近になってチョコチョコと出てきているフルモデルチェンジ版の新型BMW 5シリーズ、そしてそのハイパフォーマンスバージョンであるM5のウワサ。

目撃される5シリーズのプロトタイプはいずれも分厚い偽装に覆われたままですが、ここで今回ロシアのカーメディアが新型M5の予想レンダリングを公開することに。

ただし現時点では「わかっていること」が非常に少なく、よって多くを想像にて補った作品であることには予め注意を要します。

【動画】フルモデルチェンジ版 新型BMW 5シリーズの試作車が目撃される!デザイン的には新世代の「なめらかでスマート」へ
【動画】フルモデルチェンジ版 新型BMW 5シリーズの試作車が目撃される!デザイン的には新世代の「なめらかでスマート」へ

| 一方で力強いフェンダーデザインが与えられるなど、BMWらしく「走り」を強調した側面も |この記事のもくじ| 一方で力強いフェンダーデザインが与えられるなど、BMWらしく「走り」を強調した側面も | ...

続きを見る

新型BMW 5シリーズ、M5はどんなクルマに?

そこでまず新型BMW 5シリーズやM5がどんなクルマになるのかについて、まずわかっている範囲だと「5シリーズにはV8が積まれず、しかしM5にはV8が積まれる」こと。

代わりに積まれるのは3リッター直6だといいますが、これによって1980年代のE28以来、「はじめてV8エンジンをラインアップしない5シリーズ」となる可能性が濃厚です。

ただ、M5についてはこれまで以上に注力がなされるようで、M5では2010年にカタログドロップとなってしまった「ツーリング」が復活するという情報もあり、これはアウディRS6アバントの対抗馬として生を受けることになりそうですね。

BMW
BMWは新型5シリーズでは(M5を除き)V8を使用しないようだ。1980年から続く「5シリーズ+V8」の伝統についに終止符が打たれる?

| それでもBMWはメルセデス・ベンツ、アウディに比較すれば「まだ大きなエンジンを使用」するほうではある |この記事のもくじ| それでもBMWはメルセデス・ベンツ、アウディに比較すれば「まだ大きなエン ...

続きを見る

そしてデザインについては、4シリーズのようなバーチカルキドニーではなく「通常の」キドニーグリルが採用される可能性が高く、それはBMWがモデルごとに仮想ターゲットを分けたデザインを行っているため。

たとえば4シリーズでは「個性的なクルマを求め、新しいものが少な人」をターゲットとしているので濃い目のキャラクターを持つデザインを行ったほうが他社製品に比較してプレゼンスを高めることができ、しかし3シリーズや5シリーズは「普通の人」が購入するので主張控えめなデザインを行う、といった具合ですね。

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

ただし「M5」ではやや過激なデザインを採用?

しかしながらM5となると話は別であり、「3シリーズでは普通のキドニーグリルを持つのに、M3ではM4同様のバーチカルキドニー(ビーバートゥース)を持つ」というところから推測するに、そしてM5のパワーを手懐けるためには強力なクーリングシステムが必要であり、つまりは大きな開口部を保つ必要があるとも考えられ、もしかするとM3/M4同様のバーチカルキドニーが与えられる可能性もありそうですね(もしくは別の形状のジャンボキドニーか)。

2022-09-17 16.15.00

なお、搭載されるエンジンは「V8」というところから現行M5に使用される4.4リッターV8ツインターボだと考えてよく、しかしBMWは「M2が最後のガソリンオンリーのMモデル」と公言しているので、M2のあとに登場するであろうM5については「ハイブリッド化」される可能性が大(XMに搭載されるハイブリッドパワートレインと同一で、650馬力くらいを発生するという説が濃厚)。

現時点では発表日や納車開始時期については何一つ情報はなく、しかし5シリーズそのものは2023年はじめにデビューし、M5はその後しばらくした後(XMの余波が収まった頃?)に発表されると見られ、2024年7月以降に2025年モデルとして生産がなされるのでは、というのが現時点での有力な見立てです。

合わせて読みたい、BMW「M」関連投稿

やっぱりこの4本出しマフラーはスゴいな・・・。BMWがM3ツーリング向けにMパフォーマンスパーツ群をリリース
やっぱりこの4本出しマフラーはスゴいな・・・。BMWがM3ツーリング向けにMパフォーマンスパーツ群をリリース

| スプリッターやディフューザーなど大量のカーボンファイバーパーツがラインアップ |この記事のもくじ| スプリッターやディフューザーなど大量のカーボンファイバーパーツがラインアップ |そしてパーツの殆 ...

続きを見る

【動画】BMWが「発売されなかった」CSLモデル3つを紹介!M5 CSLはなんと9,000回転まで回る5.7リッターV10を積みレーシングカー真っ青の存在だった
【動画】BMWが「発売されなかった」CSLモデル3つを紹介!M5 CSLはなんと9,000回転まで回る5.7リッターV10を積みレーシングカー真っ青の存在だった

| BMWが自ら紹介するこのコンセプトカーシリーズはなかなかに面白い |この記事のもくじ| BMWが自ら紹介するこのコンセプトカーシリーズはなかなかに面白い |E60世代のBMW M5 CSLが発売さ ...

続きを見る

【動画】BMWは「M5コンバーチブル」「V12 Z3」の試作車を作っていた!自ら「発売されなかった悲運の車たち」を博物館にて紹介
【動画】BMWは「M5コンバーチブル」「V12 Z3」の試作車を作っていた!自ら「発売されなかった悲運の車たち」を博物館にて紹介

| いっときのBMWはとにかく大排気量、パワー志向であったようだ |この記事のもくじ| いっときのBMWはとにかく大排気量、パワー志向であったようだ |BMWはけっこう過激な自動車メーカーであったこと ...

続きを見る

参照:Kolesa

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5