ゴードン・マレー

【動画】マクラーレンF1とゴードン・マレーT.50はこれくらい似ている!F1は27年前の時点ですでに「完成されたスーパーカー」だった

| 改めてマクラーレンF1の完成度には驚かされる | さて、先日発表された、ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)T.50。マクラーレンF1設計者自らの手による「F1の後継モデル」となりますが、 ...

これがマクラーレンF1の正当な後継!F1設計者本人による「ゴードン・マレー」T.50発表!V12搭載ながらも重量は980kg、そしてMTのみ

| このスペックを実現するのは簡単なことではない | かのマクラーレンF1の設計者、ゴードン・マレーが期待のニューモデル、「T.50」を発表。発売元は自身の運営する「ゴードン・マレー・オートモーティブ ...

【今日のニュース:英国車編】ゴードン・マレーのハイパーカーT.50のエンジン公開、ベントレーの生産が100%まで回復、ロータスが新開発拠点をオープン

| ゴードン・マレーT.50に積まれるV12エンジンはR32 GT-Rの直6エンジンの1/3の重量 | さて、今日のニュース「英国車編」。 まずはゴードン・マレーが発売を計画しているハイパーカー、「 ...

これがヤマハによる「発売直前だった」2シータースポーツカーだ!なんとピュアエレクトリックを想定、トヨタあたりが計画を引き継いでくれないものか

| すでにヤマハは公式に4輪事業から撤退を表明しており、これが実現することはない | ヤマハが2018年に出願していた特許画像が今になって堀り起こされ、ちょっとした話題に。なお、ヤマハは2019年に「 ...

衝撃!マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのリリースする新型ハイパーカー”T.50”は「アルピーヌA110がベンチマーク」

| アルピーヌA110が優れたクルマであることは十分理解しているが | あの伝説のクルマ「マクラーレンF1」のデザイナー、そして現在その後継とも言える「IGM T.50」を開発中のゴードン・マレー氏。 ...

ヤマハが重大発表。「4輪プロジェクトをすべて終了させる。クルマは我々の未来とはなりえず、今後も参入することはないだろう」

| ヤマハは2013年以降、東京モーターショーにて毎回4輪車を発表してきた | ヤマハが英国Autocarに語ったところによると、「クルマに関する全てのプロジェクトを引き上げ、停止する」とのこと。ヤマ ...

ル・マン ハイパーカークラスに究極兵器登場?ゴードン・マレー「T.50」参戦が報じられ、これが出てくるともう誰も対抗できないということに

| レースの前からもう結果が見えている | スーパーカー史に残るクルマとしてまず思い浮かべるのは1993年発売の「マクラーレンF1」。そしてそのマクラーレンF1を設計したのは”鬼才”ゴードン・マレー氏 ...

マクラーレンF1設計者の送り出すF1後継”T.50”。3.9L/V12搭載にて700馬力、重量980kg。「いかなるスーパーカーであっても手が届かない」領域に

| 発売は2022年、限定100台、価格は2億8000万円 | 昨年に発表された、「マクラーレンF1」後継モデルの発売計画。これはマクラーレンが公表したものではなく、マクラーレンF1の設計者(デザイナ ...

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生 ...

マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーが「自分以外のだれもF1のようなクルマを作れない。だから自分で後継モデルを作る」。V12、MTで1000キロ以下

ゴードン・マレーはマクラーレンF1もお気に召さない あのマクラーレンF1を設計したゴードン・マレー氏が「マクラーレンF1の魂を受け継いだ後継モデルを開発中だ」と発言。これはカーメディア、Road an ...

普及すれば革命?マクラーレンF1設計者が提唱する「これまでより50%も軽い車体設計技術」、iStream SuperLight

| 自動車業界における革命?”iストリーム・スーパーライト” | マクラーレンF1の設計で名を知られるゴードン・マレー氏が自身の会社、「ゴードン・マレー・デザイン(Gordon Murray Desi ...

2019年にはマクラーレンF1後継が2台も登場?ひとつは「スピードテール」、もう一台はゴードン・マレー「IGM」

| IGMがどういったクルマになるのかはまだまだ謎 | マクラーレンF1やメルセデスSLRマクラーレンのデザイナー、そしてマクラーレンやブラバムでF1マシンを設計してきた「鬼才」、ゴードン・マレー氏が ...

ゴードン・マレーが新会社設立。「マクラーレンF1がそうだったように、新たな指標となる車を発売」

マクラーレンF1のデザイナーがついに自分名義の車を発売 レーシングカーデザイナー、ゴードン・マレー氏が新たに少量生産の自動車メーカーを立ち上げた、との報道。 新会社の名称は「ゴードン・マレー・オートモ ...

ヤマハがコンパクトスポーツを東京MSに展示?「スポーツライド」いよいよ市販か

ついにゴードン・マレー設計のスポーツカーがヤマハからも登場か ヤマハが東京モーターショーにおいて新型スポーツカーを公開予定とのウワサ。 これは2015年に公開された「スポーツライド・コンセプト(画像) ...

新生TVRグリフィス発表。「これが正真正銘のTVR、そしてブリティッシュマッスルカーだ」

| はたして本当に生産できるのかどうかが問題だ | TVRがブランド70周年の折、ついにその新モデル「グリフィス(Griffith)」を公開。すでに「グリフィス」の名を商標登録していたことは伝えられて ...

これがゴードン・マレーのデザインするシティカーだ。マクラーレンF1とのギャップが極大

シェルとの共同事業として3年を費やしたゴードン・マレーのシティカー。 ようやくその姿が公開されましたが、さすがゴードン・マレーの鬼才ぶりが発揮された車となっています。 マクラーレンF1(ロードカー)を ...

TVRがゴードン・マレーと手を組んだ。カーボンフレーム採用にて2017年から4モデル発売

TVRが2017年より新車を発表し、10年間で4モデルを登場させる模様。 パワーソースはコスワース、設計はゴードン・マレーという強力な布陣であり、車のパフォーマンスはまず間違いないものになりそうです。 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5