ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ミウラ

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニ「カウンタックLPI800-4のようなレトロモデルを二度と発売しない」。各社がリバイバルを行う中であえてやらないその理由とは?

| ランボルギーニは過去を再現することで”歴史上の聖域”には踏み込みたくない | そしてこれは「ミウラのリバイバル」の道が絶たれことを意味する さて、ランボルギーニは伝説の「カウンタック」後継モデルで ...

ランボルギーニは60周年を迎える今年になんらかの「特別記念モデル」を発表?現段階ではウワサすらなく、しかし創業日の5月7日には何かがあると考える

ランボルギーニは60周年を迎える今年になんらかの「特別記念モデル」を発表?現段階ではウワサすらなく、しかし創業日の5月7日には何かがあると考える

| この節目にランボルギーニが「何もしない」とは(商業的、ブランディング的に)考えにくい | これまではカウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴ、アヴェンタドールに「周年記念モデル」が設定されている さ ...

ランボルギーニが自社博物館を「再々」リニューアル!今回の改装は規模が大きく、60周年を迎えるに当たり過去を総括、そして未来へと向かう準備を行う

ランボルギーニが自社博物館を「再々」リニューアル!今回の改装は規模が大きく、60周年を迎えるに当たり過去を総括、そして未来へと向かう準備を行う

| ランボルギーニは2020年にも博物館をリニューアルしたばかりではあるが | 展示企画第一弾は「過去の60年の歴史の偉大さを物語る」 さて、ランボルギーニが本社併設の博物館をリニューアルした、と発表 ...

ランボルギーニが新型V12モデル発表を前に過去のV12エンジンを振り返る!この59年にに使用されたV12エンジンはわずか「2世代」、しかし中身は大きく進化していた

ランボルギーニが新型V12モデル発表を前に過去のV12エンジンを振り返る!この59年にに使用されたV12エンジンはわずか「2世代」、しかし中身は大きく進化していた

| ランボルギーニのV12モデルはもともと「モータースポーツ用」として設計されていた | しかしどういった理由からかモータースポーツには参戦せず、市販モデルに搭載される さて、ランボルギーニは1963 ...

「改良版ミウラ」、1969年製ランボルギーニ・ミウラP400Sが競売に登場!元ランボルギーニのテストドライバーの協力を得て当時のコンディションへと復元

「改良版ミウラ」、1969年製ランボルギーニ・ミウラP400Sが競売に登場!元ランボルギーニのテストドライバーの協力を得て当時のコンディションへと復元

| ボディカラーは「ロッソ・ミウラ」、これまでに2度のレストアを受ける | 最後のレストアに協力したのはかのバレンチノ・バルボーニ さて、2月にパリにてRMサザビーズが開催するオークションにランボルギ ...

こんなランボルギーニ・ミウラが存在したとは・・・!日本で「イオタスペック」へとコンバートされた謎多きミウラSが競売に登場

こんなランボルギーニ・ミウラが存在したとは・・・!日本で「イオタスペック」へとコンバートされた謎多きミウラSが競売に登場

| ランボルギーニ・ミウラにはまだまだ「知られざる個体」が潜んでいるのかも | このミウラは日本でおよそ30年過ごした後にヨーロッパへ さて、ランボルギーニ・ミウラがスーパーカーの新しいベンチマークを ...

「ミウラ」「カウンタック」をデザインしたベルトーネが華麗に復活!創立110周年を記念しハイパーカー「GB110」を発表、出力は1,100馬力、廃棄物からの再生燃料も使用可能

「ミウラ」「カウンタック」をデザインしたベルトーネが華麗に復活!創立110周年を記念しハイパーカー「GB110」を発表、出力は1,100馬力、廃棄物からの再生燃料も使用可能

| デザイナーにマルチェロ・ガンディーニを起用しなかったことが心残りでもある | しかしそれでも、見事に「ベルトーネらしい」クルマに仕上がっているようだ さて、先日復活とニューモデルの発表がアナウンス ...

ランボルギーニ本社からまさかのヒストリックモデル続々登場!カウンタック、ミウラ、エスパーダ、350GT、ハラマ、ディアブロそしてムルシエラゴも【動画】

ランボルギーニ本社からまさかのヒストリックモデル続々登場!カウンタック、ミウラ、エスパーダ、350GT、ハラマ、ディアブロそしてムルシエラゴも【動画】

| 現代のクルマの中においてはなおのこと「当時ならではの情熱」が引き立って見える | デザインのために多くを犠牲にできた時代はもうやってこないかもしれない さて、イタリア在住、そしていつもフェラーリや ...

生産されたのはわずか23台、希少なランボルギーニ・ミウラSVのUS仕様が競売に登場!レストア後の走行距離は2630km、エンジンやボディパーツは未交換

生産されたのはわずか23台、希少なランボルギーニ・ミウラSVのUS仕様が競売に登場!レストア後の走行距離は2630km、エンジンやボディパーツは未交換

| 内外装のカラーは工場出荷時とは異なるが、それでもメカニズム的オリジナル性は非常に高い | ボディカラーは象徴的な「ヴェルデ・ミウラ」 さて、RMサザビーズがロンドンにて開催するオークションへ、素晴 ...

世界に一台、ミウラ・ロードスターがランボルギーニ博物館にて展示開始!ボディカラーはラメ・スカイブルー、ちなみに「ラメ」はフランス語だ

世界に一台、ミウラ・ロードスターがランボルギーニ博物館にて展示開始!ボディカラーはラメ・スカイブルー、ちなみに「ラメ」はフランス語だ

| ミウラ・ロードスターは世界で最も美しいショー用モデルだとも言われている| 一時はZN75と名を変えてプロモーションに使用されたこともあったが さて、ランボルギーニは先日、「アヴェンタドールシリーズ ...

ランボルギーニが「アヴェンタドールシリーズ最後の一台」を公開!1968年にワンオフにて製作されたミウラ・ロードスターへのオマージュ

ランボルギーニが「アヴェンタドールシリーズ最後の一台」を公開!1968年にワンオフにて製作されたミウラ・ロードスターへのオマージュ

| その仕様はどこまでもミウラ・ロードスターへの愛にあふれていた | まさかアヴェンタドール最後の一台がこの仕様を持っていようとは さて、ランボルギーニはつい先日「アヴェンタドールLP780-4ウルテ ...

京商がスーパーカーブームの火付け役「ランボルギーニ・カウンタックLP500R(1/12)」ほかランボルギーニを一挙モデル化!マニアックなウラッコラリーも

京商がスーパーカーブームの火付け役「ランボルギーニ・カウンタックLP500R(1/12)」ほかランボルギーニを一挙モデル化!マニアックなウラッコラリーも

| さすが京商は目の付け所がなかなかイイ | 価格は高価だが、値段以上の素晴らしい完成度を持つようだ さて、京商が一気にランボルギーニのミニカー(モデルカー)を拡充。もともと京商はランボルギーニの製品 ...

一時はシボレーV8が積まれたこともあるランボルギーニ・ミウラ。ようやくもとのV12エンジンに換装され工場出荷時の内外装に戻されて競売へ

一時はシボレーV8が積まれたこともあるランボルギーニ・ミウラ。ようやくもとのV12エンジンに換装され工場出荷時の内外装にレストアされて競売へ

| ランボルギーニ・ミウラはかなり数奇な運命をたどった個体が多い | いずれのミウラもそれぞれの個性的なストーリーを持っているようだ さて、ペブルビーチでは様々なクラシックカーやレーシングカーがオーク ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニCEO「過去を振り返ることが、未来をつくるとはどうしても思えない」。そのため今後は二度とレトロ志向のスーパーカーは登場しない可能性

| その意味において、カウンタックLPI800-4は非常に大きな意味を持つクルマとなってくる | そのほうがランボルギーニらしくて方向性が明確だと思う さて、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケ ...

いったいなぜこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンにミウラ風のまつ毛が追加され、全体的に乳牛っぽいカスタムが施される

いったいなぜこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンにミウラ風のまつ毛が追加され、全体的に乳牛っぽいカスタムが施される

| ランボルギーニあらため、「カウ(乳牛)ボルギーニ」へ | ナンバープレートも「モー(MOO)」なので、このカスタムには深い理由がありそうだ さて、画像掲示板Redditにて、「乳牛(カウ)っぽくカ ...

ランボルギーニがV12シリーズ「エスパーダ」を紹介するコンテンツを公開!当時ミウラよりも速かった最速GT、ポール・マッカートニーの妻は誤って池に落としたことがあるそうだ

ランボルギーニがV12シリーズ「エスパーダ」を紹介するコンテンツを公開!当時ミウラよりも速かった最速GT、ポール・マッカートニーの妻は誤って池に落としたことがあるそうだ

| 「エスパーダ」とは闘牛に使用する剣を意味し、2000年代には「エストーケ」として蘇るという計画も存在した | カウンタックに記録を破られるまで、最も売れたランボルギーニでもあった さて、ランボルギ ...

【動画】もう本物と見分けがつかない!ポップアップ式ヘッドライト、内装だとステッチまで本物そっくりに作られたランボルギーニ・ミウラのレプリカが話題に

【動画】もう本物と見分けがつかない!ポップアップ式ヘッドライト、内装だとステッチまで本物そっくりに作られたランボルギーニ・ミウラのレプリカが話題に

| いったいどれだけのコストと時間がかかったのかはわからないが、とにかくその情熱には敬意を表したい | しかも出力は本物のミウラを超える500馬力 さて、世の中には様々なスーパーカーのレプリカが存在し ...

2022年はランボルギーニがV12エンジンモデルを製造する最後の年。ランボルギーニ初のV12ミドシップ、ミウラを振り返る

2022年はランボルギーニがV12エンジンモデルを製造する最後の年。ランボルギーニ初のV12ミドシップ、ミウラを振り返る

| 2023年からはV12といえど「ハイブリッド化」されたモデルの生産が始まる | 一つの時代が終わり、またひとつの時代が幕を開ける さて、2022年はランボルギーニにとって「V12エンジンのみで走る ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5