アーティスト

制限時間2時間で作品を作り優劣を競う「アートバトル」!カナダラウンドでは「ポルシェ・タイカンをキャンバスに作品を描く」課題が出され白黒のタイカンをキャンバスに技術を競う

制限時間2時間で作品を作り優劣を競う「アートバトル」!カナダラウンドでは「ポルシェ・タイカンをキャンバスに作品を描く」課題が出され白黒のタイカンをキャンバスに技術を競う

| 2時間でこれだけの作品を描くことができるとはさすがに「アートバトル」参加者だけのことはある | どちらの作品も甲乙つけがたい さて、ポルシェはかつてのジャニス・ジョプリンの「サイケデリック」356 ...

え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る

え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る

| もう中国のポルシェ法人が何をしても驚かない | このシュールなポルシェ911は現地の博物館などで展示されるようだ さて、ポルシェは先ごろ、英国のアーティストであるクリス・ラブルーイ氏とのコラボレー ...

ランボルギーニのアートカー史上No.1?ミラノの芸術家によってスピードと雄牛が全面に表現された「ウラカンEVO ミノタウロス」がカッコいい

ランボルギーニのアートカー史上No.1?ミラノの芸術家によってスピードと雄牛が全面に表現された「ウラカンEVO ミノタウロス」がカッコいい

| なお、このペイントはすべて「指」で描かれる | 表現されるのはランボルギーニを見て体験したときの感情、そしてスピードと時間 さて、ランボルギーニがミラノのイベントにて「ミノタウロス」と命名されたウ ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

【動画】白昼堂々、5つ星ホテルの前にランボルギーニ・アヴェンタドールSVJを駐車しボディにペイントを行うアーティスト現る!これはもうもとに戻せないぞ・・・。

| 世界限定900台、稀少なランボルギーニ・アヴェンタドールSVJをここまでやってしまうとは・・・ | 外装だけではなく内装も直接ペイントを行い、こちらももう「戻せない」 さて、サウジアラビア人アーテ ...

米アーティスト、エル・アルファのブガッティ・シロンが放火される・・・。なぜアメリカのミュージシャンは抗争に巻き込まれるのか

【動画】米アーティスト、エル・アルファのブガッティ・シロンが放火される・・・。なぜアメリカのミュージシャンは抗争に巻き込まれるのか

| 幸い全焼は免れたものの、その修理費用はかなりのものとなりそうだ | どんな理由であれ、自動車を意図的に破壊する行為を見ると心が痛む ドミニカ共和国出身のレコーディング・アーティスト、エル・アルファ ...

アルピーヌがアーティストとのコラボによるスペシャルモデル「A110 by フェリペ・パントン」発表

アルピーヌがアーティストとのコラボによるスペシャルモデル「A110 by フェリペ・パントン」発表!なんと3台のみが限定販売

| 価格は1660万円なるも、その希少価値、芸術的価値を考えると絶対に「買い」だ | ペイントにかかるのは数週間 さて、微妙に盛り上がる「アートカー」。今回はアルピーヌが(前回のF1ドライバー向けのス ...

ポルシェ911をミドシップ化したらこうなった

ポルシェ911をミドシップ化したらこうなった!職人によるCGが登場するも、最近の流れを見るに「実際に作る」ショップが登場しそうだ

| チューニング業界も「ネタ」に困っているのかもしれない | さて、独自の世界観にて様々なスポーツカーやスーパーカーを”バーチャル”カスタムするKyzal Saleem氏。今回は991世代のポルシェ9 ...

ランボルギーニ・ディアブロ30周年でアーティストとコラボ

ディアブロがポップになったッ・・・!ランボルギーニが英アーティストとコラボし、ディアブロ30周年記念の一環としてポップアート作成

| 3Dアートだけではなくぜひ実車をつくってほしい | さて、ランボルギーニが今年、そしてこの12月にて発売30周年を迎えることとなっていますが、ランボルギーニはこれにあわせてチョコチョコとディアブロ ...

ポルシェ911のポップでキッチュなデジタルアート

ライトでポップ!ポルシェ公認、空冷世代の911をデジタルアートにて表現し続けるアーティストが登場

| そこはかとなく感じられる透明感や浮遊感がなかなかいい感じ | 3Dデザイン、タイポグラフィーを得意とするデザイナー、クリス・ラブルーイ(Chris Labrooy)氏がポルシェ911をテーマにした ...

こういった時だからこそ!「スープラ×ロックスター」ほかブガッティ、フェラーリ、GT-Rなどのバーチャルカスタムをアーティストが一斉公開

| コロナウイルスに負けず、自分にできることで皆を元気づけよう | さて、おなじみレンダリングアーティスト、ジョン・シバル(JonSibal)氏が積極的に作品をリリース。同氏はもともと「もしもこういっ ...

レクサスがまたしても謎なアートカー発表!タトゥーアーティストが実際に車体に入墨を彫った「タトゥーUX」

| 作品としては素晴らしいがなぜ? | レクサスがロンドンのタトゥー・アーティストとのコラボレーションにて、「タトゥーUX(Tattoed UX)」をワンオフにて製作。これを手掛けたのはクラウディア・ ...

今なお色褪せぬ魅力を放つフェラーリF40。アーティストがトリビュートモデル”F44”のレンダリングを公開

| フロントフードのNACAダクト、リアウイングはまさにF40 | イスタンブール在住のCGアーティスト、Emre Husmen氏が「フェラーリF44」のレンダリングを公開。F40を現代風にアレンジし ...

アストンマーティンは絶対にコイツを発売すべきだ!流麗かつスポーティなシューティングブレーク「DB12」

| 現在の「ブランド内競合」を避けて一人に二台以上買ってもらうにはワゴンしかない | レンダリングアーティスト、Emre Husmen氏がアストンマーティン”DB12”AMRのレンダリングを作成して公 ...

マイアミからマクラーレン720S、アブダビからはロールスロイスのアートカー登場。720Sはあの「アレック・モノポリー」氏が直接ペイント

| スーパーカー+アートは訴求手段として最強レベル | さて、定期的に登場する「アートカー」。車体の表面にアートを描いたものですが、古くはジョン・レノンのロールスロイス、ジャニス・ジョプリンのポルシェ ...

「もしも」系レンダリングを現実に!廃車のランボルギーニ・ウラカンを買ってきて1500馬力+MT、理想の外観を実現した男たち

| なにごともドゥ・イット・ユアセルフ | さて、先日よりカスタムが進められていた、B is for build氏による、ランボルギーニ・ウラカンの「MTコンバージョン」。しかしこれは単なる「マニュア ...

ランボルギーニがウラカン、アヴェンタドールの「アートカー」を製作。ウラカンを手掛けるのはセレブを顧客に持つタトゥーアーティスト

| アヴェンタドールを担当するのは19歳のストリートアーティスト | ロサンゼルスを中心に活動し、ハリウッドセレブに大人気のタトゥー・アーティスト、ドクター・ウー(Dr.Woo)とランボルギーニがコラ ...

ランボルギーニの未来形。エアロダイナミクスに特化した「SV-719コンセプト」が公開

| 未来のランボルギーニはキャブフォワードに? | レンダリングアーティスト、Gaspare Conticelli氏がコンセプトカー「ランボルギーニSV-719」を公開。テルツォ・ミッレニオのようなキ ...

「日本大好き」デザイナーが作成した「バーチャルチューン」。GT-R、RX-7、86などの変化を見てみよう

| レンダリング界でも日本は重要なポジションを占める? | 日本大好きなコンセプトアーティスト、Khyzyl Saleem氏。 自身のインスタグラムにて一連の「日本っぽい」レンダリングを公開しています ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5