ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

フィアット

フィアット500にベージュアクセントのオシャレ仕様「セイル・バイ・イルムシャー」登場!イルムシャーはとはこれまた懐かしいな・・・。

フィアット500にベージュアクセントのオシャレ仕様「セイル・バイ・イルムシャー」登場!イルムシャーはとはこれまた懐かしいな・・・。

| あの頃、一部の日本車はなにかとチューナーとのコラボレーションを行っていた | この「ベージュのホイール」はかなり珍しい さて、オペルのチューンで有名なイルムシャー。今回は珍しくフィアット500をカ ...

フィアット御曹司が手掛けるアルファロメオ・スパイダー・デュエットのレストモッド!リゾートが似合うエレガントな仕様へ、そしてハイブリッドも搭載

フィアット御曹司が手掛けるアルファロメオ・スパイダー・デュエットのレストモッド!リゾートが似合うエレガントな仕様へ、そしてハイブリッドも搭載

| やはり世界中で豪華体験を積んできたフィアット創業者一族だからこそ思いつくカスタムなのかもしれない | 内外装はレトロフューチャー、そしてKERS同様の運動エネルギー回収ハイブリッドも さて、フィア ...

F1ファン必見!フィアットからマンセルに贈られた「ブリティッシュグリーンの」特別仕様ティーポが競売に登場!ベースがファミリーカーだけに最高でも140万円程度の予想

F1ファン必見!フィアットからマンセルに贈られた「ブリティッシュグリーンの」特別仕様ティーポが競売に登場!ベースがファミリーカーだけに最高でも140万円程度の予想

| これだけの特別仕様、そしてマンセルというビッグネームを考慮するとあまりに安すぎる | ちなみにプロストには「フレンチブルー」のティーポが贈られたそうだ さて、フィアットからナイジェル・マンセルに贈 ...

火災にて焼け落ちたフィアット「ディーノ・スパイダー」が競売に登場!フェラーリ・ディーノと同じV6エンジンを積み、フェラーリの工場で製造された「フェラーリの兄弟車」

火災にて焼け落ちたフィアット「ディーノ・スパイダー」が競売に登場!フェラーリ・ディーノと同じV6エンジンを積み、フェラーリの工場で製造された「フェラーリの兄弟車」

| なぜエンツォ・フェラーリが「ディーノ」の名をこのフィアット・ディーノ・スパイダーに与えることを許したのかはわからない | おそらく当時はフィアットの条件を呑まねばならない事情があったのだろう 「デ ...

アバルト595

アバルトのEV版は2023年に登場!アバルトCEO「それは素晴らしいクルマとなり、サウンドもいい」。フィアット500のEV版とは根本的に異なる電動ユニットを持つようだ

| 予定だとアバルトは2024年には「エレクトリックのみ」のブランドに | 今のバッテリー技術では、エレクトリック化とコンパクトカー、とくにホットハッチとは相性が悪い さて、他の自動車メーカーの例に漏 ...

【動画】スポーツカーだけじゃない!トラック、バン、3輪車、キャンピングカー・・・。ニュルにはこんな奇妙なクルマが走っている

【動画】スポーツカーだけじゃない!トラック、バン、3輪車、キャンピングカー・・・。ニュルにはこんな奇妙なクルマが走っている

| 仮装系、ウケ狙いのクルマもけっこう多いようだ | 中には危険すら感じさせるクルマも さて、Youtube上では様々な今年を振り返る動画が登場しており、これら動画を見ると「1年がすぎるのは早いな・・ ...

珍品!フェラーリの「F1のステアリングホイール風腕時計」が競売に。そのほかメルセデス・ベンツ、フィアットが60年代にリリースした腕時計も

珍品!フェラーリの「F1のステアリングホイール風腕時計」が競売に。そのほかメルセデス・ベンツ、フィアットが60年代にリリースした腕時計も

| けっこう前からクルマ好きと腕時計好きとはオーバーラップしていたようだ | それにしてもフェラーリとモバードとのコラボ腕時計が存在していたとは さて、相変わらずネットオークション上では新旧問わずさま ...

アバルト695 エッセエッセ・コレクターズ・エディションが限定1,390台にて登場!いまだかつて、これほどまでに過激なリアスポイラーを持つクルマがあっただろうか・・・。

| 日本同様、欧州でもアバルトシリーズの販売は非常に好調であるようだ | ブレーキはブレンボ、シートはサベルト、マフラーはアクラポヴィッチ アバルトは1,390台のみの限定モデル、695エッセエッセ・ ...

ホンダS2000、マツダ・ロードスターRF、124アバルト・スパイダーの3台をテストする動画が公開

【動画】ボクだったらアバルトだな!ホンダS2000、マツダ・ロードスターRF、124アバルト・スパイダーの3台をテストする動画が公開。S2000は現代でも十分通用するようだ

| もしくは、S2000のパフォーマンスに追いついた現代のクルマを評価すべきか | 日本は昔から「安価なオープンスポーツの宝庫」だと言われてきた さて、ユーチューバー「Track Day」が”ホンダS ...

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」。よって小型車メーカーは上級移行かEV移行かしか道が無さそう

| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは | さて、ルノーCEO、ルカ・デ・メオ氏が英国Autocarに語ったところでは、「欧州におけるコンパクトカーの価格は2倍になる」とのこと。その理 ...

ランチア・フルビア

デ・トマソ・パンテーラの元祖?ワンオフモデル「ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネ」が1500万円で販売中。その誕生のウラにはデ・トマソの暗躍があった

| こんなクルマが存在していたとはまったく知らなかった | 1969年に製造されたワンオフモデル、ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネが中古市場に登場。ランチアは1963年から1976 ...

EV化されたフィアット500に「観音開き」後部ドア装備モデル登場!ワーキングママ向けの「フィアット500 3+1」

2020/10/27    , , ,

| これまでの悩みを解決した秀逸なニューモデル | フィアットが「(エレクトリックモデルにスイッチした)500」にあたらしいボディスタイル、「3+1」を追加。これはクーペ、カブリオレに加わる「観音開き ...

電気自動車に生まれ変わった新型フィアット500!ハッチバック版初回生産モデル「ラ・プリマ」が450万円で欧州にて受注開始

| 中古で安くなればちょっと欲しい(新車ではとても買えない) | さて、フィアットは「500」を電気自動車としてリニュアールしていますが、去る3月に発表されたモデルは「コンバーチブル」。そして今回公開 ...

1990年代のスタイリッシュなクルマ「クーペ・フィアット」が現代に蘇ったら!デザイナーがレンダリングを公開

| クーペ・フィアットは今見ても十分にカッコイイ | さて、一部では「伝説の」クルマとなりつつあるクーペ・フィアット。1994年から2000年まで生産されていたスポーツクーペですが、その人気の理由は「 ...

フィアットが「パンダ後継はEVになる」とコメント。チェントヴェンティ・コンセプトの市販モデルか

| チェントヴェンティ・コンセプトは内外装のフルカスタムが可能なエレクトリックカー | フィアットは先日、ピュアエレクトリックカー「500e」を発表したところですが、今後さらにエレクトリック路線を強化 ...

【動画】新型フィアット500が「ブルガリ」「アルマーニ」等のコラボによるワンオフモデル公開。競売の収益金はディカプリオ主宰の環境団体へ

| いずれのモデルも強烈過ぎる個性を放っている | さて、先日フルモデルチェンジを行い、EV(電気自動車)として生まれ変わったフィアット500。そして今回フィアットはチャリティを目的とした3台の「ワン ...

フィアットが新設計の”500e”発表!その内外装は未来へ、ワゴンボディの「ジェルディニエラ」追加のウワサも

| フィアットは今回の新型500eに並々ならぬ期待を寄せている | フィアットが「500」のエレクトリック版、「500e」を2021年モデルとしてリニューアルすることが判明。画像を見ると一気に「未来」 ...

クラシックパンダをEV化し内外装を「インディ・ジョーンズ」仕様へとカスタムしたショップが登場!ぜひ日本でも販売希望

| EVなるもトランスミッションを装備して「高電費」化。しかも4WD | フィアット、そしてフェラーリを仕切るアニエッリ家一族のラポ・エルカーン氏。現在はフェラーリ副社長の職にある傍ら、自らもカスタム ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5