ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリのル・マン・ハイパーカー「499P」、296GT3、F1そしてXXカーが走る!フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリはこんなイベント【動画】

投稿日:2022/11/13 更新日:

フェラーリのル・マン・ハイパーカー「499P」、296GT3、F1そしてXXカーが走る!フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリはこんなイベント【動画】

| いつかは行ってみたいイベント、それがフェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ |

フェラーリは一旦その世界に踏み入れるとすべてが「ウエルカム」

さて、フェラーリがその年のモータースポーツを総括するイベントとして毎年この時期に開催しているのが「フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ(Ferrari Finali Mondiali)」。

ここではフェラーリ・チャレンジの最終戦がメインイベントとなり、その他にもニューモデルの展示、F1クリエンティによる各世代F1マシンの走行、さらにはXXプログラムの各マシン(FXX Kや599XX)の走行といった様々な催しが見られ、フェラーリファンにとってはたまらないイベントとなっているわけですね。

今年はイモラサーキットにて開催されることになり、現地を訪問したオートカヴァリーノさんの担当さんより貴重な動画と画像をいただいたので、ここで紹介してみたいと思います(ありがとうございます。感謝!)。

4AC5304A-2700-4E63-9953-7BA7815AEE3B

発表されたばかりのル・マン・ハイパーカー499Pも

今回のフィナーリ・モンディアーリではなんと発表されたばかりのル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」の走行があり、動画ではそのサウンドも聞くことができますが、意外なことに「アメリカンV8」っぽいエキゾーストノートを発しています。

AD649D19-CA5D-4E21-9ED1-694A966A1361

フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない
フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない

| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結させている |この記事のもくじ| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結さ ...

続きを見る

そしてこちらはフェラーリ296GT3。

31113978-2888-4959-A3EB-7D35D3C2316D

こちらはフロントバンパー内にドライビングランプがないタイプ。

D6C4CA57-B77B-4604-9E87-6D4F70C84C0C

「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力
「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力

| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |この記事のもくじ| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |そしてこの296 ...

続きを見る

フェラーリ・チャレンジ車両の数々。

08E8437F-B971-4A96-A4C6-13412C35CCED

そして驚かされるのがこのヒストリックレーシングカー、そしてF1マシンの展示。

4B96EF30-75F4-467C-98E9-30B72FCB245D

「F1クリエンティ」とウォールにあるので、これらはフェラーリの顧客が所有するF1マシンなのだと思われますが、とんでもない数が揃っており、ある意味ではフェラーリ博物館(ムゼオ・フェラーリ)よりも壮観ですね。

585767E4-6D68-43E2-B512-8D07E72E8C74

ヒストリックレーシングカーも相当数展示されており、文字通りフェラーリの歴史がここにある、といった感じですね。

309E3CA8-6CE2-4FA0-870B-ADB056D952FD

こちらはフェラーリ296GTBのオマージュ元、250LM。

2F41FF22-52B6-40F2-A1DC-988179DD05B6

とにかく会場はフェラーリ一色となっていて、車両を見て回るだけでもお腹いっぱいになること間違いなし。

5FE3B8F3-B398-4891-B0AB-8CE100ED2A74

フェラーリミュージアムにはこんな展示がなされている

そして担当さんはムゼオ・フェラーリにも行ってこられたとのことで、こちらもやはり貴重な画像をいただき、その一部を紹介したいと思います。

ちなみにこちらはフェラーリ本社の正門で、ムゼオ・フェラーリはその道路向かい、すぐ近くに位置します。

4F793338-A18D-4161-8150-AFA3AB7F3774

こちらはワンオフにて作られたフェラーリP80/C。

香港の顧客の要望によって制作されたサーキット走行専用モデルですが、フェラーリのワンオフモデルの中では「完成までにもっとも長い時間がかかった」モデルだとされていますね。

D4EEEFE6-C435-4348-B011-92959D00A7D2

「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力
「勝つためだけに設計され、フェラーリのレースの歴史に新たな1ページを刻む」296GT3登場!ノンハイブリッドV6ターボ、600馬力

| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |この記事のもくじ| 果たしてV6ツインターボがどれほどの戦闘力を発揮するのかはちょっとした見もの |そしてこの296 ...

続きを見る

288GTO、F40など歴代スペチアーレ。

37C9F1EF-B8C6-4242-AAE2-2254F1699745

FXX K EVO。

CC6A6221-C252-4C23-8EBF-86373AE5ADF0

歴代のF1マシンやトロフィーが飾られたホール。

ここはティフォジにとっては「聖域」のような場所かもしれません。

8B5BA726-EA10-46FF-8467-0665835384B8

フェラーリの歴史の変遷に・・・。

AF9FA9DA-B3E7-4C74-8CC3-B9EA582FDADF

エンブレムの変遷?

A17FEFDE-1355-494F-A7AD-48B2D963872E

フェラーリのモーターサイクル?

A8A68F7E-165B-45D4-9205-D25427F6D5BA

こちらはリニューアルしたフェラーリのレストラン、イル・カヴァリーノ(たぶん)。

2BFA8E81-F122-4D5D-95DC-60FEEEB3B767

ちなみにこちらはエンツォ・フェラーリの執務室を再現した展示ですが、この「大きな灰皿」はエンツォ・フェラーリの愛用品であったと言われていますね。。

ぼくが行ったときには1Fの売店にこの灰皿が売られていて、その際には購入しなかったものの、今度訪問した際には(タバコは吸わないけれど)いくつか購入してくる予定です。

0E539DAF-872E-4BAE-B786-586ECDD3F281

フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリの様子を収めた動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5