DBX

アストンマーティンは最後の手段に訴える?発売したばかりのDBX、ヴァンテージを米にて大幅値下げ

| 値下げは即効性があるがブランド価値を大きく損ない、回復させるのが難しい | アストンマーティンが北米において2021年モデルのDBX、そしてヴァンテージ(クーペ/ロードスター)の価格を大幅値下げ、 ...

【動画】アストンマーティンDBXは思いのほか速かった!300万円以上高価、そして100馬力も出力が高いランボルギーニ・ウルスに食い下がる

| おまけにスタイリッシュで豪華とくれば”売れないわけがない” | アストンマーティンはついに待望のSUV、DBXのデリバリーを開始していますが、そこで登場するのが様々なレビュー動画。これまでにも何本 ...

限定99台、当時は即完売したアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートが競売にて「新車価格のわずか半分」までしか上がらず流札。いったいなぜ?

| 現在の「完売」はもはや実需を表しておらず”バブル”と言っていい | アストンマーティンは2017年にヴァンキッシュをベースに「ヴァンキッシュ・ザガート・クーペ」「ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォラン ...

アストンマーティンの救世主なるか?新型SUV「DBX」の生産開始!その価格は2300万円、割高感はあるがゴージャスさ、エレガントさは大きな魅力

| タイミングとしては「やや遅かった」がまだ挽回は可能 | さて、アストンマーティン期待の新星、DBXの本生産がついにスタート。いうまでもなくこれはアストンマーティン初のSUVとなりますが、この生産の ...

どうしてこうなった・・・!アストンマーティンの売り上げが1/3に、そして6.6億もの資金を得たのに1.5億の赤字。自動車会社の経営は難しい

| まさかここまでアストンマーティンが苦境に陥るとは想像していなかった | アストンマーティンが2020年第一四半期に1億4600万ドルもの損失を出した、との報道。アストンマーティンはつい先頃、レーシ ...

アストンマーティンが既存モデルのV8を新開発のV6ハイブリッドへ入れ替えると明言。DBX、DB11、ヴァンテージが対象となり、旧エンジン搭載モデルは中古市場で価値下落も

| アストンマーティンはいつも大胆な選択を行う | アストンマーティンは現在、「ツインターボV6エンジン+ハイブリッド」を開発中と伝えられますが、その完成後には(現在使用している)メルセデスAMG製の ...

なんでこんなことに・・・。富豪から700億超の出資を得るもアストンマーティンの資金が「1年以内に尽きる」可能性大。DBXが売れなければまたしても倒産か?

| アストンマーティンはなんとしてもDBXを成功させなければならない | アストンマーティンはカナダの富豪にしてレーシングポイントF1チームのオーナーでもあるローレンス・ストロール氏の出資を受け入れて ...

アストンマーティンDBXのプロトタイプ展示を見てきた!カモフラージュカーはなかなか見る機会がないだけに新鮮

| あちこちに見られる「プロトタイプらしさ」がまた魅力 | さて、アストンマーティン大阪さんに2日のみ限定で展示された、「アストンマーティンDBXカモフラージュカー」。つまりは開発時に使用したクルマと ...

アストンマーティンが「カスタム内容に制限がない限定モデル」DBX by Qを発表。招待された人のみが自分仕様を作ることができるスペシャルモデル

| 制限があるとすれば、それは予算とイマジネーションの限界 | アストンマーティンがそのSUV「DBX」に初の特別仕様車、”DBX by Q”を発表。このDBX by Qの面白いところは「仕様が決まっ ...

どうしてこうなった!2019年のアストンマーティンの利益が前年比「半分」に。”自動車業界最速”で成長したアストンに何が起きたのか

| 2019年はちょっとした「谷」だと考えられるが、経営者としてはその「谷」を作るべきではなかった | アストンマーティンが2019年の成績を発表し、「非常に残念な年になった」とコメント。簡単に言うと ...

アストンマーティンDBXを見てきた!あまりに美しく、あまりに力強く、あまりにエレガントなSUV。相変わらずアストンは「写真映りの悪さ」で損をしているようだ

| 現時点で「最後発SUV」、そして富裕層相手の商売に慣れているアストンマーティンならではの差別化要素、魅力が詰まっている | さて、アストンマーティンDBXを見にアストンマーティン神戸ショールームへ ...

販売減少が続くアストンマーティンの救世主なるか?「DBXは4,000〜5,000台の販売を見込み、カイエンやレンジローバーのシェアを食うだろう」

| DBXは期せずして会社の命運を左右するクルマに | アストンマーティンは106年の歴史上で「初」となるSUV”DBX”を発表したばかりですが、このDBXについては(アストンマーティンの)低迷する販 ...

フェラーリ「女性受けを狙ってスポーツカーをデザインすることは間違っている。スポーツカーを好む人々に女性も男性も関係ない」

| 男性は「女性は、女性らしいデザインを好む」というステレオタイプな思い込みをする場合も | フェラーリが「スポーツカーを女性のためにデザインするのは間違っている」とコメント。これはフェラーリのマーケ ...

ランボルギーニは2019年に前年比+40%の8,200台をすでに販売。当面は年間8,500台を維持し、その後に「新型車追加」で10,000台の販売を目指す

| ランボルギーニが「第四のモデル」を発売するのはもはや既定路線 | ランボルギーニが、2019年にはおよそ8,200台を販売した、と発表(正式な台数は年明けに発表されると思われる)。これは昨年の5, ...

アストンマーティンがDBXのコンフィギュレーター公開。ボディカラーだけで60色、途中で選ぶのが嫌になるほどオプションの山があるぞ

| ペットやハンティング、ピクニックのためのオプションも満載 | アストンマーティンが、そのニューモデル「DBX」のカーコンフィギュレーターをオープン。DBXはアストンマーティンにとって「初」のSUV ...

アストンマーティンがブランド初となるSUV、”DBX”を発表。「ディナーにエスコートする女性のドレスの裾が汚れない」配慮もなされたゴージャスなクロスオーバー

| アストンマーティンはほかメーカーとは異なる路線でSUVセグメントへと参入してきたようだ | アストンマーティンがついに「ブランド初のSUV/クロスオーバー」、DBXを発表。これまでにもスパイフォト ...

11月20日に発表に備えよ!アストンマーティンが新型SUV「DBX」のライティングを見せる最新ティーザー動画を公開

| フロントには新デザイン、リアにはヴァンテージ風のグラフィック | アストンマーティンが、11月20日に発表する新型SUV「DBX」の最新ティーザー動画を公開。今回は夜間を走行する様子、そしてそのラ ...

アストンマーティンが新型車「DBX」の内装画像を公開し、日本での価格は22,995,000円になると発表!ベンテイガV8よりも高価、ランボルギーニ・ウルスよりも安価

| センターコンソールは収納たくさん、1.5Lペットボトルも収納できる | アストンマーティンがその新型クロスオーバー、「DBX」について、11月20日に北京にて発表するということ、北米向けの価格が1 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5