ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

復活

2015年に倒産した伝説のカロッツェリア「ベルトーネ」華麗に復活!新型スーパーカーのティーザー画像を公開し、かつての名車「カラーボ」復活を示唆

2015年に倒産した伝説のカロッツェリア「ベルトーネ」華麗に復活!新型スーパーカーのティーザー画像を公開し、かつての名車「カラーボ」復活を示唆

| おそらくベースは(ドアミラー等から判断して)ランボルギーニ・ウラカンだ | もともとベルトーネはランボルギーニと関係が非常に深い さて、イタリアにかつて存在し、その後2015年に消滅してしまったベ ...

「まいった だんだん話がわからなくなってきた」。全然別の会社から全然別の「デロリアン」が出てきたぞ!ただし初代デロリアン創業者の娘が興したもよう

「まいった だんだん話がわからなくなってきた」。全然別の会社から全然別の「デロリアン」が出てきたぞ!ただし初代デロリアン創業者の娘が興したもよう

2022/10/29    , , ,

| まだまだ第三、第四のデロリアンが出てくるかもしれない | 40年近くもデロリアンが復活しなかったのに、ここ数年で何社も出てきたな さて、ほんの数ヶ月前に「新型デロリアン発表」というニュースを聞いた ...

ミニ・モーク完全復活!EVとして英国に続いてアメリカでも販売開始、日本でも新車で買えることを期待したい

ミニ・モーク完全復活!EVとして英国に続いてアメリカでも販売開始、日本でも新車で買えることを期待したい

2022/10/20    , , , ,

| もともとミニ・モークは軍用として企画されたが、結果的に正反対のリゾート地で使用されることが大半だったという | 日本への導入にも期待したい さて、昨年欧州にて復活した「ミニ・モーク」。これはモーク ...

ルノーが「4(キャトル)」のリバイバル、4EVERコンセプトを公開!49年前に開始された4Lトロフィーへのオマージュ。最近はフランス車が元気だな

ルノーが「4(キャトル)」のリバイバル、4EVERコンセプトを公開!49年前に開始された4Lトロフィーへのオマージュ。最近はフランス車が元気だな

| 現代版ルノー4はクロスオーバーへ、そして未来的なデザインも | どこまで市販モデルにこのデザインが盛り込まれるのかは興味のあるところ さて、ルノーが予告どおりに「ルノー 4(キャトル)」のリバイバ ...

ルノーが新型4(キャトル)のティーザー画像を公開!ちょっとワイルドでキュートなSUVとなって登場しそう。なお当然ながらEVだ

ルノーが新型4(キャトル)のティーザー画像を公開!ちょっとワイルドでキュートなSUVとなって登場しそう。最近のフランス車の元気の良さには驚かされる

2022/10/5    , , ,

| 新型ルノー4はもちろんEVで復活 | 今のところ発売時期などはわからないが、様々な事情を考慮するに2年ほどは先になりそう さて、ルノーは「4(キャトル)」そして「5(サンク)」を復活させる計画を公 ...

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

| おそらくホンダはこれまで「世界中の各法人」に与えていた権限を本社に集約させているようだ | この流れからすると、新型NSXがあるとすれば日本企画となるのかも さて、ホンダは「NSX Type S」 ...

トヨタが新型MR2の発売を計画?豪州トヨタ法人が「MR2の新しいエアコン」のサービスマニュアルをアップして話題に。ただしこれはGRヘリテージパーツかも

トヨタが新型MR2の発売を計画?豪州トヨタ法人が「MR2の新しいエアコン」のサービスマニュアルをアップして話題に。ただしこれはGRヘリテージパーツかも

| トヨタがMR2を見捨てるとは思わないが、新型が登場するにしても「ピュアエレクトリック」となるだろう | そしてEUの「ガソリン車デッドライン」が決まったいま、トヨタはスポーツカーのラインアップ再考 ...

ちょっとコレジャナイ?41年の時を経て新型デロリアン登場!EV+4シーター、しかしガルウイングドアに特徴的なディティールはしっかり継承

コレジャナイ?41年の時を経て新型デロリアン「アルファ5」登場!EV+4シーター、しかしガルウイングドアに特徴的なディティールはしっかり継承

| 新型デロリアンを発表したのは、初代デロリアンの設備を買い取った二代目デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)」 | このほかにもクーペ、サルーン、SUVの発表を計画しているようだ さて、しばらく ...

VWが米国市場にてジープのライバルとして知られた「スカウト」をピュアEVにて復活させトラックとSUVを発売すると発表!面白いことになりそうだ

VWが米国市場にてジープのライバルとして知られた「スカウト」をピュアEVにて復活させトラックとSUVを発売すると発表!面白いことになりそうだ

| どこもインターナショナル・ハーヴェスター・スカウト」を買収していなかったことにむしろ驚き | たしかにフォルクスワーゲンが「トラックを発売」というウワサはあったが さて、フォルクスワーゲンはつい先 ...

【動画】新生デ・トマソ第一弾、「P72」がスイスの氷上を走る!イタリアンデザインにアメリカンエンジンという伝統を守り、この上なく刺激的な一台に

【動画】新生デ・トマソ第一弾、「P72」がスイスの氷上を走る!イタリアンデザインにアメリカンエンジンという伝統を守り、この上なく刺激的な一台に

| ここまで歴史を忠実にトレースした「リブート」ブランドも珍しい | 製造はアポロ・インテンサ・エモツィオーネで実績のある香港ITV さて、2年前にブランドの復活が発表されたデ・トマソ。これは香港の会 ...

新型デロリアンの発表は8月21日!EVそして高級化、おそらくは1360馬力のスーパースペックが与えられそう

新型デロリアンの発表は8月21日!EVそして高級化、おそらくは1360馬力のスーパースペックが与えられそう

| デザインはオリジナルのデロリアンを手掛けたイタルデザイン、製造はおそらくデロリアン・モーターカンパニー | 現在のところ新型デロリアンの価格や注文方法、納車時期については一切不明 さて、2週間ほど ...

VWのCEOが「ビートル復活の可能性は高い」とコメント!ファンとのオンライン交流イベントにてその質問に答える

VWのCEOが「ビートル復活の可能性は高い」とコメント!ファンとのオンライン交流イベントにてその質問に答える

| むしろなぜ真っ先にビートルをEVで復活させなかったのかは謎だが、よく考えるといろいろな課題もあるようだ | ただし時間がたてばたつほど復活が難しくなるのかも さて、フォルクスワーゲンCEO、ヘルベ ...

ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開

ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開

| エスプリの噂は過去になんども出ているがいまだ実現はしていない | エスプリほど復活が待ち望まれるロータスのスポーツカーも他にないだろう さて、ロータスが「ブリティッシュボルト社と、電気自動車の新技 ...

新生デ・トマソがニュル近郊に工場を建設し、ポルシェ919等の開発に参加したカプリコーンの協力を得て新型車「P72」の開発・生産を行うと発表

新生デ・トマソがニュル近郊に工場を建設し、ポルシェ919等の開発に参加したカプリコーンの協力を得て新型車「P72」の開発・生産を行うと発表

| 新生デ・トマソの親会社はアポロ・インテンサ・エモツィオーネをリリースした香港のITV | これまでの例から見て、デ・トマソP72の実現性は高そうだ さて、2019年にグッドウッド・フェスティバル・ ...

またまたスパイカーが倒産から復活!2022年からは新組織にてスタートし、B6、D8、C12という以前から計画されていたスポーツカー/SUVの生産を開始すると発表

またまたスパイカーが倒産から復活!2022年からは新組織にてスタートし、B6、D8、C12という以前から計画されていたスポーツカー/SUVの生産を開始すると発表

2022/1/1    , , , , ,

| ただしスパイカーは2006年から「ニューモデルを生産」といい続けるもいまだ実現していない | 今回こそは「本当に蘇る」と信じたいが さて、何度か不死鳥のように蘇りつつもついにその命運が尽き、202 ...

もし三菱がランサーエボリューションを復活させたら?ボクが「スポーツカーは売れないが、会社のイメージを変え、全体の販売を向上させるのに重要」だと考えるワケ

もし三菱がランサーエボリューションを復活させたら?ボクが「スポーツカーは売れないが、会社のイメージを変え、全体の販売を向上させるのに重要」だと考えるワケ

| ロシアより新型ランエボの「復活希望」レンダリング。このまま発売されてもおかしくはなさそう | スポーツカーはやはり企業の広告塔としての役割も担っている さて、三菱は今年5月に「ラリーアートの復活と ...

アルファロメオ

アルファロメオはピュアEV時代になっても「クアドリフォリオ」を継続の意向。なお「スパイダー」の復活含め、やはりドライバーズカーへと舵を切るようだ

| アルファロメオは再ブランディングに際し、過去の華やかりしモータースポーツでの栄光を活用するものと思われる | 歴史のある自動車メーカーにとってはこの方法がもっとも効率が良いのかもしれない さて、ア ...

三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる

三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる

| まさか新生ラリーアートがこれだけで終わるはずはないと思うが | たしかにタイではこういったアクセサリーが好まれるとはいうが さて、三菱は今年5月にラリーアート(RALLIART)の復活そしてモータ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5