■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「新型2シリーズ・グランクーペはFF」。じゃあ次期2シリーズクーペやM2は?「安心しろ。それらはFRだ」

| BMWのボディ形状や、シリーズ間での差異はますます難解に | BMWは先日、「FRからFFベースにスイッチした」新型1シリーズを公開しましたが、やはりFFベースとなる新型2シリーズ・グランクーペも発表間近、との報道。なお、現在2シリーズにラインナップされるのは「2シリーズ・クーペ」「2シリーズ・グランドツアラー」「2シリーズ・アクティブツアラー」「2シリーズ・カブリオレ」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

【動画】新型スープラをトップギアがテスト!なんとランボルギーニ・ムルシエラゴ、フェラーリF430より速いタイムを記録する

| しかしながらターゲットとするポルシェ718ケイマンSには及ばず、それよりもテスラ・モデル3のほうが速いのには驚きだ | スティグが新型トヨタ・スープラのステアリングホイールを握り、トップギア・テストトラックを走行。トップギア・テストトラックは、文字通りトップギアが所有しているサーキットで、もともとは飛行場、そしてその後はロータスのテストコースであり、2002年以降は現在のようにトップギアが使用する、という形態に落ち着いています。全長は2.83kmで、カーブ数は「12」。直線とカーブとが連続しており、ブ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

デザインがGT-Rっぽくなった新型日産スカイライン発表。伝統の丸4灯テールランプが復活し、スカイライン史上最強の「400R」も登場

| 日産はGT-Rのイメージ、スカイラインという資産を積極活用することにしたようだ | 日産が新型スカイラインを発表。キャッチコピーは「これが、未来だ。」。そして「未来」という言葉を採用しているとおり、最大のウリは日産の誇る先進運転支援技術の最新バージョン「プロパイロット2.0」の搭載。そしてこのプロパイロット2.0は「同一車線内でのハンズオフ」、つまりステアリングホイールから手を離すことが可能です。日産によると「プロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車 ...

ReadMore

Z4

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW Z4とトヨタ・スープラとの加速競争。スープラがZ4を大きく引き離し、ポルシェ911ターボなみのタイムを記録する

| 両者のパワーは同じ、重量はZ4が+50kg | 多くの人が待ち望んでいたであろう、新型BMW Z4と新型トヨタ・スープラとの加速対決。ご存知の通り新型Z4とスープラとは共同にて開発され、製造工場は ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「スープラのオープンは技術的に可能。タルガはさらに容易」。なお86のオープンは「発売直前」まで行っていた

| 北米市場を考えるとオープンは必須。ただしBMWがそれを許す? | ベストカーによると、新型スープラには「オープンモデル追加」の可能性がある模様。これはトヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏へ ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】BMW Z4はエンジン単体でなんと415~439馬力あたりを発生していることが判明。BMWの最新エンジンはやはりスゴそうだ

| そのポテンシャルは計り知れない | つい最近、新型トヨタ・スープラがカタログ値以上の出力を発生しているというパワーチェック結果が公開されましたが、今回はその兄弟車であるBMW Z4についてもやはり ...

>アウディ(Audi) >ポルシェ・ボクスター関連 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ポルシェ718ボクスターGTS、BMW Z4、アウディTTSロードスター。オープンスポーツ3車が競った結果は意外なものだった

| ここまでBMW Z4が速いとは。「GTS」でなければ718ボクスターは勝てなかった | CARWOWがBMW Z4 M40i、ポルシェ718ボクスターGTS、アウディTTSロードスターの三者を競わ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW Z4用のチューニングパーツ続々登場!もしかするとZ4のエキゾーストシステムはスープラにも使えそう

| 両者の共通性は高く、チューナーとしては「オイシイ」市場かも | ドイツのチューナー、マンハートがBMW Z4向けのチューニングプログラムを自社のFacebookページにて公開。ただしそのチューンの ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

早速ドイツのチューナーがBMW 8シリーズ・カブリオレをマットグリーンにラッピング!内装はホワイト、アクセントはブラック

| 8シリーズにこういったカスタムを施す例はかなり珍しい | BMW 8シリーズ・カブリオレのカスタムカーが登場。これはその外装を「マット・クリプトン・グリーン」へとラッピングし、各部にグラフィックを ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型トヨタ・スープラ向け純正カスタムパーツも早速GRから登場。フルエアロ装着+ホイール交換で230万円ナリ

| 新型スープラは富裕層向けの高級スポーツカー? | トヨタはついに日本でも新型スープラを発表しましたが、トヨタの新型車発表時の「恒例」としてカスタマイズカーについても発表。ただし、いつもの「トヨタ純 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!0-100km/h加速は公称値の4.1秒より0.3秒速くフェラーリF50と同等、ブレーキングGはポルシェ718ケイマンGTS以上

| どうやら新型GRスープラのポテンシャルの高さはポルシェをも脅かしそうだ | さて、新型スープラのメディア向け試乗会が開催されたばかりですが、トヨタは各メディアやユーチューバーに対し、個別にスープラ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「もし新型スープラをBMWと共同ではなく単独で開発していたら、1000万を軽く超えていただろう」。この価格でこの性能のクルマに乗れることに感謝

| スープラ開発担当は直6エンジンサウンドを高く評価 | トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が語ったところによると、「新型スープラをもしBMWと共同開発しなかったならば、その価格は軽く100 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型BMW Z4を見てきた!予想していたより高いデザイン性/質感を持つものの、スープラより「100万円以上高い」値付けは正当化できる?

トヨタよりも内外装の細部までこだわっているのは間違いない さて、発表されたばかりのBMW Z4を見にディーラーへ。パっと見た印象は「なかなかにカッコイイ」というもの。そしてそのカッコよさは全体のシルエ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型トヨタGRスープラを2000GT、BMW Z4、80スープラ、FT-1と比較すると?意外な共通点が見えてきた

2019/4/13    , , , , , ,

トヨタのスポーツカーにおける原点は2000GTに通じる ロシアのサイトにて、新型GRスープラとトヨタ200GT、80スープラ、BMW Z4、そしてFT-1コンセプトとの比較検証が掲載に。まずは新型スー ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

北米仕様のBMW Z4 M40iは「380馬力」、でも日本は「340馬力」。ほかにもある、ボディカラーや仕様の日米差を見てみよう

| そこには規制の差や嗜好、市場規模の差があらわれているようだ | BMWの米国法人がカーコンフィギュレーター上に新型BMW Z4のトップグレード、sDrive M40iを追加。 日本においても先日新 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型Z4を国内販売開始。スープラと同じエンジンを積む「Z4 M40i」の価格は835万円、ボディカラーは3色のみ

2019/3/26    , , , ,

同時にマット仕上げの限定モデル、「M40iフローズングレー」も発売 BMWが日本においても新型「Z4」を発売。新型BMW Z4はトヨタGRスープラと同じくオーストリアのマグナシュタイヤーにて生産される ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

同工場で生産するトヨタ・スープラとBMW Z4のボディカラーが「同一」という疑惑が発生。真実はいかに?

トヨタ「ボディカラーはBMWとは異なるものだ」 トヨタは先日、アメリカ市場向けに「生産第一号」のスープラをオークションに出品し、2億3000万円という驚くべき価格で落札されていますが、そのボディカラー ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

CGデザイナーがBMW Z4とトヨタGRスープラの顔面をスワップ。まったく違和感がなく、このまま発売できそうな件

絶対にありえないクルマだが、意外と似合っていた 先日は「新型トヨタ・スープラのオープンモデル」をイメージしたレンダリングが公開されましたが、今回は逆に「BMW Z4をクローズドにしてみた」作品が登場。 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型スープラ開発秘話。「4気筒のほうが重量配分に優れ、楽しい」「ATしかない理由」「ドリフト向きではない」「FRの理由」「2シーターになったワケ」

さて、新型スープラが発表されて数日が経過してますが、どのメディアでも「スープラ一色」。それだけスープラのインパクトが強かったということになり、かつ否定的な意見が殆ど見られないという傾向が見られ、つまり ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていな ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.