ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

復刻

フェラーリが1957年の250テスタロッサを3/4サイズの「テスタロッサJ」として復刻!299台のみ限定、価格は1360万円、コンフィギュレーターにてカスタムも可能

フェラーリが1957年の250テスタロッサを3/4サイズの「テスタロッサJ」として復刻!299台のみ限定、価格は1360万円、コンフィギュレーターにてカスタムも可能

| ペダルはF8トリブートから、ダンパーはビルシュタイン製、そして開発はフィオラノ・テストトラックにて行われる | テスタロッサJは完全なるコレクターズアイテムとして高い人気を誇りそう さて、フェラー ...

ジャガーがC-Typeの「継続生産モデル」に特別な「70エディション」を設定。1952年当時、はじめてディスクブレーキを装着してライバルを圧倒したことへのオマージュ

ジャガーがC-Typeの「継続生産モデル」に特別な「70エディション」を設定。1952年当時、はじめてディスクブレーキを装着してライバルを圧倒したことへのオマージュ

| ぜひともジャガーにはかつての栄光を取り戻してほしいものだ | これらコンティニュエーションモデルの価値がいったいどれくらいなのか想像もつかない さて、ジャガーは2021年はじめに「Cタイプ」の復刻 ...

ルノーが「4(キャトル)」のリバイバル、4EVERコンセプトを公開!49年前に開始された4Lトロフィーへのオマージュ。最近はフランス車が元気だな

ルノーが「4(キャトル)」のリバイバル、4EVERコンセプトを公開!49年前に開始された4Lトロフィーへのオマージュ。最近はフランス車が元気だな

| 現代版ルノー4はクロスオーバーへ、そして未来的なデザインも | どこまで市販モデルにこのデザインが盛り込まれるのかは興味のあるところ さて、ルノーが予告どおりに「ルノー 4(キャトル)」のリバイバ ...

シチズンが名作「サーモセンサー」を40年ぶりに復刻!シチズンの多機能時計は「機能を呼び出す」のではなく「すべての機能を文字盤上に表示する」という考え方を持っているぞ

シチズンが名作「サーモセンサー」を40年ぶりに復刻!シチズンの多機能時計は「機能を呼び出す」のではなく「すべての機能を文字盤上に表示する」という考え方を持っているぞ

| 一方、カシオ(G-SHOCK含む)は「必要な機能を呼び出す」方式を採用し、表示はシンプル | デジタル/クオーツには機械式腕時計とはまた異なる魅力がある さて、「ツノクロノ」をリバイバルさせたシチ ...

ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ

ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ

| ベントレーは過去にも「ブロワー」を復刻済み、今回はクラシックモデルの復刻第二弾 | ベントレーは復刻第一弾によって「手応え」を感じたようだ さて、ベントレーは過去に1929年モデルの「ブロワー」を ...

今日から予約開始!シチズン x スター・ウォーズのコラボ腕時計5モデルがカッコいい。ベースはツノクロノ、ダース・モールの「ツノ」がプッシュボタンに

今日から予約開始!シチズン x スター・ウォーズのコラボ腕時計5モデルがカッコいい。ベースはツノクロノ、ダース・モールの「ツノ」がプッシュボタンに

| 各モデルとも、そのキャラクターの個性をしっかり抑えた内容に | なかなかシチズンの企画担当者も「ヤル」ようだ さて、昨年夏にシチズンが復刻したかつての”チャレンジタイマー”改めツノクロノ。初代は1 ...

ポルシェ911

ポルシェ911の限定モデル「スポーツクラシック」怪情報!「992台の限定だが、すでに完売」「価格は3800万円くらい」「911ターボがベース、RR、MTのみで550馬力」

| ガソリンエンジンの終焉を迎えるに当たり、ポルシェは911スポーツクラシック、911ST、911カレラRS 2.7の現代版を投入する意向を持っているとも | 現時点では実現するかどうかはわからないが ...

ランチア037ラリーの現代版、キメラEVO37の第一号がスイスにて納車される!グリーンにブロンズのアクセントを持ち、愛称は「エスメラルダ」

ランチア037ラリーの現代版、キメラEVO37の第一号がスイスにて納車される!グリーンにブロンズのアクセントを持ち、愛称は「エスメラルダ」

| ランチアは名車が多く、サードパーティがデルタ、ストラトスなどのオマージュモデルを発売している | ただし当のランチアは未だ名車の復刻を実現させていない さて、ランチア037ラリーの「現代版」として ...

新型デロリアンの発表は8月21日!EVそして高級化、おそらくは1360馬力のスーパースペックが与えられそう

新型デロリアンの発表は8月21日!EVそして高級化、おそらくは1360馬力のスーパースペックが与えられそう

| デザインはオリジナルのデロリアンを手掛けたイタルデザイン、製造はおそらくデロリアン・モーターカンパニー | 現在のところ新型デロリアンの価格や注文方法、納車時期については一切不明 さて、2週間ほど ...

ランボルギーニが「ミウラ イオタ 2022」を4台限定で発売?日本の商社がその販売独占権を得て「4台セットで20億円」「単品で7億3750万円」で販売するもよう

ランボルギーニが「ミウラ イオタ 2022」を4台限定で復刻発売?日本の商社がその販売独占権を得て「4台セットで20億円」「単品で7億3750万円」で販売するもよう

| 正直、「J」ではなく「イオタ(Jota)」の名を復活させるとは信じがたい | このミウラ イオタ プロジェクトについてはあまりに謎が多い さて、ブガッティ・チェントディエチやフェラーリ・デイトナS ...

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ | やはり「持っている人はもっている」  さて、ランボルギーニは今年8月に「カウンタックの復刻版」としてカウンタックLPI800 ...

こんなクルマがあったとは!GMの正式な許可を受けて2015年に13台のみが作られた「初代コルベット・グランスポーツ」継続生産モデルが中古市場に登場

こんなクルマがあったとは!GMの正式な許可を受けて2015年に13台のみが作られた「初代コルベット・グランスポーツ」継続生産モデルが中古市場に登場

| その価格は2390万円、しかしこれでも「高くはない」のかも | なお出力は700馬力、取り扱いには要注意 さて、現在世界中の自動車メーカーが「当時の復刻モデル」を公式に生産しており、ジャガー、アス ...

50年ぶりに復刻された「ランボルギーニLP500プロトタイプ」初公開!外装ディティール、インテリア、そしてエンジンサウンドも

【動画】50年ぶりに復刻された「ランボルギーニ・カウンタックLP500プロトタイプ」初公開!外装ディティール、インテリア、そしてエンジンサウンドも

| 思ったよりも、市販モデルとのLP400との差異が大きかった | 復刻版カウンタックLP500プロトタイプの価格は約2億9000万円とも言われるが さて、ランボルギーニは先日、「カウンタックの始祖で ...

G-SHOCKからガンダムっぽいフルメタルG「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」出た!ボクの考える「もっともイケてるGショックNo.1」を更新

G-SHOCKからガンダムっぽいフルメタルG「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」出た!ボクの考える「もっともイケてるGショックNo.1」を更新

| フルメタルG-SHOCKシリーズは画像で見るよりも実物を見たほうがずっとカッコいい | さらにカシオは「G-SHOCK初のカラーモデル」を久しぶりに復刻 さて、現在「新型歌詞オーク」、GM-210 ...

1962年にはF1のタイトルを獲得したこともある英国BRM。規定の変更で1年しか走れなかった「V16エンジン搭載、1950年代のF1マシン」を復刻する。なお591馬力のモンスター

1962年にはF1のタイトルを獲得したこともある英国BRM。規定の変更で1年しか走れなかった「V16エンジン搭載、1950年代のF1マシン」を復刻する。なお591馬力のモンスター

2021/9/19    , , ,

| なんと英国ブリティッシュ・レーシング・モーターズ(BRM)は当時の経営のまま、現代まで生き残っていた | それにしても、ボクはとうていこのクルマを運転する自信はない 英国のレーシングカーコンストラ ...

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4

現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった | ランボルギーニの歴史の第一幕”閉幕”を飾るのにこれほどふさわしいクルマはない さ ...

シチズン・ツノクロノ

これも買うしかないな!シチズンが1973年の名作、チャレンジタイマーを「ツノクロノ」として復刻!価格は26,400円、セレクトショップとのコラボモデルも

| この価格ならキズを気にせずガンガン使えそうだ | ミラネーゼブレス、もしくはNATOベルトに交換して楽しみたい さて、シチズンが1973年に発売した名作クロノグラフ「チャレンジタイマー」がこのたび ...

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開。とんでもなくスパルタンなクルマになりそうだ

| ランチア本家が動かずとも、第三者によって「ストラトス」「デルタ」「037ラリー」が蘇る | ただしランチアそのものが今後なんらかの動きを見せる可能性も さて、キメラ・オートモーティブは「ランチア0 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5