>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

限定フェラーリやポルシェを入手できる」としてお金をだまし取った伝説の走り屋。「湾岸ミッドナイト」のモデルだった有名人物がなぜ?

| 「ブラックバード」のモデルであり、ミニカー化までなされていた | 週刊文春(文春オンライン)が衝撃的なニュースを掲載。それは「世界で500台しかないフェラーリ売ります……逮捕された男は“伝説の走り屋”だった」というもので、日本では有名な走り屋がラ・フェラーリやポルシェ918スパイダーを販売すると偽り、お金をだまし取っていた、というもの。これによると、その伝説の走り屋「吉田栄一」容疑者がモナコの資産家から、ラ・フェラーリを入手できるとして合計2億5000万円を2016年までに受け取っていた、としています ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「MSO」でカスタムした600LT登場。カーボンファイバーに加えボディカラーは”ヴェガ・ブルー”

ルーフにはMSO特性のシュノーケル マクラーレン・サンフランシスコがMSOにてカスタムした600LTの画像を公開。600LT発表時のボディカラーは、グレーにパールオレンジをかけたような「シケイン・エフェクト」ですが、この個体のボディカラーは「ヴェガ・ブルー」。マクラーレン自身もこれまでにいくつかの600LTを公開しているものの、このボディカラーは「初」だと思います。

ReadMore

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マーカス・フラッシュ氏がカーメディア「Motoring」にこう語っています。「我々は、キドニーグリルを装着した、ミッドシップレイアウトのスーパーカーに非常に興味を持っている。いかなる既存モデルとも共通性のない、単独で存在するハイパフォーマンスカーだ」。 BMWの役員「一生に一度は胸を張れるスーパーカーを作りたい ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■近況について ■ニュース

新型アウディTT 40 TFSIを見てきた!変更は最小限ながらも上位グレードのデザインが取り入れられてお買い得感が向上

| ただし基本的な価格がちょっと高い | 新型アウディTTが日本でも発表され、ディーラーに配備されたので早速アウディ箕面さんへ。展示車兼試乗車は、FFモデルとなる「アウディTT 40TFSI」です。この「40」そして4WD(クワトロ)モデルに付与される「45」といった名称は、現在アウディが本国において進めている「ヒエラルキー」を数値化したもの。メルセデスAMGの「43」や「63」のようなものですが、今回からアウディTTにも導入されたということになりますね。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない | マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ReadMore

ウラカン

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニのオプションリストが更新。いくつか画像が登場

ランボルギーニのオプションリストが更新された模様。 ランボルギーニの場合、オプションは各車ごとに用意されるというよりは、ざっとオプションを掲げて、それらのどれがどの車(ムルシエラゴ、アヴェンタドール、 ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連

ポルシェに求めるもの、ランボルギーニやフェラーリとの違いについて

何を求めてポルシェを買うのか? ぼくがポルシェに求めるのは走行性能ではない ぼくがポルシェに対して求めるものは何か?と考えた場合、それは「走行性能」ではないのですね。 ぼくはさほど飛ばしませんし、サー ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ウラカンの登録完了。車検証の重量は1610kg、前後荷重は670/970kg

ぼくのウラカンの登録が完了。 車検証上の重量は1610kg(車両総重量は1720kg)、前後の重量配分は670kg/970kg。けっこうリアが重くなっています。 なお欧州での公表値は車体重量1420k ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費

ランボルギーニ純正、バッテリーメンテナーを購入してみる

ランボルギーニ・ウラカン用に「バッテリーメンテナー」を購入(16891円)。 ランボルギーニ純正アクセサリです。 (製品の画像がなく、かわりに供給元のサイトから製品画像を流用しています) ぼくは今まで ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカン用にカーナビ購入。ほか撮影用ナンバープレートなど納車準備を進める

ランボルギーニ・ウラカン用にカーナビ購入。電源部を改造する ランボルギーニ・ウラカンに取り付けるためにカーナビゲーション・システムを購入。 パナソニック・ゴリラのCN-GP747VDですが、これは昨年 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

フロント部とAピラーの関係、自動車のデザインについて考える

先日マツダCX-3を検討した際に思ったのですが、ぼくはあまりマツダのデザインが好きではなく、それは妙にフロントが間延びしていることが原因です(CX-3は”間延び”感がないので気に入っている)。 なお、 ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ランボルギーニ・ウラカンの納車に際し、細かい打ち合わせ等を行う。送金も完了

さて、ウラカン納車の準備を着々と進める必要があり、ランボルギーニ大阪さんにて打ち合わせ。 ひとつはレーダー探知器の取り付けですが、これは既に打ち合わせ済み(ダッシュボード上、エアコン吹き出し口に取り付 ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ランボルギーニ・ウラカンをローンで購入すると支払いはいくらになるのかを考える

ここで、ウラカンのローンを組むとどれくらいのなるのか?を見てみましょう。 大きく分けてパターンA(頭金1000万円)とパターンB(頭金1500万円)、そしてそれぞれについて3年、5年の支払い期間を仮に ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンに後付するもの/しないものについて

現在ランボルギーニ・ウラカンが納車されたのちに、取り付けるもの、作業を行うもの等のリストを作成しています。 おおよそは下記の通り。

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ランボルギーニ・ウラカン関連

最近のモーターショーに展示されるグレーの車たち。”グレー”というボディカラーを考える

ジュネーブショーに展示されていた、グレーのランボルギーニ・ウラカン。 標準で用意される19色のボディカラーの中にはこの色はなく、カスタムカラーということになりますね。 見たところグリージョ・テレストよ ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ちょっとした意識の変化。ウラカンと組み合わせて使用する車について

ぼくは幸いな事に基本2台体制で車を運用していますが、「完全に趣味の車」+「ある程度実用的で知的好奇心を満たしてくれる車」という組み合わせになるように意識しています。 ガヤルドを保有していた期間は、もう ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカン用にipod接続ライトニングケーブルを購入する

ランボルギーニ・ウラカンにiPhoneやipodを接続するためのライトニングケーブル(ランボルギーニ純正オプション)を購入。 もともとウラカンにはipod接続のためのDOCKケーブルが付属しているので ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで ■自動車・バイクの購入検討/比較など

ついにウラカンの支払額が確定。冷静に考えるとキツい3360万円

ついに、注文していたランボルギーニ・ウラカンの支払額が確定。 今までは納車月が決まらないことや、持ち込むもの、最終の仕上げなどどうするかを決めていなかったので総額が確定していなかったのですが、登録月が ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで

マイ・ウラカンは出港(手配?)済み。3月18日には豊橋に入港予定

生産が完了していたぼくのランボルギーニ・ウラカンですが、すでに出港準備が整った(か出港した)ようで、3月18日に豊橋に入港する予定。 その船には4台のウラカンが載っているそうですが、そこから日本仕様へ ...

>ウラカンの内装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのカーナビはどうする?依然迷い中

実のところまだ迷い中のランボルギーニ・ウラカンのカーナビ。 カーナビそのものを取り付けるかどうかというところなのですが、ウラカンの室内には取り付けるところがまず無いので、非常に困っているのですね。 も ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連

カミソリのような切れ味と軽さ。ランボルギーニ・ウラカンLP610-4に試乗する

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4に試乗。 【試乗車の仕様】 試乗したのはもっともベーシックな(今はこれしか発売されていないので)「ウラカンLP610-4」。 標準仕様であるルーバーのリアハッチを ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ランボルギーニ・ウラカン関連

やはりパワーは大きいほうが。チューンド・メルセデスがウラカンをカモる

850馬力にまでチューンされたメルセデスE63AMGとウラカンが加速勝負する動画。 ウラカンは純正のままで610馬力。しかしながらウラカンには軽さという武器があるわけですが、そのアドバンテージも時速1 ...

>ウラカン購入記~発注から納車まで ■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■駄文(日々考えること)

ランボルギーニ・ウラカン購入費用の助けになるか?株価と為替について(2)

以前に「ウラカンの購入資金は株価で作れるか」という内容の記事を1月にUPしましたが、実際にはどうか?というところを検証してみたいと思います。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.