ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ296GT3デビュー間近!「296GT3は、最も成功したGT3カーである488GT3の記録を破るためだけに作られた」【動画】

投稿日:

フェラーリ296GT3デビュー間近!「296GT3は、最も成功したGT3カーである488GT3の記録を破るためだけに作られた」【動画】

| フェラーリ488GT3はウラカンGT3、メルセデスAMG GT3といった競合としのぎを削ることになる |

488Pとともに、そのデビュー戦での戦績に注目が集まる

さて、フェラーリは今年重要なレーシングカーを2台耐久レースへと投入することになり、そのうちのひとつが296GT3、そしてもう一台がル・マン24時間レースを走る499P。

そして今回、フェラーリは(デイトナ24時間の)デビューが迫った296GT3に焦点を当てたコンテンツを公開していますが、296GT3に課せられた使命はただひとつ、「レーシング・クイーン」と言われ、500勝以上を記録したレーシングカーである488GT3を超えること。

296GT3は画期的なソリューションを採用

296GT3の祖先は488GT3、そしてその前の458イタリアGT3にまで遡ることができますが、これら両者とも素晴らしい戦績を挙げており、とくに488GT3は2016年1月にデビューするやいなや、458イタリアGT3の記録を次々と打ち破り、6年以上の現役生活にて500勝以上を記録し、最終戦をも勝利で飾るという活躍を見せています。

そして今回、フェラーリが488GT3の後継として投入するのが296GT3ということになりますが、先代そして先々代のレーシングカーが積んでいた「V8」ではなくバンク角120度というV6エンジンを積むこと、そして2気筒少ないがゆえに車体の全長とホイールベースを切り詰めることができ、コンパクトに仕上がっていることが大きな特徴。

3

296GT3の開発の主眼は488GT3の長所を活かすことに加え、わずかながらも存在した488GT3の欠点を解消することにあったといいますが、その開発段階においては、コンペティツィオーニGTのドライバーに加えてクライアントドライバー、フェラーリ内の複数のチームが集結するという”濃密な”環境において行われ、その結果として、より効率的なエアロダイナミクス、より高いボディ剛性を獲得したほか、耐久レースにおいて重要な「各パーツやコンポーネントへの素早いアクセス」、なによりも重視されるべきドライバーの高い安全性を実現できたと紹介されています。

2

フェラーリ296GT3ではエレクトロニクス面が大きく進化

さらには重心を下げること、バラスト積載を利用して安定性を高めること、ラジエターの小型化、加えてサスペンションの新設計によってタイヤへの負担を軽減すること等も考慮されているようですね。

加えて「ドライバー目線」の改良も多数取り入れられ、488GT3から完全にリニュアールされたコクピットにおいては、容易に最適なドライビングポジションを見つけだすことが可能だとされ、新設計のステアリングホイールそしてセンターパネルに組み込まれたディスプレイによってすべての機能を操作することができ、さらにはオプションのレーダーを装備すると高解像度のスクリーンを追加でき、フェラーリいわく「こうした装備は競合を寄せつけない」。

2023-Ferrari-296-GT3-7

なお、メルセデスAMG GT3についても、今までは専用のPCを接続しなくてはできなかった変更が「車両側にて、モニターを見ながらできるようになった」ことを大きな進化として挙げているので、「車両からすべての機能にアクセスできる」というのはレースの現場において非常に重要なことなのでしょうね。

加えて296GT3では、クラッチの動作、シフトチェンジ、ウェイストゲートバルブの制御をドライバーにて自在に設定できるようになっているといい、こういった設定自由度の高さも戦闘力を高めるひとつの要因なのだと思われます。

E845F6A6-469E-4A87-93A4-E400EDAE522D

フェラーリ296GT3最大の特徴とも言えるのが上述の「V6エンジン」で、これは120度というバンク角、そしてバンクの内側にターボチャージャーを収める「ホットインサイド」によってエンジン全体のサイズ縮小、重心の低下、重量の低減などを達成していますが、さらには公道走行モデル(296GTB)よりも冷却システムを縮小し、さらにエンジンを前に、そして低く搭載したとのこと。

こういった改良のいくつかは296GTBのハードコアモデル、もしくは後継モデルに採用されてゆくのかもしれません。

なお、フェラーリはエンジンや補機類の耐久性、そして信頼性の向上にも注力したといい、これによってチーム運営のコストにも好影響をもたらす、とコメントしています。

25E003E6-742E-41B1-9861-1C203E09FBC8

実際のところ、最も重要なのは「勝てるマシン」であることですが、それと同じくらい重要なのがメンテナンス性や車両の維持コストだと思われ、フェラーリは296GT3をこれまで以上に「カスタマーチームにとって維持しやすい」マシンに仕立て上げたのだと思われ、そしてもちろん、なによりも296GT3は「488GT3の記録を破るため」にレースへと投入されることになりますが、その戦績には大いに期待したいところです。

フェラーリ296GT3の開発風景を収めた動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリのル・マン・ハイパーカー「499P」、296GT3、F1そしてXXカーが走る!フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリはこんなイベント【動画】
フェラーリのル・マン・ハイパーカー「499P」、296GT3、F1そしてXXカーが走る!フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリはこんなイベント【動画】

| いつかは行ってみたいイベント、それがフェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ |この記事のもくじ| いつかは行ってみたいイベント、それがフェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ |フェラーリは一旦その ...

続きを見る

「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力
「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力

| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |この記事のもくじ| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |そしてこの296 ...

続きを見る

フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ正式発表!V6エンジンに3モーターHV、さらにボディカラーはシルバーという意外な仕様。そのデザインは過去のフェラーリから
フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ正式発表!V6エンジンに3モーターHV、さらにボディカラーはシルバーという意外な仕様。そのデザインは過去のフェラーリから

| フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ・コンセプトはかなり現実的な仕様を持ち、そのデザインやシステムは今後各モデルに反映されるものと思われる |この記事のもくじ| フェラーリ・ヴィジョン・グラン ...

続きを見る

参照:The Official Ferrari Magazine

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5