ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンがEVオフローダー「ID.エクストリーム・コンセプト」発表!かなり魅力的なクルマだが市販予定はないそうだ

フォルクスワーゲンがEVオフローダー「ID.エクストリーム・コンセプト」発表!かなり魅力的なクルマだが市販予定はないそうだ

| ID.4のオフロード化にはEVとしての効率を悪化させてしまう内容も | ただしそれでも魅力的なクルマであることには変わりがない さて、フォルクスワーゲンが「ID.エクストリーム・コンセプト」を発表 ...

ボディカラーはランボルギーニ純正色!VWの実習生14人が1年をかけカスタムしたEV、「ID.5 GTX エキサイト」がカッコいい

ボディカラーはランボルギーニ純正色!VWの実習生14人が1年をかけカスタムしたEV、「ID.5 GTX エキサイト」がカッコいい

| VWの持つ資産や設備を利用して自由にカスタムカーを作れるとは羨ましい | マットとグロスを使い分けたコントラストがなかなかナイス さて、フォルクスワーゲンが毎年行っている「研修生に、フォルクスワー ...

ポルシェ

ポルシェの新規株式公開が迫るも、大手金融アナリストが「上場額は目標額の半分くらいだろう」と推測。ボクは「ポルシェは、VWの食い物にされている」と考える

| VWグループに属するメリットももちろんあるが、ポルシェはそれによって本来のポテンシャルを発揮できないままにいる | 結局のところ、現在のポルシェは「VWの枠」を超えることが許されていない さて、ポ ...

ポルシェは当初カイエンをVWの東欧工場で生産する計画だったものの「ドイツ製」にこだわって新しく自前の工場を建設していた!カイエン人気に合わせ20年で5回も工場は拡張

ポルシェは当初カイエンをVWの東欧工場で生産する計画だったものの「ドイツ製」にこだわって新しく自前の工場を建設していた!カイエン人気に合わせ20年で5回も工場を拡張

| ポルシェはたびたび「売れすぎ」で工場を拡張したり、他社に生産を委託したりしている | VWグループに属するため、VW各社の設備を使用できるのは「ラッキー」だったと考えて良さそう さて、ポルシェ・カ ...

VW新CEOが「電動化を加速」と演説にて強調。ただし新CEOはポルシェCEOと兼任しており、ポルシェでは「内燃機関存続」としている矛盾を指摘される

VW新CEOが「電動化を加速」と演説にて強調。ただし新CEOはポルシェCEOと兼任しており、ポルシェでは「内燃機関存続」としている矛盾を指摘される

| ポルシェとVWとでは様々な点で相違が多く、両社のCEOを兼任するのには無理がありそう | おそらくは頃合いを見てどちらかのCEOが交代することになるだろう さて、フォルクスワーゲンのCEOが電撃交 ...

南米・中国で販売される「VW ゴル」をデロリアン風にカスタムしたツワモノが登場!けっこうよくできているぞ・・・

南米・中国で販売される「VW ゴル」をデロリアン風にカスタムしたツワモノが登場!けっこうよくできているぞ・・・

| そのほか、ネット上で見かけたカスタムカーを一気に紹介 | 自由な発想による産物は見ていて楽しい さて、ネット上では実に奇妙なカスタムカーが見られたりしますが、今回いくつかそういったクルマたちを紹介 ...

フォルクスワーゲン・ゴルフ

まさか・・・!VWが「41秒に一台売れている」歴史的名車、ゴルフの廃止を検討しているとの報道。その理由とは

| ゴルフ終了には複数の要因が絡んでいるが、やはり最大の要因はユーロ7導入による開発コスト上昇 | 様々な外的環境を考慮すると、ゴルフが生き残ることは難しいのかもしれない さて、フォルクスワーゲンCE ...

VWが電動垂直離着陸旅客機「V.MO」を公開!大人4人と荷物を乗せて200kmを移動可能、中国のVIP向けに販売(ただし現在はまだ1ミリも飛んでない)

VWが電動垂直離着陸旅客機「V.MO」を公開!大人4人と荷物を乗せて200kmを移動可能、中国のVIP向けに販売予定(ただし現在はまだ1ミリも飛んでない)

| 同じVWグループに属するアウディはわずか1年半で電動エアモビリティ計画から撤退している | 実際のところ、実現できるのかどうかはわからない さて、ポルシェ、トヨタ、メルセデス・ベンツ、吉利汽車など ...

VWのCEO電撃解任劇はまるでドラマのようだった!本人出張中に他役員が密かに集まって解任を決定、本人が出張から戻った数時間後にその事実を伝える

VWのCEO電撃解任劇はまるでドラマのようだった!本人出張中に他役員が密かに集まって解任を決定、本人が出張から戻った数時間後にその事実を伝える

| その前には権限を剥奪されて閑職へと追いやられ、着々と解任の準備が進められていたようだ | 退任を呑むまでの猶予はわずか24時間 さて、数日前のフォルクスワーゲンCEO、ヘルベルト・ディース氏の解任 ...

VWゴルフが東北道で炎上!調べてみると燃料パイプの不具合で燃料漏れの可能性があるVW車が9万台以上リコール対象となっているようだ【動画】

VWゴルフが東北道で炎上!調べてみると燃料パイプの不具合で燃料漏れの可能性があるVW車が9万台以上リコール対象となっているようだ【動画】

| ただ、フォルクスワーゲンが燃えるという話は極めて稀だと思う | とにかくオーナー含む人的被害が出ていないのが不幸中の幸い さて、東北道にてフォルクスワーゲン・ゴルフが燃えるという案件が発生。これは ...

VWのCEOが内紛でクビ、かわりにポルシェCEOが兼任にてVWのCEOへ。これでさらに両者の意思が「統合」されることに

VWのCEOが内紛でクビ、かわりにポルシェCEOが兼任にてVWのCEOへ。これでさらに両者の意思が「統合」されることに

| ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏はVWの意向に忠実だとされ、今後VWとポルシェは「イコール」となる可能性も | フォルクスワーゲングループの人事はやっぱりあまりにもドライだった さて、フォルク ...

VWが新会社設立、ドイツにバッテリー生産工場を建設開始。今後最低でも6つの工場を稼働させ年間300万台のEVに向けてバッテリーの供給を行うもよう

VWが新会社設立、ドイツにバッテリー生産工場を建設開始。今後最低でも6つの工場を稼働させ年間300万台のEVに向けてバッテリーの供給を行うもよう

| やはりテスラに対抗できるとすればフォルクスワーゲン以外にはなさそうだ | しかしバッテリーの生産開始が3年先の「2025年」 さて、フォルクスワーゲンがバッテリー製造会社「PowerCo」を設立し ...

VW史上最大の「謎」、フェートンには2代目が開発されていた!なぜ6リッターW12エンジンを積み、全然売れなかったのに14年も販売されたのか・・・

VW史上最大の「謎」、フェートンの2代目が開発されていた!なぜ6リッターW12エンジンを積み、全然売れなかったのに14年も販売されたのか・・・

| 当時のフォルクスワーゲン会長は絶大な権力を持ち、そしてとにかく大きくパワフルなクルマが好きだった | そしてその退任とともにフェートンは販売終了に さて、フォルクスワーゲンは2002年に「フェート ...

1980年代にVWは「スーパーチャージャー+4WD」のスーパーゴルフ、G60リミテッドを71台のみ製造していた!あまりのレアさに1300万円という値付けで販売中

1980年代にVWは「スーパーチャージャー+4WD」のスーパーゴルフ、G60リミテッドを71台のみ製造していた!あまりのレアさに1300万円という値付けで販売中

| フォルクスワーゲン・ゴルフR32の10年以上も前にこんなクルマが存在していたとは | あらゆる意味でエポックメイキングなゴルフだと言えそうだ さて、フォルクスワーゲン・ゴルフには「GTI」というホ ...

ポルシェ718ボクスター

ポルシェ718ボクスター売れすぎ!ポルシェの自社工場だけではなくVWの工場でも生産を開始。すでに完成した車両もロールオフ

| やはり次世代718が「ピュアエレクトリック」となることから現行モデルを購入しようと考える人が後をたたないのかもしれない | ポルシェは以前からボクスターの生産を外部へと委託してきた歴史がある さて ...

ドイツよりVWビートル(空冷)のレストモッドが登場!内外装は未来的、ポルシェへのオマージュも込めて価格は8000万円。なお限定台数は22台

ドイツよりVWビートル(空冷)のレストモッドが登場!内外装は未来的、ポルシェへのオマージュも込めて価格は8000万円。なお限定台数は22台

| さすがにVWビートルのレストモッドに8000万円は高いような気もするが、現在のレストモッドブームを考慮するに、意外とすぐに完売するのかも | できればパワートレインはもう少し強力なユニットに変更し ...

ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに

ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに

| やはりポルシェとメルセデス・ベンツとは仲がいいのか悪いのかわからない | ただし結果的に自社による設計を行うこととなったため、これで良かったのだと思う さて、ポルシェが「カイエンの発売20周年」を ...

ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる

ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる

| ポルシェらしくないクルマを、ポルシェにするために常にエンジニアがその心を砕いてきた | そう考えると、カイエンはもっともポルシェらしいクルマなのかもしれない さて、カイエンが発売から20年を経過し ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5