セダン

ホンダが新型シビックに「Si」を設定!米国で発表間近、4ドアセダンをベースにリアにはスポイラーも

ホンダが新型シビックに「Si」を設定!米国で発表間近、4ドアセダンをベースにリアにはスポイラーも

| 米国では意外とハッチバックよりもセダンのほうが人気があるのかもしれない | 日本だとセダン=オッサンのイメージしかないが | さて、ホンダの米国法人は現地時間の10月19日(日本だとおそらく20日 ...

メルセデス・ベンツがミッドサイズEV「EQEセダン」発表!EQSセダン似のルックスながらスポーティーなルックスによって差別化

【動画】メルセデス・ベンツがミッドサイズEV「EQEセダン」発表!EQSセダン似のルックスながらスポーティーなルックスによって差別化

| メルセデス・ベンツはミュンヘンにて一気にエレクトリックモデルを発表してきた | メルセデス・ベンツEQWセダンの出力は277PS、航続可能距離は660km さて、メルセデス・ベンツがピュアエレクト ...

えっ?マセラティ・クワトロポルテと日産車が共通したデザインを持っている?デザイナーがその類似性を検証

【動画】えっ?マセラティ・クワトロポルテと日産車が共通したデザインを持っている?デザイナーがその類似性を検証

| 現代ではデザイン手法があるていど固まっており、かつ法規制等を考慮するとどうしても似たようなデザインになる傾向も | とくにサルーン、SUVではその傾向が強いようだ さて、カーデザイナーそしてユーチ ...

まさかの「インテグラ」復活!ホンダが正式にアキュラブランドからの投入を発表。日本でも発売してくれないものか

ホンダ(アキュラ)「今は新型インテグラのドアの枚数も、ボディ形状も教えられない」。ただしこれが4ドアクーペだろうとボクが思うワケ

| アメリカ、そして中国のトレンドを考慮するに、「4ドアクーペ」以外には考えられない | 加えて、現在アキュラは「クーペ風セダン」を持っていない さて、米国アキュラは「インテグラを復活させる」と発表し ...

アウディRS3

【動画】アウディRS3セダンが「コンパクトカーのニュル最速記録」樹立!これまでのタイムを5秒も短縮し圧倒的王座に

| 記録の達成に貢献したのはアクティブデフ「RSトルクスプリッター」 | ハッチバック(スポーツバック)ではなくセダンを用いたのは重心の問題? さて、ニュルブルクリンクには様々な「最速」が存在し、クル ...

シボレー・カマロ

さよならシボレー・カマロ・・・。2024年に販売が一旦終了され、その後にエレクトリックセダンとして生まれ変わるらしい。どう考えてもマッハEのようにSUV化すべき

| そもそも、現行カマロの方向性すら「誤った」のかもしれない | 現行カマロは、マスタングやチャージャーの人気を鑑み、ネオレトロを継続すべきだった さて、Automotive Newsによると、次期カ ...

アウディRS3

アウディが新型RS3を発表!フロントは「ほぼグリル」な攻撃的デザイン、オプション装着で最高速は290km/hというクラス最速スペックが与えられることに

| その代わり新型RS3の価格は欧州で775万円〜と安くはない | グロスブラックの他、マットシルバーやカーボンアクセントも選択可能 アウディが「RSモデルのエントリー版」、RS3を発表。そしてエント ...

コンセプトは「爽快シビック」!ぐっとスポーティになった新型ホンダ・シビック「ハッチバック」が発表

| 同じシビックでも、セダンとは大きくその印象が異なるようだ | とくにリアセクションのスポーティーさはセダンとは別次元 さて、ホンダが予告通り新型シビック「ハッチバック」を公開。シビックはグローバル ...

BMW M5CSがニュルを7分29秒で周回

【動画】BMW M5CSがニュルを7分29秒で周回!M8コンペティションよりも3秒速く、AMG GT63Sに続く「ニュルで2番めに速いセダン」の座を獲得

| 走行中にはジャンプの衝撃でグローブボックスが開くというトラブルも | メルセデスAMG GT 63Sまでには「あと7秒」。ただし今回のタイムはBMWではなくメディアによるチャレンジ BMWは今年1 ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

ランボルギーニの発表した新計画では「第四のモデル、そして初のピュアエレクトリックモデルを発売」。このニューモデルはスーパースポーツ?SUV?サルーン?それともGT?

| ランボルギーニのニューモデルのウワサはこれまでにも多数出ているが | いずれのウワサも「いかにもありそう」な背景を持っているが さて、先日ランボルギーニは新しいロードマップを発表しており、これによ ...

ポルシェのクロスオーバー風セダンコンセプト

「タイカンの後継モデル」はこうなる?カーデザイナーがポルシェ・ザ・ネクスト・セダンを発表。EV時代ならではの「車高の高いセダン」

| EV時代には今の自動車のようなボディ形状の分類は無意味になるのかもしれない | エレクトリックモーターの強大なトルクはこれまでにない大きなタイヤを回せるようになりそうだ さて、アートセンター・カレ ...

ホンダ・シビック・セダンの詳細が画像とともに公開

ホンダ・シビック・セダンの詳細が画像とともに公開!全体をファインチューン、「数字の追求ではなく人のためのデザイン」を行ったというが、フィット、ヴェゼル同様にやっぱり「弱い」ような気がする

| おそらくはさほど時間がたたないうちにフェイスリフトを行い、アグレッシブなデザインに変更させることになりそうだ | さて、これまで情報がチョコチョコと小出しにされてきたフルモデルチェンジ版新型ホンダ ...

紅旗Lコンセプト

中国の最高級ブランド「紅旗」より、フラッグシップを予告する「Lコンセプト」が発表に!LEDが眩しくて目が潰れそうだ・・・。

| ここへ来て、紅旗のデザインは急激に高いオリジナリティを持つに至ったようだ | さて、中国でもっとも高級とされる自動車ブランド「紅旗(Hong qi=ホンチー)」。日本にも導入が決定したと報道されて ...

中国にて12台が玉突き事故

【動画】どうしてこうなった!中国にて「12台が延々とまっすぐに」突っ込んでしまった奇妙な玉突き事故が発生

| なぜどのクルマもステアリングホイールを切っていないのかが謎 | さて、中国は南京にて発生した「玉突き事故」が奇妙だと話題に。詳しい状況は不明ではあるものの、見たところ高速道路のパーキングエリア内で ...

トヨタは北米にて究極のオラ顔セダン、「アバロンTRD」を販売していた

フロントバンパーを正面から見るとほとんどの面積がグリル!トヨタは北米にて究極のオラ顔セダン、「アバロンTRD」を販売していた!

| ただしその大部分が閉じているよう(ダミー)に見えなくもない | さて、トヨタの主力セダンのひとつ、「アバロン」。その主戦場は北米であり、残念ながら日本では販売されていないものの、現地での評価は高く ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニ「これからは加速や最高速ではなく、ハンドリングがトッププライオリティだ」。たしかに技術の進歩やEV登場によって「加速」「最高速」はスーパーカーでなくても高いレベルで実現可能に

| スーパーカーはどんどんその優位性を奪われていっていると考えていい | さて今回、ランボルギーニのアジア・パシフィック地域を統括するフランチェスコ・スカルダオーニ氏が、メディアに対しちょっと興味深い ...

新型ホンダ・シビックの生産モデル画像が中国経由でリーク

新型ホンダ・シビックの生産モデル画像が中国経由でリーク!最近最も「お漏らし」するのは中国メディアらしい・・・。

| リークされた画像と、シビック・セダン「プロトタイプ」との差異は非常に小さい | さて、すでに「プロトタイプ」が発表され、実際の生産モデルの発表そして量産までが秒読み体勢だと思われる新型ホンダ・シビ ...

新型メルセデス・ベンツCクラス発表

新型メルセデス・ベンツCクラス発表!Sクラス譲りの内外装が与えられ、しかし「ドライバー寄り」へとフォーカスしているようだ

| メルセデス・ベンツにとって「Cクラスだけは」絶対に外すことができない | さて、メルセデス・ベンツが待望のフルモデルチェンジ版「新型Cクラス」を発表。Cクラスは1982年の登場以来1000万台以上 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5