ランキング

2020年1月はまさかの「トヨタ・ライズ」が1位!SUVが首位を取る例は記憶になく、プリウスは7位に沈み”ハイブリッドの終焉”か。そしてRAV4も順位低下

| 一方でRAV4も順位を下げてトヨタの「自社内カニバリズム」が明確になる | さて、2020年1月の日本国内における乗用車販売台数ランキング。なんと1月は「トヨタ・ライズ」が首位を獲得しており、ぼく ...

フェラーリは「ブランドの強さ」では1位なるも「ブランド価値」ではユニクロより低い206位。ユニクロはエルメスよりも上、最も優れた日本人経営者は豊田章男

| 見方によってランキングの算出方法は大きく変わるようだ | Brand Financeが発表したところによると、「世界中の数あるブランドのうち、フェラーリがもっとも強力」。同様の統計は多くの調査会社 ...

2020年”新成人のカーライフ調査”。クルマ離れが進むも「クルマを持っている人はカッコイイ(女性)」「欲しい車トップは男女ともアクア」

| アクアはここ数年、不動の一位 | さて、毎年ソニー損保が公開する「新成人のカーライフ意識調査」。やはり毎年「若者のクルマ離れ」が感じられる内容となっていて、まず運転免許保有率は56.4%(うちオー ...

2019年12月、そして通年での国産メーカー登録状況!ベスト15のうち12台がトヨタ。とにかくトヨタトヨタトヨタ

| なお、2019年通年でのトップはプリウスが奪還 | さて、2019年12月の国産車登録台数、そして累計販売台数。2019年は「RAV4」「ライズ」「ロッキー」といったニューモデルが登場していて、後 ...

ニュルブルクリンクのランキング2020年最新版。992世代の911カレラSが55位に、TOP100に初のSUVとしてアウディRS Q8が登場

| ニュルブルクリンクのTOP100のうち1/4はポルシェが占めている | さて、ニュルブルクリンクにおけるラップタイムのランキングTOP100最新版。ここしばらくは大きな変動はなく、今回の変更といえ ...

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVOが仏マニクールにて好タイムを記録!ランキング9位ながらも高く評価できる理由とは?

| ランキング上位モデルのほとんどは「限定」もしくは「購入制限」があって”現実的に買えない”クルマ | Motor Sportがランボルギーニ・ウラカンEVOを仏マニクール・サーキット(GPコース)へ ...

【動画】どうしたトヨタGRスープラ!待望のニュルにアタックするも総合160位程度、2~3世代前のポルシェと同等のタイムに沈む

| さらにBMW Z4の2秒遅れ。もっと速く走ってもいいはずだ | さて、トヨタGRスープラがついにニュルブルクリンクにアタック。ただしトヨタ公式ではなく、Sport Autoが車両を持ち込んでの走行 ...

新型コルベットがニュルにて7:28.30を記録したとのウワサ。フェラーリ458イタリア、ランボルギーニ・ウラカン、ポルシェ911GT3RS(997)と同等のタイム

| しかもこのコルベットは”ベースグレード” | Muscle Cars & Trucksによると、新型シボレー・コルベット(C8)Z51パフォーマンス・パッケージがニュルブルクリンクを7:2 ...

まさにサプライズ!2019年11月の国内自動車登録ではトヨタ・ライズが初登場4位!ベスト5までをトヨタが占め、向かうところトヨタは敵なし

| そんなに5ナンバーサイズのSUVに需要があったとは | さて、2019年11月の国内自動車登録状況(国産車メーカー車種別ランキング)。先月はカローラが久方ぶりに首位となりましたが、今月もカローラが ...

なぜだッ!米メディアの選んだ「世界でもっとも醜いクルマ」にランボルギーニがランクイン。なお日本車は3台もリストに入る

| 日産車はキューブとジューク、そしてトヨタは安定のプリウス | とにかく話題のテスラ・サイバートラックですが、そのデザインについては賛否両論。手放しで褒める著名デザイナーもいれば、「子どもの描いた絵 ...

米にて最も盗まれるのはホンダ・シビック。ベスト10には日本車とアメ車のみ、そしてセダンとトラックしかない件

| なお、日米英では盗難車ランキングの内容が全く異なる | 米国National Insurance Crime Bureauが公開した、「米国でもっとも盗まれているクルマ」。この統計によると42.2 ...

【動画】マクラーレン・セナが米サーキットにてコースレコード樹立。ポルシェ911GT2 RS、GT-R NISMO、ウラカン・ペルフォルマンテ、720Sなどツワモノの記録を軒並み過去のものへ

| ニュルブルクリンクを走ったらどのくらいなのか気になって仕方がない | マクラーレン・セナがアメリカのヴァージニア・インターナショナル・レースウェイ(VIR)にてコースレコードを樹立。これはCar ...

「復活させてほしい車」「未来に残って欲しい車」ランキング!やはりナンバーワンは日産GT-R!

| それなのに日産はGT-Rをほぼ放置状態なのはもったいない | ダイヤモンド・オンラインにて、 「未来に残ってほしい名車」「未来に復活してほしい名車」というランキングが公開に。これは555人を対象に ...

【動画】フェラーリ488ピスタはもはや「伝説」? EVOによるサーキットテストではポルシェ911GT2RS/918スパイダー、そしてマクラーレンP1をも抑えて異次元のタイムを記録

| これまで、フェラーリは実際にサーキットを走ると速くないという印象もあったが | EVOがフェラーリ488ピスタを、イギリスのアングルシー・サーキットに持ち込んで本気テストを実施。この結果として1: ...

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェ ...

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイ ...

輸入スポーツカー市場に異変!2019年9月は「フェラーリは前年比3.6倍」「マクラーレンは4.1倍」。フェラーリがここまで多くの台数を日本に供給するとは

| フェラーリは「需要があれども供給を絞る」のが常だった | さて、2019年9月の「日本国内における輸入車登録ランキング」。国産車登録ランキングでは「増税前の駆け込み」が多く見られたものの、輸入車の ...

2019年9月の国産車販売ランキング。海外不調と言われるマツダの躍進著しく、マツダ3は「売れまくり」。カローラは前月比で販売が「倍」に

| こっそり三菱が販売を増やすなど、”個性派”がランキングの常連に | さて、2019年9月の国内自動車販売。8月には今年始めてトヨタ・シエンタが首位に立ちましたが、今月もやはりシエンタが首位。なお、 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5