>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

ReadMore

DB11

>アストンマーティン(Astonmartin) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アストンマーティンDB11】脱・スーパースポーツ。こういったクルマのある人生もいいかもしれない

| 趣向を変えてこういった選択もいいかもしれないな | さて、アストンマーティンDB11のオープンモデル、「DB11 ヴォランテ(V8)」に試乗。 一目見て「メチャクチャ格好良いなコレ」と声が出てしま ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アストンマーティン・ヴァンテージ】俊敏かつ軽快!アストンマーティン史上もっともピュアなスポーツカー

| 生まれながらのプレデター、アストンマーティン・ヴァンテージに乗る | さて、待望のアストンマーティン・ヴァンテージに試乗。 本国で発表された201711月以来、ぼくが非常に高い関心を寄せているクル ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■近況について ■ニュース

アストンマーティン大阪へ行ってきた!ショールームにあるレアな車たちを見てみよう(1)

| アストンマーティン大阪にはレアものアストンが勢揃い | さて、新型ヴァンテージの試乗のためにアストンマーティン大阪さんへ。 目当てはもちろんヴァンテージだったのですが、ショールームには「DB11 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラのオープンモデル「ヴォランテ」のプロトタイプが目撃に。クーペ以上のワイド感

| アストンマーティンはニューモデル攻勢の手を緩めない | アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテと見られるプロトタイプが目撃に。 アストンマーティンはそのオープンモデルについて「ヴ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■近況について ■ニュース

アストンマーティン・シンガポールへ行ってきた!店内の雰囲気、新型ヴァンテージ、そしてDB11を比べてみよう

| アストンマーティン・シンガポールでヴァンテージを見てきた | さて、シンガポールにてアストンマーティンディーラーを訪問。 前を通りがかると店内にヴァンテージの姿が見え、そしてぼくは新型ヴァンテージ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

防弾・誘拐防止仕様のアストンマーティンDB11が登場。お金持ちや地位の高い人はそれなりに大変

| 近頃は防弾仕様が人気化 | ドイツにて、様々なクルマを防弾防爆仕様へとカスタムする会社、「TRASCO」がアストンマーティンDB11の防弾使用車を公開。 先日はアメリカの「Armourmax社」を ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

「業界最速で成長」するアストンマーティンが年内にも株式公開。アストン株を買うべき9つの理由

| とりあえず現金化出来るものは現金化してアストン株を買おう | アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏が「年末までにロンドン証券取引所に上々の見込みだ」と公表。 ロイターによると、アストンマ ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティンDB11とヴァンテージGT8の同門対決。かたや最新、かたや型落ちなれど限定強化版

| アストンマーティン限定モデルの実力やいかに? | アストンマーティン・ヴァンテージGT8とDB11、つまり同門同士の加速対決動画が公開に。 どちらもフロントエンジンリアドライブとなるものの、プラッ ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

CGによる「スポーツカーのワゴン化」。ロードスター、BMW 8シリーズ、レクサスLC500、アストンマーティンなど

| 今度はロードスターの”クーペ風ワゴン” | おなじみCGアーティスト、Rain Prisk氏がマツダ・ロードスターを「ワゴン化」したレンダリングを作成。 先日もRain Prisk氏はロードスター ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

エンブレムの色にまでこだわった。アストンマーティンがデザイナー渾身のカスタムDB11を2台公開

| 細部にまでこだわったアストンマーチンDB11が公開 | アストンマーティンが、そのカスタム車両制作部門「Q」によって製造されたDB11、”Q by Aston Martin – Commissio ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン史上最強モデル、DBSスーパーレッジェーラ見参。カーボン多用で-70kg

| アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの画像が流出 | アストンマーティンのフラッグシップスポーツ、「DBSスーパーレッジェーラ」が正式公開。 「ヴァンキッシュS」の後継モデルとなり、オフィ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

アストンマーティン・ラピードAMR登場。巨大なカーボン製センターコンソールを見よ

| DB11 AMRとはけっこう仕様が違う | アストンマーティンはつい先日「DB11 AMR」を公開しましたが、今回は「ラピードAMR」を発表。 「AMR」はアストンマーチン・レーシングの略で、メル ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

一瞬で2018年分完売のアストンマーティン・ヴァンテージ。いよいよ生産が開始に

| アストンマーティンの利益も大幅増加が予想 | アストンマーティンは2017年11月に新型ヴァンテージを公開していますが、半年たった今、ついにその生産が開始されることに。 なお生産はアストンマーティ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンがレーシングカー強化。ヴァンテージGT3/GT4投入、そして”DB11 AMR”も

| アストンマーティンはヴァンテージをレースへと本格投入 | アストンマーティンがヴァンテージGT3とGT4レースカーのティーザーを開始。 これはカスタマーチーム向けに販売されるもので、2019年シー ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがDB11のトップレンジ「AMR」設定。+30馬力、最高速は335km/h

| DB11にも「AMR」設定 | 先日「うっかり」その存在を公式サイトにアップしてしまった「アストンマーティンDB11 AMR」が正式に発表。 AMR=アストンマーティン・レーシングはモータースポー ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

その顔つきが「魚すぎる」と言われるアストンマーティン・ヴァンテージ。デザイナーがその理由を説明

| ヴァンテージはデザインよりも機能を優先 | 何かとそのデザインが議論の的となるアストンマーティン・ヴァンテージ。 アストンマーティンが以前に訴え、そして訴えられたフィスカーもまたアストンマーティン ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フォード(FORD)

アストンマーティンはAMGサウンドが好きではない?エンジン供給を受けながら「AMGサウンドをできるだけ消したい」

| アストンマーティンはメルセデスAMGの炸裂音、ドロドロという音が好きではない | アストンマーティンはメルセデスAMGと提携関係にあり、AMG製よりV8ツインターボエンジンの供給を受けることに。 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】職人がコツコツ作るイメージのアストンマーティン。実はほとんどロボットが製造していた件

| 実はけっこう近代的だった | アストンマーティンがDB11製造工程を動画にて公開。 アストンマーティンというと「手づくり」というイメージがあったものの、実際は「ほとんどがロボット」で製造しているよ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.