アウディ

BMWのキー

TikTokでもっとも人気のある自動車ブランドはBMW(220億回再生)!車種個別だとアウディTTの人気がもっとも高く、インスタとはユーザー層が異なるようだ

| SNSでアウディとBMWが強く、メルセデス・ベンツが弱いことには変わりがないようだ | インスタでは強みを発揮するランボルギーニはTikTokでは存在感が弱い さて、日々その影響力を強めているソー ...

アウディのステアリングホイール

アウディ「今後、EV時代になってもシングルフレームグリルを採用し続ける」。たしかにステアリングにまでグリルのデザインを用いているのはアウディくらいなので、この言葉に偽りはなさそうだ

| EV時代になれば、エンジン冷却が不要になるため「通常、グリルレスになる」傾向があるようだ | ただしグリルがブランドを印象づけるのも間違いのない事実 さて、ピュアエレクトリックカー時代に突入すると ...

アウディがR8の最新レーシングカー「R8 LMS GT3 EVO II」発表!3度めのアップデート、そして戦闘力に比例して価格も登場初期に比較して大幅上昇

アウディがR8の最新レーシングカー「R8 LMS GT3 EVO II」発表!3度めのアップデート、そして戦闘力に比例して価格も登場初期に比較して大幅上昇

| アウディにとってカスタマー向けのレーシングカーは大きな利益を生む商品だと言われている | 次期R8がどうなるかは不明だが、利益のことを考慮するとR8を存続させたほうがいいのかもしれない さて、アウ ...

アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表

【動画】アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表!前後2モーターで車体を駆動、DTM用エンジンを発電機として搭載

| アウディがモータースポーツで培った知見を生かしたウルトラオフローダー | いったいどうやったらこんな外観を思いつくのか想像もつかない さて、アウディがはじめてダカールラリーに参加するためのレーシン ...

アウディRS3

アウディが新型RS3を発表!フロントは「ほぼグリル」な攻撃的デザイン、オプション装着で最高速は290km/hというクラス最速スペックが与えられることに

| その代わり新型RS3の価格は欧州で775万円〜と安くはない | グロスブラックの他、マットシルバーやカーボンアクセントも選択可能 アウディが「RSモデルのエントリー版」、RS3を発表。そしてエント ...

またもやポルシェ公式!ポルシェとアウディが共同設計した「元祖RS」、アウディRS2を紹介する動画

【動画】またもやポルシェ公式!ポルシェとアウディが共同設計した「元祖RS」、アウディRS2を紹介する動画。ポルシェはこの「ドッカンターボ」が大好きなようだ

| この当時、とにかく世界は「ハイパワー」へと向かっていた | アウディRS2アバントのホイール、ドアミラー、ブレーキなどは「そのまんまポルシェ」 さて、ポルシェは先日公式コンテンツとして、かつてポル ...

アウディが新生代のピュアレクトリックカー「グランドスフィア」コンセプトの発表を予告

アウディが新生代のピュアレクトリックカー「グランドスフィア」コンセプトの発表を予告!自動運転をあきらめたためステアリングホイールがついているようだ

| インテリアは2名のための贅沢空間 | 車体サイズはかなり「大きい」ようだ アウディが「グランドスフィア・コンセプト」のティーザー画像を公開。現時点ではこのクルマについてなにか言及されているわけでは ...

Eレジェンド EL1

あの「アウディスポーツ クワトロS1」へのオマージュ、Eレジェンド EL1が1億3000万円で限定販売!同社はさらにストラトスのオマージュも検討しているようだ

| ただしさすがにこの価格で30台も売れるとは考えにくい | 一説によるとエレクトリックシステムはポルシェ・タイカンとの共通性があるようだ 現在様々なEVスタートアップが登場していますが、今回「Eレジ ...

キャロル・シェルビー自身が開発に携わったコブラ後継、「シェルビー・コブラ・コンセプト」が競売に登場

キャロル・シェルビー自身が開発に携わったコブラ後継、「シェルビー・コブラ・コンセプト」が競売に登場!発売されなかったものの6.4リッターV10搭載、行動の走行も可能

| 当時はこういった「未来っぽくもあるがレトロな」デザインが流行っていたようだ | フォードにはぜひ「コブラ」後継モデルを発売して欲しい さて、シェルビー・コブラ後継モデルとして発売される可能性のあっ ...

「竹ヤリ」マフラー装着のマクラーレン600LTが目撃される

「竹ヤリ」マフラー装着のマクラーレン600LTが目撃される!まさか上方排気をこんな風に改造するとは・・・

| 構造的には「竹ヤリ」に適しているかもしれないが | おそらく改造にはけっこうな手間がかかっている さて、マクラーレン600LTは「上方排気」レイアウトを持ちますが、今回はそのマクラーレン600LT ...

日本でもテスラの販売が値下げにより急増

Youtube上で最も検索されたクルマは「テスラ・モデル3」!テスラはトップ10に4車種を送り込み、「最も検索されたブランド」でもランボルギーニに次ぐ2位に

| 「売れているクルマ」と「人気があるクルマ」とは必ずしも一致しないようだ 不思議なことに、現在最も売れているはずのモデルYがランクインしていない さて、CarInsurance.aeが公開した、「も ...

アウディが新型RS3のティーザー画像と情報をちょっとだけ公開

アウディが新型RS3のティーザー画像と情報をちょっとだけ公開!エンジンは5気筒400馬力、「RSパフォーマンス」モードでは後輪のみの駆動となってドリフト可能

| アウディはかつて、ドリフトモードには否定的であったが、ついに流行には逆らえなくなったようだ | エンジン出力は従来型同様、しかしさらに扱いやすくなった模様 さて、アウディが2022年に発売する、新 ...

アウディのステアリングホイール

アウディが「2026年以降、ガソリン/ディーゼルエンジン搭載車を一切発売しない」。HV、PHEVからも手を引いてピュアエレクトリックブランドへと移行

| まさかアウディがここまで早くエレクトリック化を進めるとは | 一方、フォルクスワーゲングループと世界1、2を争うトヨタは「今後30年はガソリンエンジンを捨てない さて、アウディは積極的に電動化を進 ...

ランボルギーニ・ウラカンの初回点検時に代車でアウディA6をお借りした

ランボルギーニ・ウラカンの初回点検時に代車でアウディA6を貸してくれた!「アウディらしい」長所にあふれる魅力的な一台

| 大人数でクルマに乗ることがないボクにとって、なかなか自分では買おうと思わないクルマだけに新鮮だ | これだけリラックスして走ることができるクルマも珍しい さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RW ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニの買収案件続報!いったんは拒否されたクァンタムが買取額を27%上げて再交渉に臨むようだ

| 結果的に買収提案をはねつけたことでランボルギーニの価値が上がったようだ | ただしランボルギーニ、そしてアウディとVWが交渉のテーブルにつくか、そして買収を受け入れるのかどうかはわからない | さ ...

ランボルギーニ・ウラカン

アウディが「ランボルギーニは売り物ではない」と正式にコメント!スイスの持株会社の買取に対してNOを突きつける

| 売却話や買取のオファーがランボルギーニの価値を上げているのは間違いない | どうやらフォルクスワーゲンはランボルギーニの価値を上げる方向へと転換したようだ さて、つい先日スイスの持株会社、クァンタ ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニ売却話には続きがあった!スイスの持ち株会社が1兆円にて買収を申し出る。影でポルシェ一族暗躍とのウワサ

| まさかランボルギーニの買収がこういった形で具体化するとは | いったんは落ち着いたランボルギーニの身売り話だが さて、年末年始あたりに世を騒がせた「ランボルギーニの身売り話」。これは親会社であるフ ...

ランボルギーニが2016年から開始した養蜂事業を拡大中

ランボルギーニが2016年から開始した養蜂事業を拡大中!ミツバチの巣箱は8から12へと増え、ミツバチの力を借りて環境汚染物質を研究中

| ミツバチの「黒と黄色」はランボルギーニのカンパニーカラー「ブラックとゴールド」ともマッチ | フォルクスワーゲングループはとにかくミツバチに力を入れているようだ さて、ランボルギーニが2016年か ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5