■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが「タイカン」クロスツーリスモ」を2021年に発売、と発表。タイカンに続き一気にエレクトリック化を加速

もう後戻りはできない ポルシェが新型エレクトリックカー「タイカン」のティーザーキャンペーン開始にあわせ、そのワゴンモデル「タイカン・クロスツーリスモ」を2021年に発売する、と発表。ポルシェは2019年9月にタイカンを正式発表する計画を持っており、その翌年には最初の派生たるタイカン・クロスツーリスモを発売することになりますね。 なお、ぼく個人的にはタイカンよりもタイカン・クロスツーリスモのほうがバランス的に優れると考えていて、というのもタイカン・クロスツーリスモのほうが車体に対してトレッドが広くタイヤも大 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生産された車で、「センターシート」「ゴードン・マレー設計」「エンジンルーム内側は放熱性のためだけに金を使用(豪華にしたかったわけではなく機能を重視しただけ)」「工具も軽量性を重視してチタン製」「新車価格価格1億円(それでも赤字)」などなど、数々の伝説を持ち、 近代のクルマではもっとも高価(17億円くらい)で取引 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】まだまだ上には上がいた!フェラーリやランボルギーニ、ポルシェの超希少車ばかりを100台以上保管するフランスのガレージ

一方でパガーニやケーニグセグなど新興ハイパーカーの姿は見られない 世界にはまだまだとんでもないコレクションを収めるガレージがあり、おなじみユーチューバー、Shmee150氏が今度はフランスから驚愕のコレクションを紹介。なお、ガレージに収まる希少車の数は100台以上だと紹介されていて、しかしその中に「頭数あわせ」などはなくランボルギーニ・チェンテナリオ、ラ・フェラーリ、フォードGT40、ブガッティ・ヴェイロン、カレラGTなど「マストアイテム」がしっかり揃います。 そしてガレージは「2箇所」に分かれ、そのうち ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ブガッティ・シロンをカスタムする唯一のチューナー「マンソリー」!その常識はずれっぷりを見てみよう

総額どれくらいかかっているのかは全く不明 ジュネーブ・モーターショーにはマンソリーがそのカスタムカーを大量に展示していましたが、ユーチューバー、Shmee150氏がマンソリーによるブガッティ・シロンのコンプリートカー「センチュリア(Centuria)」を動画にて紹介。そもそもシロンをカスタムしようと考えるチューナーはマンソリーをおいて他にないと思われ、それだけにカスタム内容も常軌を逸していて、外装パネルのほぼすべてをオリジナルデザインの「鍛造カーボン」へと入れ替えています。 マンソリーがなんとブガッティ・ ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産「次期フェアレディ、GT-Rは開発下にある。ただしまだ詳細を語ることはできないが」。

未だ方向性を決めかねている模様。この様子だと登場まであと4−5年はかかりそう 日産はつい最近、1年半ぶりとなる新車「デイズ」を公開していますが、このニュースを見たときに「1年半も新車を発売していなかったのか」と驚かされることに。そこでときおり話題にあがるのがGT-R(R35)とフェアレディZ(370Z)の後継モデルで、これらについては今のところ確たる情報が無い状態。過去に何度か「開発に着手」と報じられるものの、GT-Rは2007年、フェアレディZは2008年の登場なので、両方とも10年以上が発売から経過し ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、ホイールは二種類が確認可能

BMWはトヨタ・スープラの成功を尻目に何を思う 先日、欧州に続いてアメリカ仕様の新型トヨタGRスープラが発表され、そのボディカラーが全8色であることが判明(日本ではどうなるのかわからない)。そして今回、おそらくは工場から輸送される途中と思われるGRスープラが目撃され、積車に「アブソリュート・ゼロ・ホワイト」「ルネッサンス・レッド2.0」「ニトロ・イエロー」のスープラが積まれている画像が公開されています。 日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982)

ポルシェ718ケイマン洗車、いつの間にかボディやホイールには飛び石キズが。飛び石キズはこうやってできる

プロテクションフィルムで保護する方法もあるが さて、ポルシェ718ケイマン洗車。この時期は融雪剤や雪そのものでクルマが非常に汚れやすい季節でもあり、洗車は比較的慎重に行う必要があります。というのも融雪剤自体が「ザラザラ」していて、うかつに擦ってしまうとヤスリのようにボディの塗装面を傷めてしまうため。よってこの時期には水や泡を通常より多めにして洗車するようにしています。

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェが「カイエン・クーペ」を電撃発表!キャビン上半分がすべて新しくなりカーボンルーフも選択可能に。「カイエンが持つものは全てここにある。もちろんその”上”も」

ポルシェはカイエン・クーペに相当な力を注いだようだ ポルシェが「3月に発表する」としていた”カイエン・クーペ”が突如として公開に。3月というとジュネーブ・モーターショーが開催されているものの、そこで発表せず、しかしその直後に発表するという、これまでにない動きを見せています。一見した印象だと「正直カッコイイ」というもので、これまたポルシェの販売を大きく伸ばすことになりそうなクルマですね。

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデルXにカーボン製ワイドボディキットを装着。内外装は「ブラック×オレンジ」で統一

テスラはカスタムするとここまで格好良くなる テスラのチューン&カスタムが得意な「Tスポーツライン(T Sportline)」がその最新作を公開。これはテスラ・モデルX P100Dをベースにワイドボディキット「T Largo」を装着したもので、そのオーバーフェンダーは「片側5センチプラス」。キットそのものにはオーバーフェンダーの他にフロントエプロン、バンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングが含まれ、それらはすべてカーボンファイバー製。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ最高峰、「63S 4MATIC+」を見てきた!シビれるマットカラー採用、動画、画像も大量公開

AMG 63シリーズ最強最速なのに内装はもっともエレガントだった さて、メルセデス・ミー大阪にてメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の展示車が入ったので見にゆくことに。ボディカラーはオプション扱いとなるマットペイントの「ブリリアントブルーマグノ」(メルセデス・ベンツではマットカラーのことを”マグノ”と表記)、インテリアは「マキアートベージュ/マグマグレー(フルレザー仕様/ナッパレザー、ダイヤモンドステッチ入)」。装着されるオプションはBurmesterハイエンド3Dオーディオパッケージ、AMGパ ...

ReadMore

このブログについて

x2

【目次】




【このブログについて】

本サイトはポルシェ・ボクスター(981)の購入を契機に、下記に記載する他サイトとは別にその情報を集約する場を模索し、2013年12月に試験的にブログ形式としてオープンさせました。

その後、他に管理するポルシェ他ハイパフォーマンスカーに特化したブログ「intensive911」との共存を図ってきましたが、記事の管理(カテゴリ分けやタギングなど)の容易さ、閲覧性の高さ、画像公開/閲覧の容易さを考慮し、2014年11月より本サイトに「intensive911」を統合しています。

加えて同じ理由により、10年以上続けてきたブログ「もう魚は勘弁して下さい。」も本ブログに統合しました。
こちらのブログはぼくの日常的な生活や考え方を述べたもので、もっともぼくの本質を表しているものと考えています。

本ブログ(Life in the FAST LANE.)では主に自分の車の情報を記録し、ぼくが自分で必要に応じてメンテナンスの記録を確認したり、保険や点検の金額を確認したりすることがメインの目的ですが、ぼくがガヤルドを購入しようと考えたときはあまり情報が無くずいぶん困ったので、すこしでもその状況を改善でき、こういった類(スーパーカーなど)の車の購入を考える人たちの参考になればとも思います。
そのため、出来る限り車体購入時の費用やローンの計算、メンテナンス費用も記載してゆく予定。

また、他車種の情報やカスタム情報も広く公開することで、なんらかの参考になったり情報のデータベースとして活用できればいいなあ、とも考えています。
所有している(もしくは所有していた)車を基本に、それらに関連する情報や環境、ライバル関係にあるメーカー/ブランドの情報がメインとなるはずですが、時々脱線もするかと思います。

DSC04025


【このブログのタイトルについて】

本サイトのタイトル「Life in the FAST LANE」は1976年に発表されたイーグルスの名曲から頂戴しました。
邦題は「駆け足の人生」ですが、「Fast Lane」は追い越し車線を指し、曲の意図はイカレ野郎が「人生の追い越し車線をひたすら(壊れるまで)ブッ飛ばし続ける生き方」というものだと捉えています。

ぼくはかつて、ある程度の年齢になれば、同様にある程度人生がスローダウンするものと考えていました。いろいろなものがきっとしかるべきところに落ち着いてくるのだろう、と。
そして、ある程度の年齢になれば、落ち着く「べき」だとも考えていたのですね。

ですが、いまだにぼくには立ち止まる時間も、振り向く時間もありません。
そしてどうやら、ぼくはもともと、ゆっくり歩んだり立ち止まったりすることができない性分のようです。
スローダウンするどころか、ぼくの歩む速度は常に加速していて、それは今後も続きそうでもあります。

今はじっとしていても失い続ける世の中ですし、であればここは開き直って、たとえ壊れることになろうとも追い越し車線を走り続けようと思います。
周囲がなんと言おうと、これはぼくの人生で、ぼくはこのようにしか生きることができません。

Life in the fast lane, Everything all the time.
Life in the fast lane, Surely makes you lose your mind.

いつまでたっても人生をゆっくり歩むことが出来ず、”駆け足”でしか生きることができないぼくにはうってつけのタイトルだと考えています。




【このブログのコンテンツ、方針、検索方法について】

このブログの方針について
方針というほど大したことではないのですが、運営するにあたり、下記のことを心がけています。

1.自動車に興味がない人でも、自動車に興味を持ってもらえるように「ライフスタイル」を絡め、自動車があることで過ごせる豊かな生活を示す。
2.自動車愛を感じさせる記事になるよう心がける。
3.知的好奇心を刺激するコンテンツ、アカデミックなコンテンツを提供すること。一過性の流行や、読み終わった後にすぐ忘れるような内容はアップしない。
4.人やモノをディスらない。どんな事象にもそれなりの理由があり、どんなモノも一生懸命設計して作られているので(モノに罪はない)、その人やモノのいいところを探す。
5.人の不幸をネタにしない。要は事故などでその当事者を皮肉ったりすることですが(「ざまぁ」的)、基本的に事故についてはあまりネタにしたくなはく(明日は我が身)、ネタにするのであれば自戒の意味を込めた内容、役立つ内容にして紹介したいと考えています。
6.下品なネタをアップしない。ゴシップ、アクセスのために女性(エロ)を利用することなど。言葉遣いも同様です。
7.役に立つコンテンツを提供すること。その時は記事の内容を覚えてもらえなくても、「Life in the FAST LANE.で何か検索すれば何か見つかるかも」「そういえば何かあったかも」と記憶してもらえる記事を掲載する。
8.なにかしら「へえ」「ほう」と思ってもらえる豆知識やコメントを添え、単にニュースを紹介するだけに留めない。
安易な引用記事ではなく、関連情報も調査し、自分の見解もそこに加える(自分自身の知識も増えるので)。
9.使用する画像はできるだけ美しいものを選ぶ。
10.常に公正で紳士でいること。
11.お金(アフィリエイト収入)を得るために記事を書かない。お金は結果であって「目的」ではない。
12.天上天下唯我独尊。真似されることはあっても真似しない。パクリサイトのように他サイトの人気記事をチェックして同じような記事を書いたり、レイアウトやタイトルのつけ方を真似るようなことはしない。
13.他人のサイトやコミュニティ、掲示板に出ていってサイトを宣伝したりしない。そうせずともわざわざ「見に来てもらえる」、第三者が「拡散したくなる」記事を書くことに専念する。

といった感じです。
サイトの運営を通じ、ぼく自身を成長させることも念頭におき、このサイトとともに人間として成長できればと考えています。

検索方法について
記事の検索についてはサイト右上にある検索ボックスにキーワードを入れて検索してください(複数キーワードはカンマで区切ってください。「ウラカン,ホイール」といった感じです。スペース、全角カンマは認識しないようです)。

もしくは、下記からもサイト内検索が可能です。


【他に管理しているサイト/ページについて】

facebookページ「Intensive911」・・・2016/10開設。個人のFacebookアカウントとは別に本サイトのFacebook版としてスタート。
記事の内容は本ブログと同じ(同時投稿)となりますが、ときどき過去記事のリバイバルや、タイムリーな情報を提供します。

みんカラ・・・アウディTT、ミニクーパーS、VWシロッコ、レンジローバー・イヴォークなどの情報はこちらに集約しています。ポルシェ(911カレラ、986/981ボクスター)、ランボルギーニ(ガヤルド/ウラカン)の一般ネタもこちらにあります。

BLOG:no more ready-made・・・ぼくの予備ブログのようなもの。「Life in the FAST LANE」では車やそれに近いネタ、BLOG:no more ready-madeではそれ以外の日常的な出来事、思いついた様々なことを記載してゆく予定ですが、活用の方向性は未定。

Intensive911・・・Porsche、Lamborghiniはじめハイパフォーマンスカーなどの幅広いネタを紹介するブログ。2014/11/4をもって本ブログに統合。2005年から始めたブログです。
現在は「BLOG:no more ready-made」へデータ移行済み。

もう魚は勘弁してください。・・・ぼくの日常を記載しているブログ。2014/12/22をもって本ブログに統合。現在は「BLOG:no more ready-made」へデータ移行済みです。


IMG_9147


【RSS、リンクについて】

当サイトはリンクフリーです。
相互リンク、相互RSSは随時募集中。
RSSについては、より多くのアクセスを送っていただけるサイト様に極力多くのアクセスをお返しできるように心がけています。

当サイトのRSS
http://intensive911.com/?feed=rss2
もしくは
http://intensive911.com//?feed=rss2
当サイトのURL
http://intensive911.com/


【SNSについて】

ツイッター(このブログとほぼ内容は同じですが、過去記事のサルベージ、リアルタイムのつぶやきもあります。ツイッター上のでRT、DMは現在休止中です)。基本的に100%フォロバします。
https://twitter.com/intensive911

Facebook(このブログとほぼ同じ内容を公開しています)。基本的に友達申請は100%受理します。
https://www.facebook.com/jun.masuda.777

インスタグラム(日常を画像にて投稿。当サイトには公開していない、リアルなぼくの生活を公開しています)。
https://instagram.com/intensive911/

Flickr(使い勝手があまり良くないので今後はあまり運用しないかもしれません)。
https://www.flickr.com/photos/[email protected]/

Pinterest(とりあえず画像だけをUPしています)。
https://jp.pinterest.com/intensive911/


【管理人について】

現在、ランボルギーニ・ウラカンLP610-4とBMW i3に乗っています(ほかバイクも数台)。
様々な幸運に助けられて現在のカーライフを送ることができていますが、自分がランボルギーニを購入するなぞちょっと前までは考えたこともなく、つくづく「人生はわからないもの」です。
なおランボルギーニを購入する際にはあまりに情報が少なく、またメンテナンス等に関してもわからないことが多かっため、これから購入する人の参考に(少しでも)なればと思い、できるだけ詳細な記録を残してゆきたいと考えています。

DSC02974


【お問い合わせ、コメントについて】

お問い合わせ先:super_toyz*yahoo.co.jp
(*を@に変更して送信お願いします)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



こちらもどうぞ。人気記事

1

車検にかかった費用の415,000円を上回る さて、ランボルギーニ・ウラカンの12が月点検が終了。今回は予定していたバッテリー交換に加えてリアタイヤ交換、内装異音の対策をお願いしています。リアタイヤに ...

2

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

3

よく「予算これくらいで、オススメの車はありますか?」と聞かれます。 都度都度お答えするようにはしていますが、すぐに思いだせない車もあり、自分自身の備忘録としてもここに価格帯別にまとめてみます(完全に自 ...

4

独自路線のカシオにしては珍しく「他社製品に似た」腕時計 カシオGショック(G-SHOCK)から新シリーズ、「G-STEEL GST-B100シリーズ」が登場。 このシリーズは「カーボンベゼル」を使用し ...

5

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

6

| 価格帯別、オススメの腕時計はこれだ | クルマと同様、よく聞かれる「オススメの腕時計」。 しかしながら腕時計はその人の着る服や使用環境によって大きく「オススメ」が異なり、なかなか答えるのが難しいの ...

7

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

8

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

9

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVを撮影する白人女性。 かがみ込んでアングルを決めるなどけっこう真剣な様子ですが、白人女性は比較的スーパーカーに対して関心を示すことが(経験上)多いようですね。 なお ...

10

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

投稿日:2013/12/16 更新日:

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.