ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

コンセプト

アウディが新型A8について「グランドスフィア・コンセプトにかなり近いデザインになる」とコメント!実際にこのスタイルを実現できるかはちょっとした見もの

アウディが新型A8について「グランドスフィア・コンセプトにかなり近いデザインになる」とコメント!実際にこのスタイルを実現できるかはちょっとした見もの

| 新型A8が「エレクトリックのみ」になるのか、ガソリンも用意するのかでこのフォルムの再現度は大きく変わるだろう | そしておそらく、いくつかの「スフィア」は市販に移されることになりそうだ さて、アウ ...

アウディが「スフィアシリーズ最終章」、アクティブスフィアを公開!テーマはピックアップに変身するラグジュアリークーペ、インテリアではバーやARゴーグルも

アウディが「スフィアシリーズ最終章」、アクティブスフィアを公開!テーマはピックアップに変身するラグジュアリークーペ、インテリアではバーやARゴーグルも

| アクティブスフィアには実現が(法規上)不可能なものも見られるが、考え方としては面白い | そしてこれらのうちいくつかは、将来のアウディになんらかの形で反映されるものと思われる さて、アウディは「な ...

ポルシェが「356の75周年」を記念しヴィジョン357コンセプトを発表!過去と現在、そして未来を結びつけ、今後のポルシェに採用されるディティールも

ポルシェが「356の75周年」を記念しヴィジョン357コンセプトを発表!過去と現在、そして未来を結びつけ、今後のポルシェに採用されるディティールも

| 今年は356生産75周年、911登場60周年、ヴォルフガング・ポルシェの生誕80周年というポルシェにとって記念すべき年である | ボディカラーは当時流行した「デュアルカラー」を再現 さて、ポルシェ ...

ヒョンデがアイオニック5に「eコーナー」なるデバイスを装着しタンクターンやカニ歩きを披露!いったいどうやって操作するんだろうなコレ・・・【動画】

ヒョンデがアイオニック5に「eコーナー」なるデバイスを装着しタンクターンやカニ歩きを披露!いったいどうやって操作するんだろうなコレ・・・【動画】

| 通常のステアリングホイールでは操作が難しく、タイヤの回転方向をどう制御するのかにも課題が残る | 実際には専用の操作デバイスを使用するのがベターかも さて、ヒョンデのプロジェクトのひとつ、「ヒョン ...

トヨタが2021年/2022年にドライバータイトルを獲得したオジェ / ロバンペラ仕様のGRヤリスを公開!どうやら特別記念モデルとして発売されるようだ

トヨタが2021年/2022年にドライバータイトルを獲得したオジェ / ロバンペラ仕様のGRヤリスを公開!どうやら特別記念モデルとして発売されるようだ

| この特別仕様GRヤリスの内容は「現実的」なものが多く、このまま発売されると考えていいのかも | やはりGRヤリス、そしてGRブランドの価値を向上させるならばこういった特別モデルの存在は欠かせない ...

レクサスは今後オフローダーに傾注?「RXアウトドアコンセプト」「GXアウトドアコンセプト」などとともにオーバートレイル・プロジェクト発表

レクサスは今後オフローダーに傾注?「RXアウトドアコンセプト」「GXアウトドアコンセプト」などとともにオーバートレイル・プロジェクト発表

| たしかに北米だとレクサスはオフロードに特化したコンセプトカーを多数発表していたが | せめてこのボディカラーだけでもオプション設定してほしいものだ レクサスが「多様化するライフスタイルに対応する」 ...

BMWのデザイナー「今後我々は極限のシンプルさを目指し、時間の淘汰を受けないデザインを目指す。10年経っても古く見えない、そのようなデザインだ」

BMWのデザイナー「今後我々は極限のシンプルさを目指し、時間の淘汰を受けないデザインを目指す。10年経っても古く見えない、そのようなデザインだ」

| たしかにBMWの言うことは一理ある。今後BMWがそれをどうやって実現するのかを見届けたい | 2025年発表のノイエクラッセの革新性がどんなものか非常に気になる さて、BMWは2025年に新EVシ ...

ラムが人気の「エレクトリックトラック」へと殴り込み!「1500レボリューション」は自分の後ろを自動でついてくるドッグモードなど多彩な機能を満載

ラムが人気の「エレクトリックトラック」へと殴り込み!「1500レボリューション」は自分の後ろを自動でついてくるドッグモードなど多彩な機能を満載

| ラム1500 レボリューション BEV コンセプトは後発だけあって他社製品にはない特徴を多く備えている | さらにはEV専用設計のメリットを活かし、ガソリン車にできない多くの機能を持っている さて ...

BMWのCEOとデザイナー「もはや巨大ディスプレイは時代遅れ。10年以内に消滅する。我々は2025年発売のノイエクラッセにてそれらに引導を渡すだろう」

BMWのCEOとデザイナー「もはや巨大ディスプレイは時代遅れ。10年以内に消滅する。我々は2025年発売のノイエクラッセにてそれらに引導を渡すだろう」

| たしかにヘッドアップディスプレイのほうがコストが安く、シンプルで居心地の良いインテリアを実現でき、消費者にとっても嬉しいだろう | 自動車メーカーは「クルマのスマホ化」を目指してきたが、クルマとス ...

プジョーがまたケッタイなコンセプトカー「インセプション」発表!だがしかし、これに採用される技術のほとんどは2025年までに市販車に投入されるとのこと

プジョーがまたケッタイなコンセプトカー「インセプション」発表!だがしかし、これに採用される技術のほとんどは2025年までに市販車に投入されるとのこと

| フランスのコンセプトカーは常識的なクルマとはかけはなれたデザインを持つものが多い | 家具や建築物とのコラボなど、異業種にインスパイアされたものも さて、プジョーがラスベガスにて開催中の家電見本市 ...

BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用

BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用

| BMWはこれまでのiシリーズを見てもわかるとおり、強い「未来志向」を持つようだ | 今思えば、以前から先進的な操作系を取り入れるなど、常に新しいインターフェースを取り入れてきた さて、現在ラスベガ ...

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している | ソニーとホンダはうまく棲み分けを行いこのビジネスを進めてゆくようだ ソニーとホンダとの合弁会社、ソニー・ ...

スズキ・ジムニー

スズキは1月にインドでジムニーのピュアエレクトリック版を発表?ジムニー5ドアとあわせてオートエキスポに展示か

| スズキがそのサステナビリティを主張するとなるとジムニーの電動化が有効ではないかと考えられる | ただし全くジムニーとは異なるモデルをエレクトリック化するというウワサも さて、スズキはインドにて子会 ...

アーティストの考えたフェラーリSF90の後継モデル「SF100コンセプト」がカッコいい!実際にそろそろ後継モデルが登場しそう

| フェラーリSF100コンセプトの広いグラスエアリアは魅力的 | すでにSF90ストラダーレは受注終了、あとは後継モデルの発表を待つばかり さて、現在フェラーリにおけるフラッグシップはSF90ストラ ...

ヒョンデは未来的な「セブン・コンセプト」をアイオニック7として市販するもよう。アイオニック5のヒットがヒョンデのデザインをひっくり返してしまったな

ヒョンデは未来的な「セブン・コンセプト」をアイオニック7として市販するもよう。アイオニック5のヒットがヒョンデのデザインをひっくり返してしまったな

| アイオニック5登場以降、ヒョンデのデザインは「アイオニック5風に」 | このほかに同様の例としては「C4カクタス」がシトロエンの方向性を変えてしまったことも さて、韓国ヒョンデが「モントリオール( ...

シトロエンが「18分で限定台数の50台が完売した」アミ・バギーを追加で1,000台販売すると発表!せっかく手に入れた50人はちょっとかわいそうだな

シトロエンが「18分で限定台数の50台が完売した」アミ・バギーを追加で1,000台販売すると発表!せっかく手に入れた50人はちょっとかわいそうだな

| アミ・バギーを手に入れることができなかった人にとっては嬉しい話には違いないが | 追加の1,000台のアミ・バギーは最初の50台と仕様が変えられるとはいうが さて、シトロエンが今年6月に発売した「 ...

次世代マクラーレンはこんなクルマに?独立系デザイナーが「マクラーレン」コンセプト」公開。やっぱりマクラーレンはそろそろデザイン言語を入れ替えねば

次世代マクラーレンはこんなクルマに?独立系デザイナーが「マクラーレン」コンセプト」公開。やっぱりマクラーレンはそろそろデザイン言語を入れ替えねば

| マクラーレンはデザイン言語が大きく変わらず、しかもモデル間の類似性もずっと指摘されてきた | CEOが交代した今、そのデザインもやはり大きく変わる時期に来ている さて、カーデザイナーのヒューゴ・フ ...

アウディ・スカイスフィア・コンセプトを娘のためにフルウッドで作った父親あらわる!LED照明に電動開閉フードを備える豪華仕様には驚きしかない【動画】

アウディ・スカイスフィア・コンセプトを娘のためにフルウッドで作った父親あらわる!LED照明に電動開閉フードを備える豪華仕様には驚きしかない【動画】

| 外装はもちろんその内装の再現度にはただただびっくり | 制作にかかったのは2ヶ月半 さて、なんでもウッドで作ってしまうユーチューバー、NDウッドワーキング・アート氏。これまでにもランボルギーニやメ ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5