ad-728

>ボクスター購入記・インプレッション・近況等 ■過去に乗っていた車について

自分の原点。ポルシェ・ボクスターS(タイプ986、2002-2005)

2016/12/22

Pocket
LINEで送る

box-index-611

こちらに情報をまとめている、以前(2002-2004)に乗っていたポルシェ・ボクスターS(986)。

ぼくにとっての最初のポルシェであり、購入にあたってはもっとも苦労したポルシェでもあります。

なぜ苦労したのか、ということについては単純に「その頃はお金がなかったから」。当時は年収450万円ほどで、にもかかわらず新車のポルシェを購入しようと考え、ずいぶん頑張ってお金を貯めました。

それでも現金一括で購入できるわけもなく、残価設定ローンを駆使し、どのくらいの期間で毎月どのくらいであれば払えるかを綿密に計算し、さらには納車までの「待ち時間」もきっちり計算に入れた資金計画を立て、なんとか購入した車です。

かなり無理をしてしまいましたが、それでも「自分はポルシェに自分仕様の車をオーダーし、作ってもらった」という事実はぼくに多大な自信を与えることになり、それ以降の人生に対する取り組み方にも大きな影響を与えた車でもあります。

「なんとかしようとすれば、なんとかなる」。努力することの重要性や、計画性の大切さを教えてくれた車であり、やはり心に残る車でもありますね。

大切なのは、人がいい車に乗っているのを単に「いいなあ~」とか羨んだり妬んだりするのではなく、それを手に入れるために何か行動を起こすことだ、と思います。

当時のぼくにとってポルシェは「別世界」の人が乗る車としか思えませんでしたが、それでもなんとか手に入れようとし、そして実際に手に入れたとき、自分の中ではなにか「ひとつ上のステップへ上がった」ような気がしたものです。

もちろん素晴らしい運動性能を持った車でもあり、ぼくのその後の車選びに関しても、大きく基準が変わったことも言うまでもありません。

そういった経験があったからこそ、今ではやはり若い人にこそポルシェは購入して乗ってほしいと考えていますし、すこしでも購入を決断する後押しになれば、ということで維持費やメンテナンスの履歴など、可能な限り詳細を記録するようにしています。

購入から11年経過した今、幸いにももういちどボクスターを購入することができましたが、ボクスターはぼくの人生のルーツでもあり、感慨もひとしおです。

★2014/7より、ネタによってブログを使い分け、それぞれネタを分けて個別に更新します。
・日常のネタは「もう魚は勘弁してください」。
・ポルシェはじめハイパフォーマンスカー全般は「intensive911」。
・さらに「なう」のネタや近況はFacebookにて。
・「みんカラ」は自動車ネタに特化の予定です(簡略化)。

本投稿においては「intensive911」「みんカラ」と記事を共有しています。

過去に乗っていた車の関連記事一覧

運動性もデザイン性も期待以上だった。ポルシェ981ボクスター(2013-2015)

初ランボルギーニ。乗ると人生が変わるガヤルドLP560-4(2009-2014)

何もかもがジェントル。レンジローバー・イヴォーク(2012-2013)

素晴らしい車だが印象と存在感が薄い、アウディTT(2010-2011)

スタイル抜群。しかし知名度は低いVWシロッコ(2009-2010)

2番めに所有期間の長かった、ミニクーパーS(R56、2006-2009)

自分には過ぎた車だった?ポルシェ911カレラ(タイプ997、2005-2008)

珍車中の珍車。また買いたいと思わせるホンダ・エレメント(2004-2005)

ポロかルポGTIを狙うべきだった。妥協して購入したVWルポ(2003-2004)

まるでプラモデル。何もないのに楽しかった日産パオ(~2003)

自分の原点。ポルシェ・ボクスターS(タイプ986、2002-2005)

欧州車に目覚めるきっかけ。BMW Z3ロードスター(1999-2002)

色々試し、学んだ車。日産フェアレディZ(Z32、1995-1999)

2台目のプレリュード。大きく進化したBA型(1993-1994)

当時のフェラーリよりも低いボンネット。ホンダ・プレリュード(1991-1993)



->ボクスター購入記・インプレッション・近況等, ■過去に乗っていた車について
-, , ,