ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

リバイバル

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

| 初代シトロエン2CVは1949年に発売され、1990年まで生産されるロングセラーだった | シトロエンが今、2CVをリバイバルさせない理由はないように思える CGデザイナー、デハーン・フリストフ氏 ...

ゼニスが1971年の名機をイメージした「CHRONOMASTER REVIVAL エル・プリメロ A3818 エアウェイト カバーガール」を発売!コンパクトでチタン製、その重量はわずか78.2g

ゼニスが1971年の名機をイメージした「CHRONOMASTER REVIVAL エル・プリメロ A3818 エアウェイト カバーガール」を発売!コンパクトでチタン製、その重量はわずか78.2g

| ゼニス「クロノマスター・リバイバル」にはけっこう惹かれているが、今まで買えずに過ごしている | どこかで一本、限定モデルを手に入れたいと考えているが さて、ゼニスが世界限定250本、116万600 ...

フォード・ブロンコ

フォード「これからは過去の名車のリバイバルに注力するかも」。中国車や韓国車が競争力をつける中、その歴史を武器にして「ストーリー」を重視したブランディングへ

| フォードだけではなく、スーパーカー/ハイパーカー市場もまた、新興勢力の脅威にさらされている | エレクトリック時代になると、さらに中国のメーカーがそのポジションを上げてきそうだ フォードによると、 ...

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

| アルファロメオはなぜ今に至るまで「レトロ路線」を採用しないのか | 一部デザイナーは「レトロ」なデザインに頼ることについてプライドが許さないらしい カーデザイナー、ギルヘルム・アラウージョ氏が20 ...

次はゼニスでも狙ってみるか・・・!クロノマスター・リバイバル・サファリの実物はとんでもなく格好良かった件

次はゼニスでも狙ってみるか・・・!クロノマスター・リバイバル・サファリの実物はとんでもなく格好良かった件

| やはり腕時計は実物を見て、試着してみないと正確な判断ができない | 正直、ボクはこれまでゼニスの腕時計を買おうと思ったことはなかったが さて、先日はドレスウォッチを買おうかと思っていくつかの腕時計 ...

ルノー5ターボ

ルノーが過去の人気モデル名「4」「5」を復活?ヒット作のリバイバルは「有名な原作を映画化」と同じでリスクが少ないことに着目か

2021/1/13    , , ,

| エレクトリック”5ターボ”に期待したい | さて、ルノーが「4(キャトル)」や「5(サンク)」といったビッグネームを蘇らせるのでは?という報道。ただし「EVにて」という条件がつくようですが、ルノー ...

ルノーの大ヒットモデル「5(サンク)」が現代にEVとして蘇ったら!今こそルノーは5をリバイバルすべきだ

| 「5」の名がこのまま歴史に埋もれてしまうのはあまりに惜しい | さて、欧州自動車メーカーにおけるハッチバックの名作と言える「ルノー5(サンク)」。初代は1972年に登場し、その後1984年に二台目 ...

最近にわかに活性化している「ランボルギーニ・カウンタックの現代版レンダリング」。オリジナルに忠実なものから独自発想まで三連発

ランボルギーニ・カウンタックの魂は現代のV12モデルにも引き継がれている Lambocarsにて公開された、「ランボルギーニ・カウンタックの現代版」特集。これはMike Mills氏、Aadil Ha ...

ランボルギーニ・カウンタック再び!デザイナーが「カウンタック2018コンセプト」公開、実現に向けて活動中

| カウンタックが現代に蘇るとこうなる | CGアーティスト、 Jimmy Nahlous氏が「ランボルギーニ・カウンタックが現代に蘇ったら」というレンダリングを作成。 ランボルギーニ・カウンタックは ...

当時の製造方法で蘇ると言われたACコブラ追加情報。エンジンはV8/6.2L、出力は最高で550馬力

2016/11/17    , , ,

当時(1962年)の製造設備や工具を用いてACカーズがコブラを生産すると発表がずっと前にありましたが、いよいよ来年に生産が始まる模様。 25年ルールや少量生産者は衝突安全試験、各種規制を免除されること ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5