■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他他ドイツ車 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者の曾孫が自身の自動車メーカー「ピエヒ」を設立!ジュネーブにそのコンセプトカー”マーク・ゼロ”を出展

ポルシェと協力関係にあるのかどうかはまだ不明 ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェの孫であるフェルディナント・ピエヒ氏は「ブガッティに20億円のハイパーカーを作らせた」と世間を騒がせていますが、今度はそのフェルディナント・ピエヒ氏の息子が自身の自動車メーカーを立ち上げる、との報道。なおフェルディナント・ピエヒ氏の母はフェルディナント・ポルシェの娘であるルイーゼ・ピエヒ。よってフェルディナント・ピエヒ氏はポルシェ家の女系家族にあたり、1937年に生を受け、1963年にポルシェへと入社しています。なお、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

420馬力と言われるアウディ「RS Q4」プロトタイプがはじめて目撃。すでに高い完成度を持ち、間もなく発表か?

前後フェンダーはけっこうマッスル アウディは新型SUV「Q4」を発売する意向ですが、今回そのハイパフォーマンスモデル「RS Q4」のプロトタイプが目撃に。今回のスパイフォトを見ると、ヘッドライトやカモフラージュの下のボディカラー、ホイール等の完成度が「市販モデル」同等のレベルを持っているように感じられ、つまりは「いつでも発表できる状態」なのかもしれません。アウディRS Q4のプロトタイプが捕捉されたのは今回が「はじめて」ですが、間もなく発表されるということにもなりそうですね。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

カスタム

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ヨン・オルソンが新しいカスタムカー公開。超ワイルド風味、800馬力のメルセデス・ベンツG500 4×4²

今までのスーパースポーツから一転、超ワイルドなオフローダーに プロスキーヤー、ヨン・オルソン選手がその新しい車を公開。 毎年一回は必ずカスタムカーを披露するヨン・オルソン選手ですが、これまでにも日産G ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のカスタム、スピーカー交換編。実際に加工しスピーカーをインストール

ランボルギーニ・ガヤルドにスピーカーを実際にインストール 前回スピーカー、そして取り付け方法を考えましたが、今回はそれを実際にインストールしてゆく過程を紹介。 いろいろな意味で「ガヤルドはやっぱりスー ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のカスタム、スピーカー交換編。まずは製品や取り付け方法を考える

まずはランボルギーニ・ガヤルドのスピーカー交換を検討してみる さて、ランボルギーニ・ガヤルドのスピーカー交換を検討中。 ガヤルドの場合、オーディオ的に問題なのはスピーカーの半分が内張にカバーされて音が ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■服や小物、時計、雑貨など

ブラバスが超高級スニーカーブランド「ブシュミ」とコラボしたGクラスをドバイで発表

超高級スニーカーブランドとコラボしたGクラスが誕生 ブラバスは先日、メルセデス・ベンツGクラスのカスタムカー「G650」を発表しましたが、今回はG63をベースに「ブラバス850ブシュミ・エディション( ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス・ドーンの超絶カスタム登場。ワイドボディキット装着にて全幅2メートル7センチ

すごいロールスでた。ワイドボディのドーン ノヴィテック・グループに属するチューナー、「Spofec(スポーフェック)」がロールスロイス・ドーンをカスタム。※スポーテックと名前が似ているものの別のチュー ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■服や小物、時計、雑貨など

ランドローバー・ディフェンダー×バブアー。ロイヤルワラント3つ保有の二社による最強コラボ

ディフェンダーのチューナーとバブアーがコラボ。英国テイスト溢れるアウトドア仕様に アメリカはフロリダを拠点に活動する「イーストコースト・ディフェンダー」と英国ファッションブランド「バブアー(Barbo ...

>ベントレー(Bentley)

価格3.9億円、ベントレー自身による「ミュルザンヌのオープンモデル」が19台限定にて発売

オープン化だけではなく4ドアのミュルザンヌを2ドアに ドバイにて、ベントレー・ミュルザンヌをオープンに改装した「グランドコンバーチブル」が公開に。 ミュルザンヌはベントレーのラインアップの中では今ひと ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスもレンダリングにて「トラック」に。SUVブームの次に「トラック」が来るのは間違いない

おそらく初?ロールスロイスをピックアップトラックにしてしまったレンダリング ロールスロイス・ファントムをピックアップトラックへとデジタルカスタムしたアーティストが登場。 ロールスロイスは現在SUV「カ ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のホイールを鍛造へ交換。その費用65万円ナリ

ランボルギーニ・ガヤルドのホイールを軽量な鍛造品に交換 gallardo 円高の恩恵で今なら安い(といっても高価) ランボルギーニ・ガヤルドの12ヶ月点検中にサービスの方から聞いたところによると、ラン ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のカスタム(カーボン製サイドウイング取付)

。 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4にカーボン製サイドウイングを取り付けた ランボルギーニ・ガヤルドのカーボン製サイドウイングを発注。 もともとサイドスカートは(どのガヤルドにも)付いているので ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のカスタム(カーボンドアミラー装着)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のドアミラーをカーボン製に変更 ランボルギーニ・ガヤルドMY09以降のミラーは欧州?の規制かなにかの影響でサイズが大きくなっており、MY09までのミラー形状とは異 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ブラバス×マイバッハ。0-100加速3.7秒、最高時速347キロのスーパーサルーン登場

マイバッハがスーパーカー並みの最高速、加速を獲得 ブラバスがメルセデス・マイバッハSクラス・セダンをカスタム。 V12ツインターボエンジンは888馬力を発生しますが、これは排気量を6リッターから6.3 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

職人大活躍。さっそくアストンマーティン・ヴァンテージのオープンとワゴンが登場

発表されたばかりのヴァンテージをデジタルカスタム 新型車が発表されるとすぐさま様々なバリエーションのレンダリングが作成されるのが常。 クーペが発売されれば「オープン」「ワゴン」はたまた「トラック」とい ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

ランボルギーニ・ガヤルド内装カスタム。メーターカバー、エンブレム埋め込みなど(1)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4の内装カスタム。ここでその内容をひとまとめ(1) 3連メーターのパネルをレザー張りに交換 ダッシュボード上の3連メーターカバーを、純正のスパッタリング(メッキ調) ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

世にも奇妙なカスタムのロールスロイス登場。ロンドンからドバイまで輸送する様子を動画にて

前半分はクロームゴールド/シルバー、後ろ半分はウッド 奇っ怪なカスタムが施されたロールスロイス・ファントム・ドロップヘッド・クーペが登場。 これは欧州でのラリーイベント、「GUMBALL(ガムボール) ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

車のカスタムをはじめるということは、その車に不満があったり心が離れつつある?その謎を考える

カスタムを行うということは、その車に何らかの不足を感じているからなのかもしれない ふと思うこと。 車の改造(カスタム)をはじめるということは、車を売る次期が近づいているということだ、とぼくは考えていま ...

■駄文(日々考えること)

なぜ自分は塗装をするのか?量産品は「半完成品」で、塗装により「完成品になる」と考えているため

なぜ自分は色を塗るのか ぼくは、塗装が大好きです。 シンナーが好きなわけではなくて、「本来あるものを違った色にする」という行為が好きだということになりますが、塗装を行うことで既製品にぼくの嗜好が色とし ...

>フォード(FORD)

人気プロレスラーにフォードGT納車。さっそくレビュー&窮屈ながらも乗り込んでドライブへ

人気プロレスラー、ジョン・シナ氏にフォードGTが納車 車好きで知られるプロレスラー、ジョン・シナ氏が納車されたばかりのフォードGTをレビュー。 この人はとにかく車好きで知られ、以前にもミウラの純正カラ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.