>アウディ(Audi)

アウディTTには「タルガトップ」コンセプトが存在した!米同時多発テロ直後の公開だったため完全に忘れ去られることに

| 公開のタイミングがあまりに不運だった”TTオープンスカイ・コンセプト” | 先日、アウディCEOによって引導を渡されてしまったアウディTT。残念ながら販売台数減少に加え、そしてアウディ自身が「スポーツカーには注力しない」という方針のために現行モデルをもって生産が終了されることになります。ただしアウディCEOも「アウディのイメージを変えたというTTの功績」を認めており、実際にTTが果たした役割は大きく、それはほかのどのモデルでもできなかったことだろう、と考えています。

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーが英人気モデルのために1956年製「XJ120」をカスタム。出力向上、高速走行に耐えるほか、内装はヴィンテージレザーでドレスアップ

| モデルならではセンスで内外装をオシャレに変更 | ジャガーが1948年から1954年にかけて製造していた「XK120」をレストアして公開。すでに70年が経過するクルマとなりますが、これはエンジン型式名である「XK」と最高速度の時速120マイル(193キロ)とを組合わせた車名を持ち、つまりは「当寺の相当な高性能車」。エンジンは3.4リッター直列6気筒、出力は180HP、トランスミッションは4速MT。ボディサイズは全長4270ミリ、全幅1550ミリ、全高1270ミリ、重量は1143キロ。生産台数は12,0 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

今まで不明だったマスタング・シェルビーGT500の出力が「760馬力」に確定。フォード史上もっともハイパワー、V8史上もっともリッターあたりの出力が高いエンジンに

| フォードはシボレー、ダッジに比べるとこれまで「それほどマッスル」ではなかった | フォードが「マスタング・シェルビーGT500」のスペックを公開。車両そのものは今年早々に発表されていたものの、スペックは明かされておらず、「出力700馬力以上」「0-100キロ加速3秒台半ば」という曖昧な数字が語られていた程度です。そして今回ついにそのスペックが明らかになったということですが、その出力はなんと760馬力で、これは「647馬力」のフォードGTを超えて”フォードのロードカー史上最強モデル”に。 フォード「マス ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベット発表前の「買い控え」?現行C7コルベットの売れ行きが芳しくなく、在庫は93日分も

| このままでは新型コルベット発表までに売りきることはできない | 新型コルベット(C8)の発表まであと一ヶ月。そんな状況の中、3月には現行コルベット(C7)の在庫が「232日ぶん」余っているとも報じられましたが、最近はその在庫は現在「98日ぶん」まで圧縮されたとの報道も。ただ、経過日数から逆算してみると「とくにペースが速くなったわけでもなく」順当にその数が日割りペースで減っているだけのようです。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

>スバル(SUBARU) >その他イギリス車

こんなコンセプトカーもあった。スバルR1ベース、インプレッサのエンジンを搭載した「プロドライブP2」。発売されれば600万円程度、GT-Rのライバルになり得たクルマ

デザイナーはマクラーレンP1を担当したピーター・スティーブンス プロドライブが2006年に発表したコンセプトカー、「P2」。※コンセプトカーとは言っても完全に動作し走行できるプロドライブ自体はレーシン ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2018年度自動車ブランド各種調査にてレクサスがブッチギリの一位。「カーナビ」などマイナー部門ですら首位を獲得し王座に君臨

品質、セールス、アフターサービス、魅力などすべてでトップ JDパワーが、日本国内にて行った自動車関連CS調査の結果を発表。その内容はかなり多岐にわたりますが、大きく分けると下記の通り。 自動車トータル ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU) ■映画や音楽、本について

「ワイルドスピード」登場車両の製作を手がけたヴェイルサイドがトヨタ86/SUBARU BRZを新型スープラ風にカスタムするエアロキットを開発中

「ヴェイルサイド節」はいまでも健在 日本のチューナー、「ヴェイルサイド」がトヨタ86/SUBARU BRZを新型トヨタ・スープラ風のルックスに変更できるエアロキットを開発中。ただし「まんま」スープラで ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルがWRX STI「S209」発売を明言。前後オーバーフェンダー装着、フロントにはカナード付きのスパルタンモデル

2018/12/28    , , , , , ,

スバルがS209をデトロイト・モーターショーへ。「日本より愛を込めて」 先日スバルは「S209」を商標登録したと報じられましたが、今回スバル自ら正式に「デトロイト・モーターショーにてS209を発表する ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) ■ニュース

DAMDがフェラーリのような「LEDインジケーター付きステアリング」発売!スバルBRZやトヨタ86、マツダ・ロードスターにも対応

対応車種は拡大中、GT-Rの対応も予定 エアロパーツやドレスアップカーで知られるDAMD(ダムド)が、これまで限定販売店のみの扱いに絞っていた「ダムド・パフォーマンス・ステアリングホイール(DAMD ...

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルも東京オートサロン2019の展示概要を公開。「2トーン」のオシャレなインプレッサ、エアロ付きの過激なフォレスターも登場

この2トーンはなかなかナイス。ワゴンブーム再燃の起爆剤となるか トヨタ、マツダ、ホンダに続きスバルも東京オートサロン2019の概要を発表。展示するのは「フォレスター(STIコンセプトモデル)」「インプ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが「S209」を商標登録。現行WRX STIのファイナルモデル?

2018/12/21  

北米に初めての「S20系」限定モデル投入となるか スバルがアメリカにて「S209」を登録。日本だとWRX STIの限定モデルとして「S206」「S207」「S208」が発売されているものの、これらはア ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

2018/12/15    , , , ,

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカ ...

>スバル(SUBARU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

スバルがカレーを発売したぞ!STIチームのまかない飯”ニュルカレー”を食べてチャレンジだ!!

2018/12/10    , , , , ,

スバルのSTIチームがニュルブルクリンクで食べて心を一つにしているカレー スバルが自社の「SUBARU ONLINE SHOP」にて、数量限定ながらも「ストラップベア&カレー」を発売。これはSTIの3 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2018年11月の国内自動車登録ランキング。ノートは首位陥落、地味に「ホンダ・シャトル」がチャート上昇中

| 2018年通年のナンバーワンは”アクア”で決まりそうだ | さて、2018年11月の国内登録状況が公開に。 先月までは「日産ノートが通年でも首位を獲得できるかどうか」が焦点で、つまり今年前半に見せ ...

>スバル(SUBARU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】エアフィルター交換だけでこんなに馬力が変わる!4種類のフィルターをスバルXVにて試してみた

| これは驚き。エアフィルター一つでこれだけ出力が変わる | クルマのチューンには色々な種類がありますが、ぼくが考えるチューニングの定番その1が「エアクリーナー(エアフィルター)交換とマフラー交換」。 ...

>スバル(SUBARU)

「スバル南アフリカ」が独自チューンの限定WRX STIを発売。トレッドを2センチ拡大、出力は348馬力

2018/11/15    , , , ,

| 南アフリカはやはり熱かった。結構本気なWRX STI限定モデルを出してきた | スバル南アフリカ(SUBARU SOUTHERN AFRICA=SSA)がSTiブランドの30周年を記念し、新たな限 ...

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

国内自動車ディーラーにおける「購入前」「購入後」ランキング。1位はやっぱりレクサスだった

| 国内ではレクサスとフォルクスワーゲンがブッチギリの高評価 | 調査会社、JDパワーが日本国内において「日本自動車セールス満足度調査(SSI)」、「日本自動車サービス満足度調査(CSI)」という2つ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU)

2018年10月の国産車販売ランキング。クラウンがベスト10に入り、日産はトップ陥落の危機、ホンダ・シャトルが地味に伸びる

| トヨタがそろそろ本気出した | さて、2018年10月の国内乗用車登録ランキング。 ここ数ヶ月続いた日産ノートが首位から陥落し、なんと3位となっていますが、おそらくはこのまま逃げ切って「年間首位」 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

スバルが10万台規模のリコール実施。国内主要メーカーのリコール率トップはやはりスバル、低いのはトヨタ

| SUBARUが10万台規模のリコール実施。利益570億円が消し飛ぶことに | スバル(SUBARU)が追加にて「10万台規模」のリコールを発表。 これは不正検査に絡むものですが、もとはというと日産 ...

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバル・レガシィに一風変わったリコール。ガソリン残量が実際よりも多く表示され、それを信じるとガス欠に

| スバル・レガシィの燃料計に「過大な航続可能距離が表示」される | スバルがちょっとめずらしい、燃料の残量が不正確という内容のリコールを発表。 これによると、「実際よりも多くの燃料があると示して」し ...

>フォード(FORD) >スバル(SUBARU)

ケン・ブロックが70年代のトラックにフォードGTのエンジンをスワップ。914馬力の”ハイパートラック”に

| ケン・ブロックがハイパーカー顔負けのトラックを2年かけて製作 | ケン・ブロックが新しいドリフトマシン、「Hoonitruck」を公開。 1977年製のフォードF-150をベースとしており、これに ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2018年9月の新車登録ランキング。日産が「通年で首位」を獲得する可能性が濃厚に。このペースだとトヨタは敗北

| このままノートが逃げ切り、初の年間首位に? | 2018年9月の新車販売(日本国内登録)状況。 先月に続いて日産ノートが首位となっていますが、1月~9月の登録累計では、ノート63,303台、アクア ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.