ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ジープ

なぜ混ぜたッ!ジープ+ランボルギーニ=ジーポルギーニを作成する男が現る。けっこうおもしろい車ができそうだ・・・。

なぜ混ぜたッ!ジープ+ランボルギーニ=ジーポルギーニを作成する男が現る。けっこうおもしろい車ができそうだ・・・。

| この発想はなかったが、なかなか目の付けどころはいいかもしれない | いったいどんなクルマができるのかちょっと楽しみ さて、世の中には様々なスーパーカーのレプリカが存在しますが、ランボルギーニ・ディ ...

【動画】「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」公開にあわせジープがコラボ動画を公開!生まれたての恐竜を拾い、育てることを決意した男性の物語

【動画】「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」公開にあわせジープがコラボ動画を公開!生まれたての恐竜を拾い、育てることを決意した男性の物語

| 「ジュラシック・パークとクルマ」というとメルセデス・ベンツを思い浮かべるが、実はジープも外せない | さすがはジープ、なかなかにユニークな動画に仕上がっている さて、映画「ジュラシック・パーク」シ ...

まさかのジープ・ラングラー「ホットロッド」カスタム!サイクルフェンダーに跳ね上げ式パイプドアなど見どころ満載、これで230万円だったら「買い」だと思う

まさかのジープ・ラングラー「ホットロッド」カスタム!サイクルフェンダーに跳ね上げ式パイプドアなど見どころ満載、これで230万円だったら「買い」だと思う

| ジープ・ラングラーでは「オフロード性能を向上させるカスタム」が一般的ではあるが | こういった「ホットロッド風」カスタムはさすがに見たことがない さて、昔からジープ・ラングラーをカスタムする人は数 ...

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

| EVは環境を汚染しないという意味でオフローダーとの相性は良さそうだ | ただしバッテリー搭載にて重量が重くなりすぎる点、そして充電設備がないところを走るという点は大きな課題として残りそう さて、ジ ...

ジープが一気に7台のコンセプトカーを公開!いずれも劣らぬエクストリーム仕様、様々な使い方を提案

ジープが一気に7台のコンセプトカーを公開!ラングラーやグラディエーターがいずれも劣らぬエクストリーム仕様に

| やはりジープはこういった「オフロード性能を強化する」カスタムが似合っているようだ | 当然ながらだれもローダウンしたジープは求めていない さて、ジープが「定例行事」イースター・ジープ・サファリに向 ...

ステランティスが次世代ジープやアメリカンマッスルに使用する直6エンジン「ハリケーン・ツインターボ」発表!V8同等のパワー、しかし燃費は15%アップ

ステランティスが次世代ジープやアメリカンマッスルに使用する直6エンジン「ハリケーン・ツインターボ」発表!V8同等のパワー、しかし燃費は15%アップ

| ステランティスはまだまだガソリンエンジンを諦めない自動車メーカーのひとつ | 「ハリケーン」とは名前からしてスゴそうだ さて、ステランティスはつい先日「電動化戦略」について触れ、傘下のブランド「ダ ...

7スロットではなく5スロット?中国の北京汽車(BAIC)がジープのそっくりさん、「BJ60」のティーザー画像を公開

7スロットではなく5スロット?中国の北京汽車(BAIC)がジープのそっくりさん、「BJ60」のティーザー画像を公開

| 中国ではけっこうタフなSUVの人気が高いようだ | ただし現地の自動車メーカーも「オマージュ(パクリ)元」を被らないように気を使っているのが興味深い さて、中国の北京汽車(BAIC)がジープにそっ ...

世界初!早くも6輪仕様のフォード・ブロンコが誕生し、その1号車がオークションへと登場するもよう。いかにもアメリカ人が好きそうだ・・・

世界初!早くも6輪仕様のフォード・ブロンコが誕生し、その1号車がオークションへと登場するもよう。いかにもアメリカ人が好きそうだ・・・

| アメリカでは6輪カスタムが人気だが、まさかこんなに早く6輪ブロンコが登場するとは | その仕様は超ハード、どこにでも走って行けそうだ さて、アメリカでは「6輪化カスタム」が宴もたけなわといったとこ ...

何このサイバーパンク感!6輪ジープ・グラディエーター「アポカリプス ヘルファイア」が2500万円で販売中

何このサイバーパンク感!6輪ジープ・グラディエーター「アポカリプス ヘルファイア」が2500万円で販売中

| これで地獄の業火にも焼かれずに乗り切れるということなのか | 意外と6輪オフローダーの売り物は多く、それだけ台数が作られているようだ さて、メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6に端を発する「3 ...

ジープ含むステランティスが今後のEV計画を発表!まずはジープEVの画像を公開、そしてジープにはミニバンっぽいファミリーSUVも投入されるようだ

ジープ含むステランティスが今後のEV計画を発表!まずはジープEVの画像を公開、そしてジープにはミニバンっぽいファミリーSUVも投入されるようだ

| エレクトリック時代になると、そのプラットフォームの自由度から車種を拡大することが容易になる | これまで以上に各ブランドの境界線が曖昧になり、ブランドごとの性格を強調する必要がありそうだ さて、プ ...

中国にてFJクルーザーとジープとのマッシュアップが誕生!古くは国営、そしてジープとの合弁を展開していたBAW(北京汽車製造公司)よりリリース

中国にてFJクルーザーとジープとのマッシュアップが誕生!古くは国営、そしてジープとの合弁を展開していたBAW(北京汽車製造公司)よりリリース

| 中国の自動車業界はあまりにその成り立ちや変遷が複雑すぎる | どうやら「ジープに似ている」のもちゃんとした理由がありそうだ さて、ずいぶんオリジナリティが出てきたものの、まだまだパクリというかコピ ...

【動画】日本未発売!見た目はマッチョ、乗り味はジェントルマンなジープ・グラディエーター・ルビコンを見て乗ってきた!やっぱりぼくジープが大好きだ

【動画】日本未発売!見た目はマッチョ、乗り味はジェントルマンなジープ・グラディエーター・ルビコンを見て乗ってきた!やっぱりぼくジープが大好きだ

| JK世代のラングラーしか乗ったことがないぼくには衝撃の進化度合いだった | やはりジープはどこかの段階で買わねばならないだろう さて、オーナーさんのご厚意にて、日本導入前のジープ・グラディエーター ...

ジープ

新車登録から5年で「もっとも価格が下がらない」のはジープ・ラングラー、「もっとも価値が下がる」のは日産リーフ!やはり電気自動車はまだ買いどきではないのか・・・

| 全般的に、特定の目的のために特化したクルマの価格は下がりにくい | 反面、高級車や、汎用性が高いクルマほど価値が下がりやすい さて、米中古車リサーチ&売買会社のiSeeCarsが興味深い統計を発表 ...

トヨタがクラウン4.4万台に「ウインドウから部品が落ちる」としてリコール発表!なおスズキはソリオ等41万台を大量リコール

トヨタがクラウン4.4万台に「ウインドウから部品が落ちる」としてリコール発表!なおスズキはソリオ・クロスビー等41万台を大量リコール

| トヨタがクラウンをリコールするとは珍しい | そしてスズキはリコールの常連でもある さて、トヨタが「いつかはクラウン」に大規模リコールを実施すると発表。内容としてはクォーターガラスウインドウのモー ...

マツダ・ロードスター

「背の高い人」「背の低い人」にとってのベスト/ワーストはこのクルマ!両方にとっていいクルマ、そしてどちらからも評価が低いクルマも

| BMWはいずれのドライバーにも優しく、意外やマツダ、トヨタは「そうでもない」ようだ | さて、世の中には様々な統計や調査がありますが、今回は米国コンシューマーレポートが「身長の高いドライバー、もし ...

まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定

まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定

| アメリカではけっこう「ピンク」のクルマが好まれるようだ | たしかに発売されるというウワサはあったが さて、ジープが「まさか」のピンクをオプション設定。このピンクは「タスカデロ・ピンク」と名付けら ...

チエルシー・トラックカンパニーのジープ・ラングラー

ジープ・ラングラーの「セレブカスタム」登場!なんとコンプリートだと新車価格の「倍」、1200万円以上

| ジープ・ラングラーはボクにとっても「欲しいクルマ」のひとつだが、なかなか手を出すことができない | ジープ・ラングラーを購入すると間違いなくカスタム地獄にハマるだろう さて、英国カーン・デザインの ...

フェラーリは1969年にSUVを作っていた?365GT+ジープ・ワゴニアのキメラ、FerrariならぬJerrariが中古市場に登場し世界を震撼させる

フェラーリは1969年にSUVを作っていた?365GT+ジープ・ワゴニアのキメラ、FerrariならぬJerrariが中古市場に登場し世界を震撼させる

| アメリカのフェラーリコレクターが雪の中でスリップしたことから「4WDのフェラーリの必要性」を思いつく | ジョークにしては、あまりに良くできているニコイチだ さて、フェラーリは「ブランド初」となる ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5