三菱

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティー ...

三菱「パジェロスポーツ」発表!ダイナミックシールドが強調され、内外装とも高級に。世界90各国で販売されるも日本では?

| かの地では、アウトドア派はトラックに乗り、屋根付き4WDはシティ派が乗るようだ | 三菱が予告どおり、「パジェロ・スポーツ」を発表。発表されたのは実際にこのクルマの製造を行うタイにおいてですが、こ ...

三菱がアウディTT/A7のデザイナー獲得!三菱の欧州拠点にて未来のデザインを変革してゆく予定

| 今後の三菱には期待が持てる | このところデザイナーの退任や移籍が相次ぐ自動車業界。ちょっと前にはヒュンダイがランボルギーニやブガッティのデザイナーを大量に獲得していますが、最近だとロールスロイス ...

ランエボ出すならまずベースモデルの「ランサー」が必要だ。「新型ランサー」予想レンダリングが登場

| 時期ランサーはルノー・メガーヌの兄弟車として登場する可能性も | 先日、三菱関係筋の話として「ランサーエボリューションが復活する」という話が出てきましたが、よく考えると現在三菱には「ランエボのベー ...

【動画】リアル「ワイルド・スピード」。日本車はじめ、アメリカ西海岸でのカスタムカーイベントに集まったクルマたちを見てみよう

| どのクルマもコストのかけかたがハンパない | チューニング/カスタムの性質は国によってけっこう異なり、たとえばアメリカ(とくに西海岸)だとオーバーフェンダーやローダウン、派手なグラフィックやカラー ...

三菱が新型「パジェロスポーツ」を7月25日に公開すると発表!新型パジェロと思いきや・・・

| パジェロスポーツは「パジェロ」とは別モデル。日本でも”チャレンジャー”の名で販売されていた | 先日、日本国内での販売終了が宣言されたパジェロ。ただ国内でのライフが尽きたとはいえど、海外ではその販 ...

【三菱コンセプトRA(2008)】2ドア、そして未来のランエボ。もしこのクルマが発売されていたら、スポーツカー市場を根本から覆していただろう

| ある意味で、このクルマは「先を行き過ぎていた | 三菱が2008年にデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show=NAIAS)で発表した ...

三菱がパジェロの生産を2019年8月に終了、と発表。お求めやすい価格設定の「パジェロFINAL EDITION(4,530,600円)が700台限定で発売に

またひとつビッグネームが消滅 三菱「パジェロ」はひとつの時代を築いた名車ではありますが、ついに日本国内においてその販売が2019年8月をもって終了することに。三菱はパジェロの有終の美を飾る限定車として ...

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ ...

2019年にアメリカの「25年ルール」で輸出可能となるのはこの車!セリカGT-Four、GT-R V-Spec Ⅱなど7選

| すでに高値になってしまったクルマがさらに高値となる可能性も | アメリカには「25年ルール」というものがあり、これは「アメリカで新車販売されなかったクルマは、その後25年間アメリカに輸入はできない ...

新型三菱デリカD:5のグレード、ボディカラー、オプションはこうなっている

2018/11/22    , , ,

| 新型三菱デリカD:5はゴージャスにも、今までどおり「オフ車っぽい」カスタムでもOK | さて、衝撃的なルックスで登場した新型三菱デリカD:5。 標準仕様に加えて都市型モデル「アーバンギア(URBA ...

新型三菱デリカD:5発進!未来的&イカツいルックスでアルファード/ヴェルファイアを追撃

| デリカD:5が12年ぶりのビッグマイナーチェンジ、価格は385万円~425万円 | 三菱がロングセラーモデル、「デリカD:5」の新型を発表。 基本構造はそのままに大きく外観を変える「ビッグマイナー ...

「浪人」仕様にカスタムされた三菱ランサーが登場。室内は和風、サイドブレーキは「刀の柄」

| なぜか浪人をイメージしたランサー登場 | ブルガリアのチューナー、Vilnerが2011年製ランサー・ラリーアートをベースに内外装をカスタムし、「三菱オールロード・ローニン(Mitsubishi ...

三菱「エボリューション復活もありうる」。日産傘下で「エボ」をフル活用する意向?

| 三菱が”エボ”復活を匂わせる | 三菱UKの役員、ランス・ブラッドレー氏がメディアに語ったところによると、「エボリューション」の名称が復活する可能性がある、とのこと。 現時点では具体的な話はないと ...

【動画】こんな車もあった。バブル期ならではの「AMGがチューンした」いかつい三菱ギャラン

| 以前、AMGはメルセデス・ベンツとは別の会社だった | 1991年製の三菱AMGギャランの動画レビューが公開に。 「え?三菱がAMG?」という人も多いと思われるものの、現在メルセデス・ベンツ傘下に ...

三菱がe-EVOLUTIONコンセプト公開。「オフロード」「4WD」という三菱のヘリテージを進化させたEV

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT発表。三菱のヘリテージを踏襲し、未来を示すEV 三菱が先日から予告を行っていた、「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEP ...

まさに珍事。新車で購入したランエボのエンジンから異音→エンジンを開けたら工具が出てきた

三菱ランサー・エボリューションのオーナーさんがメンテナンスのためにエンジンを分解したところ、なんと(レンチの)ソケットが出てきた、という珍事。 このオーナー(クリスさん)は2006年の新車時からこのラ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5