自然吸気

パガーニが究極のハードコアモデル「ウアイラR」発表を予告!「特別な目的のために特別な吸気方法を持つ」→NAエンジン採用かと話題に

| ウアイラの最終モデル? | さて、パガーニがウアイラのハードコアバージョン、「ウアイラR」のリリースを予告。今回、Autostyle Design Competitionが公開した動画(37分のあ ...

ポルシェ開発責任者「自然吸気エンジンをなんとしても残したい。それにはハイブリッド化が鍵となる」

| 一方、ハイブリッド化したと仮定してもターボエンジンは自然吸気には戻らないようだ | ポルシェは初のエレクトリックモデル「タイカン」を発売し、カイエンのトップレンジにPHEVを据えるなどエレクトリッ ...

いいクルマなのになぜ売れない!ポルシェ718ケイマン/ボクスターの4気筒ターボ化は失敗だったのか?

| やはりポルシェは「水平対向6気筒」「自然吸気」でないとダメ? | さて、2019年通年での販売で顕著となったのが「718ケイマン/ボクスターが売れない」という事実。北米においては911の販売台数が ...

ポルシェが突如「718ケイマン/ボクスターGTS」の4リッター自然吸気6気筒版、”GTS4.0”発表。やはり4気筒ターボエンジンは不評だった?

| 0-100km/h加速はケイマンGT4を凌駕する | ポルシェが「718ケイマンGTSと718ボクスターGTS」に対し、4リッター・フラットシックスを積んだ「718ケイマン/ボクスターGTS 4. ...

ランボルギーニ「数字としてのパワーは重要ではない。V12エンジン存続のためにターボ化するのではなく、NAを貫く」。エレクトリック化について語るも方向性はまだ決まらず?

| ランボルギーニは「自然吸気エンジン」にこだわる数少ないスーパーカーメーカー | ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルにおいてもV12エンジンを存続させることを明言していますが、そのために「ハ ...

フェラーリ「V12+ハイブリッドはナンセンス。我々は自然吸気V12を単独で存続させるために戦う。いかなる手段を用いてもだ」

以前はハイブリッド化を明言していたフェラーリが突然の方向転換 フェラーリが「V12エンジン継続」をあらためて表明。そして驚くべきことにV12エンジンは「自然吸気」そして「ハイブリッドなし」で継続する、 ...

ランボルギーニ「V12自然吸気エンジンを今後の環境規制に適応させることは可能だ。だが、そのためのパワーダウンはあまりに大きい」。これからは「パワーを維持」することも困難な時代に

失ったパワーを取り返すためにもハイブリッド化は必須 lamborghini aventador V12エンジンは高級車やハイパフォーマンスカーにとって「一つの象徴」ではありますが、現在そのV12エンジ ...

結局どうなの次期ポルシェ911GT3??今回はGT部門のボスが「MTとNAは継続」と発言

| なかなか方向性が定まらない? | ポルシェ911GT3の次期モデル(992)ではマニュアル・トランスミッション廃止、ターボエンジン採用という説が有力になりつつありますが、今回ポルシェGT部門のボス ...

ランボルギーニ「可能な限り自然吸気エンジン、そしてV10とV12を存続させる」。親会社アウディとは異なる戦略を採用

ランボルギーニ「自然吸気エンジンは我々のDNA。出来る限りV10/V12を存続させるのが夢」 アウディとは異なる戦略を採用か アウディは先日「W12、V10を廃止し、V8もそのうち廃止」と語っています ...

次期ポルシェ(718)ケイマンGT4は自然吸気エンジン継続、PDKも選択ができる模様

新型(718)ケイマンGT4は自然吸気6気筒エンジンを継続する、とのこと。 これはオートカーが報じたもので、現行の3.8リッターから(911GT3の)4リッターにまで排気量が拡大される、とも報じていま ...

フェラーリCEO「V12のターボ化は愚策」→ではなぜV8はターボ化されたのかを考える

フェラーリCEO、セルジオ・マルキオンネ氏がオートカーに語ったところによると「フェラーリのV12にはターボを使用しない」とのこと。 同じくマルキオンネCEOによると「我々のエンジニアはV12エンジンの ...

今や少数のNA派。自然吸気エンジンを積むスポーツカーには何がある?

Carscoopにて、「最後の自然吸気エンジンを積むスポーツカー」なる特集。 現在スポーツカーは様々な理由からターボ化されており、一つは「環境対策」。 ターボエンジンは排気を循環させるという方法を採用 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5