JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

フィスカー・オーシャン

ソリッドステートバッテリー実用化一番乗りと見られたフィスカーが「やっぱり無理。新バッテリー計画をすべて中止する」と発表!こうなるとほかメーカーの雲行きも怪しそうだ

| ソリッドステートバッテリーは空飛ぶ車や自動運転同様、「見果てぬ夢」に終わるのか | フィスカーが「ソリッドステートバッテリーを(EVに)使用することを諦めた」と正式にコメント。理由はもちろん実用化 ...

ポルシェが珍しくアートカー制作!タイカンをベースにアメリカ人アーティスト、リチャード・フィリップス氏がスイスの自然をイメージした作品を描く

ポルシェが珍しくアートカー制作!タイカンをベースにアメリカ人アーティスト、リチャード・フィリップス氏がスイスの自然をイメージした作品を描く

| リチャード・フィリップス氏は同氏の作品「クイーン・オブ・ザ・ナイト」を再現 | ときどき登場するアートカー。欧米ではプロモーションの手法として活用されることが多いものの、日本ではいまひとつ人気がな ...

新手のハイエンドチューナー現る!マクラーレン720Sの外観をカーボン+3Dプリントされたチタン製に、そして出力は900馬力へ

新手のハイエンドチューナー現る!マクラーレン720Sの外観をカーボン+3Dプリントされたチタン製に、そして出力は900馬力へ

| 車体同様、スーパーカー/ハイパーカーのチューンもどんどんエクストリーム&高価格化しているようだ | アメリカはモンタナより新手のチューナーが登場。その名を「SWAE」といい、今回カーボンファイバー ...

「トータルホワイトルック」のフェラーリ488ピスタ・スパイダー

このエレガントさはフェラーリ以外では実現し得ない!「トータルホワイトルック」のフェラーリ488ピスタ・スパイダーが公開

| フェラーリにしては珍しいブラックホイールを装着、ボディカラーはマット仕上げのビアンコイタリア | さて、フェラーリが488ピスタ・スパイダーのカスタム車両を公開。これは自社のパーソナリゼーション部 ...

ポルシェがタイカンの新バリエーション「クロスツーリスモ」正式発表

ポルシェがタイカンの新バリエーション「クロスツーリスモ」正式発表!オフロードデザインパッケージの用意、パノラミックルーフは魅力的

| タイカン・クロスツーリスモは、ポルシェに新しい客層を呼び込むことになりそうだ | ポルシェが予告通り、期待のニューモデル「タイカン・クロスツーリスモ」を発表。言うまでもなくポルシェ初のピュアエレク ...

新型BMW M4のワイドボディキット

BMW M4向けの「18cmワイドな」ボディキットが登場!しかもキドニーグリルが「大きなバージョン」「小さなバージョン」を選択可能

| ボクはバーチカルキドニー賛成派なので「大きなほう」で | さて、発表以来各方面で話題の新型BMW M4。新型M4についても、おそらくはこれまでのM4同様に各チューナーが熱い視線を送ることになりそう ...

EV専業宣言のジャガー。ただし「自社ではEVを製造せず、他社に製造を委託」

EV専業宣言のジャガー。ただし「自社ではEVを製造せず、他社に製造を委託」。自動車を作らなくなる既存自動車メーカーがついに登場?

| 一部の「EV工場」が複数自動車メーカーの電気自動車を作る時代がやってくる | ジャガー重役、ティエリー・ボロール氏によると、「我々は、社外に電気自動車のサプライヤーを求めている」。これはちょっとび ...

生産わずか64台、北米に正規輸入されたマクラーレンF1はわずか7台

生産わずか64台、北米に正規輸入されたマクラーレンF1はわずか7台。その1/7の個体が中古市場に登場し、価格はASKなるも20億円は下らない?

| 北米仕様のためか、マクラーレンF1のフロントにはバンパー代わりの「ラバー」が装着 | さて、わずか64台のみしか生産されなかったマクラーレンF1。そのうちアメリカに輸入されたのはわずか7台と言われ ...

BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる

BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる!BMWが自社にてカスタムペイントを施したM3/M4を公開

| 正直、他社のボディカラーを採用するのは賛否両論あると思う | さて、BMWは先日(日本でも)新型M3/M4を発表したところですが、今回はそのパーソナリゼーションプログラム「インディビデュアル」にて ...

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開

【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている | さて、アストンマーティンが2021年シーズンを走るF1マシン「AMR21」とともに、F1マシンと同じアストンマーティン・レーシング・グリ ...

メルセデス・ベンツがハイブリッド化によって800馬力超を獲得するであろう「AMG GT73e」を予告

メルセデス・ベンツがハイブリッド化によって800馬力超を獲得するであろう「AMG GT73e」を予告!モータースポーツを強く意識し「本当に速いハイブリッド」となるか

| メルセデス・ベンツはAMGとハイブリッドを「うまく」結びつけることに成功したようだ | さて、毎年3月にはF1に参戦する各チームが新型車を公開しますが、今回メルセデス・ベンツはF1マシン(W12) ...

フェラーリのキーとトミカ

フェラーリは神通力を失った?全世界での「フェラーリ」検索ボリュームは30%減、ランボルギーニは8%増。日本でもっともランボルギーニが検索されたのは岩手県、フェラーリだと徳島県

| 電気自動車の時代になれば、さらに大きなトレンドの変動がありそうだ | さて、フェラーリの「神通力」が10年前に比べて下がってきていると巷でウワサに。これはGoogleトレンドをもとにした検索ボリュ ...

メルセデス・ベンツEQSのディスプレイ

メルセデス・ベンツが新型EQSのティーザー動画第二弾を公開!開発メンバーが語る「何がEQSを革命足らしめているのか」。やっぱりハイパースクリーンには度肝を抜かれそうだ

| 残念なのは、その新しさが「実際に体感しないと」伝わらないであろうこと | さて、メルセデス・ベンツが発売を予定している新型EV、「EQS」。これまでにもいくつかティーザー画像や動画が公式に公開され ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ブルーのランボルギーニに乗って考えた。一般には「安らぎ」「平穏」を表現するブルーであっても、色味次第では注目を集めるカラー、エネルギッシュさを表現することになるようだ

| 道路標識、JAFの車両、ブルーシートなど、意外とブルーを「注意を引くための色」として使う場合が多い | さて、ぼくのランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのボディカラーは「ブルー・ル・マン」ですが ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

北米にてランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(クーペ)にリコール届け出。エンジンフードの固定が熱で緩み、フードが外れる可能性。問題発生の可能性は「100%」

| 現時点では実際に問題や事故は発生しておらず、しかし内包される可能性は100% | 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National Highway Traffic Safety Admini ...

ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモの画像が発表直前にリーク

ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモの画像が発表直前にリーク!アクティブなディティールを持ちなかなかに格好良さそうだ

| タイカン・クロスツーリスモは思っていたよりもオフロード風味が強そうだ | さて、いつも新型車の発表直前にリークを行うインスタグラムアカウント、Cochespias。 今回も3月4日(欧州時間)発表 ...

リマックCEO、メイト・リマック

VWがリマックにタダでブガッティを渡し、見返りにポルシェがリマック株を50%に達するまで受け取るとのウワサ。ただしリマックCEOが「我々は独立を貫く」と否定の声明を発表

| このあたりのウワサはここ1~2年、形を変えながら囁かれているようだ | さて、色々と出てくるリマックに関するウワサ。今回はポルシェがリマックの株式を買い進み、50%超を取得する(つまりポルシェがリ ...

ブガッティ・ディーヴォ「レディバグ」

ブガッティが「もう許して」といいそうになったほど手の込んだカスタム・ディーヴォ「レディバグ」公開!ボディ上の柄を作成するだけで1年半

| そのブガッティ・ディーヴォのカスタムに、どれくらいコストかかったのかはまったく見当もつかない | さて、ブガッティは現在「ディーヴォ」の生産を行っており、当のブガッティから、そして納車を受けたオー ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f