ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

スーパーカー

マクラーレン・アルトゥーラ

マクラーレンが275億円の赤字を計上、165億円ぶんのF1マシンなどヘリテージコレクションを売却したとの報道。まだまだ回復までの道のりは険しそう

| なんとかアルトゥーラを発売せねばならない状況ではあったが、そのための資金確保に困難が生じる | マクラーレンにとっては、様々な悪状況が重なったとしかいいようがない さて、マクラーレンはハイブリッド ...

ランボルギーニ・ウラカン・ステラート正式発表!限定台数1,499台、「スーパーカーの体験とラリーカーの走りを一台に凝縮」【動画】

ランボルギーニ・ウラカン・ステラート正式発表!限定台数1,499台、「スーパーカーの体験とラリーカーの走りを一台に凝縮」【動画】

| ラリーモード装備の本格オフローダー、車両制御システムやコネクテッド機能も最新世代に | ウラカン・ステラートは22023年2月より生産開始 さて、ランボルギーニが待望の「ウラカン・ステラート」を正 ...

3代目、新型ホンダNSXはこうなる?初代NSXオマージュのレンダリングが登場。ボクは3代目NSXに「誰もが想像しえない価値観の実現」を期待したい

3代目、新型ホンダNSXはこうなる?初代NSXオマージュのレンダリングが登場。ボクは3代目NSXに「誰もが想像しえない価値観の実現」を期待したい

| ホンダは三代目NSXの存在を示唆しているが、その登場がいつになるのかはわからない | 各自動車メーカーがヘリテージを重視し「回帰」路線を採用する昨今、NSXも初代にインスパイアされたものであって欲 ...

ドバイにはまだまだ驚くべきスーパーカー / ハイパーカーショップがある!在庫の豊富さだけではなく「カスタム」されているのはドバイならでは【動画】

ドバイにはまだまだ驚くべきスーパーカー / ハイパーカーショップがある!在庫の豊富さだけではなく「カスタム」されているのはドバイならでは【動画】

| ドバイでは、ときどき目を疑うような希少車も販売されている | マクラーレンの人気が高いのもドバイの特徴の一つ さて、ドバイには非常に多くのスーパーカー / ハイパーカーディーラーが存在しますが、先 ...

集めたスーパーカーは「レッド」ばかり!フェラーリ、ランボルギーニなど、とにかく赤系にこだわったコレクションを見てみよう【動画】

集めたスーパーカーは「レッド」ばかり!フェラーリ、ランボルギーニなど、とにかく赤系にこだわったコレクションを見てみよう【動画】

| スーパーカー / ハイパーカーコレクターにはそれぞれ個性があって面白い | ただ、ここまでレッドにこだわる例はさほど多くない さて、いつも「次元が異なる」スーパーカーガレージを多数紹介してくれるユ ...

超上位顧客にのみ許された特別色「マットブラック」のエンツォフェラーリが競売に!存在するのはもちろん1台、注文したのはブルネイ王室

超上位顧客にのみ許された特別色「マットブラック」のエンツォフェラーリが競売に!存在するのはもちろん1台、注文したのはブルネイ王室

| フェラーリの限定モデルを購入できたとしても、そこからさらに顧客によって「選べる仕様」と「選べない仕様」があるようだ | ブルネイ王室はフェラーリにとって「最重要顧客」に位置づけられているものと思わ ...

チェコからR35 GT-Rのエンジンを積んだハイパーカー登場!出力700馬力、重量1,000kg以下、ダウンフォースは900kg、開発には元F1ドライバーも参加

チェコからR35 GT-Rのエンジンを積んだハイパーカー「プラガ・ボヘミア」登場!出力700馬力、重量1,000kg以下、ダウンフォースは900kg、開発には元F1ドライバーも参加

| 色々な意味でプラガ・ボヘミアはアストンマーティン・ヴァルキリーに近い | 「究極」を追求すれば必然的にこういったデザインや構造になるのかも さて、チェコ共和国の自動車メーカー「プラガ」より、R35 ...

フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】

フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】

| フェラーリはこれまでボディカラーに関しては比較的保守的な印象があったが | 年々、顧客がフェラーリに求めるカスタムのレベルも高くなっているようだ さて、フェラーリやランボルギーニの本社があるイタリ ...

いったいここで何台のラフェラーリが販売中?やっぱりドバイのスーパーカーディーラーがスゴすぎる・・・。【動画】

いったいここで何台のラフェラーリが販売中?やっぱりドバイのスーパーカーディーラーがスゴすぎる・・・。【動画】

| 何度かこのスーパーカーディーラーの様子が紹介されているが、その都度在庫がけっこう大きく入れ替わっているのが恐ろしい | とにかく現在はスーパーカーの売買が非常に盛んになっている さて、最近何かと話 ...

わずか2オーナー、最後のオーナーが27年間大事に乗ってきたフェラーリ・テスタロッサが競売に!ラゲッジセットなど付属品も揃った理想的な個体に注目が集まる

わずか2オーナー、最後のオーナーが27年間大事に乗ってきたフェラーリ・テスタロッサが競売に!ラゲッジセットなど付属品も揃った理想的な個体に注目が集まる

| やはり80-90年代を象徴するスーパーカーとしてフェラーリ・テスタロッサは外せない | このコンディションを見るに、もっと高値での落札予想が出ても良さそうではあるが さて、ランボルギーニ・カウンタ ...

走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か

走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か

| このフェラーリF50最初のオーナーはシンガポールのフェラーリオーナーの経営者 | そして最初のオーナーは一度もこのフェラーリF50を運転したことがなかったという さて、走行距離わずか625マイル( ...

さようならホンダNSX・・・。NSX Type S最後の1台が完成、一つの歴史が終わる。二代目NSXは「アドバンスド・スポーツカーコンセプト」として発表されたときから茨の道だった

さようならホンダNSX・・・。NSX Type S最後の1台が完成、一つの歴史が終わる。二代目NSXは「アドバンスド・スポーツカーコンセプト」として発表されたときから茨の道だった

| 発売直後こそ好調ではあったものの、その後は需要が減少し、ホンダとしては「販売終了」という苦渋の決断に | 二代目ホンダNSXはけして悪い車ではなかったが、時代とはマッチしていなかったのかもしれない ...

ワンオフモデルや超限定スーパーカー/ハイパーカー大集合!ドバイで開催されたイベント、ガムボール3000を走るメンツがスゴすぎた【動画】

ワンオフモデルや超限定スーパーカー/ハイパーカー大集合!ドバイで開催されたイベント、ガムボール3000を走るメンツがスゴすぎた【動画】

| マーク・フィリップ・ゲンバラ、AMG GT Rスピードレジェンドなどまず他では見ることができないスーパーカーも | やはりドバイのお金持ちはレベルが違った さて、ドバイにて開催された「ガムボール3 ...

ランボルギーニが放つ「スーパーカー+オフローダー」、ウラカン・ステラートのビジュアル解禁!リベット留めオーバーフェンダー、ロックガードが大迫力

ランボルギーニが放つ「スーパーカー+オフローダー」、ウラカン・ステラートのビジュアル解禁!リベット留めオーバーフェンダー、ロックガードが大迫力

| このクルマがメーカー純正だとは到底信じられない人も多いだろう | しかしこういったクルマを発売してくるのが「ランボルギーニ」という会社でもある さて、つい昨日そのフロントビューをランボルギーニオー ...

ランボルギーニがウラカン・ステラートの最新ティーザー画像を限定公開!オンラインでは11月30日に先行公開がなされるようだ

ランボルギーニがウラカン・ステラートの最新ティーザー画像を限定公開!オンラインでは11月30日に先行公開がなされるようだ

| やはりその姿はワイルドそのもの、完全に「新種」と捉えたほうがよさそう | 現時点では価格や限定台数については一切が不明 さて、ランボルギーニはオーナー向けのアプリ「UNICA」をリリースしています ...

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

ランボルギーニは2024年半ばまでの受注を獲得し生産枠がすべて埋まっていた!今注文しても納車は1年半後、すぐに注文しないとどんどん納車待ちが長くなってゆくもよう

| 生産台数ではフェラーリに迫る勢いを見せ、その人気上昇ぶりはとどまるところを知らない | この勢いのまま、ランボルギーニはエレクトリックモデルへの切り替えをうまく行うことができそうだ さて、ランボル ...

ランボルギーニ・エッセンツァ

ランボルギーニCEOがアヴェンタドール後継モデルにつき「2023年3月発表」「すでに3000台の受注がある」とコメント!強烈なブレーキングとハンドリング性能を持つことになりそう

| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして登場することになりそうだ | こんなに早い時期にアヴェンタドール後継が披露されるとは さて、ランボルギーニCEO、ステファ ...

スーパーレア!「ルーフが180度回転する」当時世界最速オープンカーだったフェラーリ・スーパーアメリカが競売に登場。189,750ポンド=3170万円にて落札される

スーパーレア!「ルーフが180度回転する」当時世界最速オープンカーだったフェラーリ・スーパーアメリカが競売に登場。189,750ポンド=3170万円にて落札される

| フェラーリはその走行性能以外にもけっこうチャレンジングな機能を採用している | スーパーアメリカのルーフ開閉は簡単だが誰もほかに思いつかなかった さて、フェラーリには様々な限定モデルが存在し、そし ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5