>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

ReadMore

フェアレディ

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産がGT-R、フェアレディZに「50周年記念モデル」追加?スペシャルモデルを示唆するティーザー画像が公開

ニューヨークモーターショーでなんらかの発表がありそうだ 日産がフェアレディZとGT-Rの生産開始50周年を祝い、ニューヨーク・オートショーでなんらかのスペシャルモデルを公開する模様。今回、日産公式にて ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産がSEMAにて、カスタムされた400馬力版フェアレディZを展示。同仕様のパーツも販売の予定

| 日産はSEMAに5台のカスタムカーを展示。目玉は400馬力のフェアレディZ | 日産もカスタムカーの祭典、SEMAショーへとカスタムカーを展示。 今回はフェアレディZ、キックス、3パターンのカスタ ...

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

人と人、車と車のすれ違いを考える。中の人が同じでも、車が変われば周囲は「同じドライバーが運転している」とは気づかない

| 人生はいつもすれ違いの繰り返しだ | ぼくは毎日決まった時間に決まった道路を走りますが、同じように「定期的な走行」を行うクルマもあるようで、一定区間を一緒に走るクルマが何台かあります。 そのうちの ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) ■ニュース

「日本大好き」デザイナーが作成した「バーチャルチューン」。GT-R、RX-7、86などの変化を見てみよう

| レンダリング界でも日本は重要なポジションを占める? | 日本大好きなコンセプトアーティスト、Khyzyl Saleem氏。 自身のインスタグラムにて一連の「日本っぽい」レンダリングを公開しています ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】日産が公式で「西部警察」特殊車両を公開!ガルウイングのフェアレディZ、マシンガン内蔵スカイラインRSなど

| 日産が西部警察に使用された車両を動画で紹介 | モーターマガジン社の発行するムック本、「西部警察FAN BOOK〜マシンアルバム〜キミはあのマシンを覚えているか」の撮影に際し、西部警察に使用された ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity)

ホンダ・シビックを日産フェアレディZ風へ謎カスタム。なおエンブレムはホンダのまま

| かなりお金の掛かった謎カスタム | 画像掲示板、Redditにて、ホンダ・シビッククーペを日産フェアレディ風に改造してしまった車が登場。 その姿はまさに驚くべきもので、ヴェイルサイド風のフロントバ ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期日産フェアレディ最新情報。「ベンツと共同開発、ハイブリッドあり、ニスモ版は4WDで475馬力」

| 日産は次期フェアレディZに4WDを用意? | いろいろと錯綜する次期日産フェアレディの情報。 「具体的なことは決まっていない」「エンジンはメルセデス・ベンツと共同開発」ということが報じられています ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産に一杯食わされた。「370Zki」は次期フェアレディZのコンセプトではなくスノーモービル

| 一杯食わされた感じ | 日産が先日予告していた「370Zki」を公開。 フェアレディZの後継でもなんでもなく、単にフェアレディZを雪上仕様に改造した車であり、ちょっと肩透かしを食らったような感じで ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産役員が次期フェアレディZについて語る。「消滅することはないが次期モデルは何も決まってない」←?

2018/2/5    , ,

| 次期フェアレディZは消滅? | 今ひとつ先行き不透明な次期日産フェアレディZ。 次期モデルはない、いやクロスオーバーになる等の情報が飛び交いますが、日産の役員、フィリップ・クライン氏によると「フェ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が突如「370Zki」コンセプトを予告。フェアレディZのクロスオーバー(SUV)モデルか?

| 次期フェアレディZ?無関係のSUV? | 日産がシカゴ・モーターショーに向けて突如「370Zkiコンセプト」を予告。 今回は短い動画が公開され、その中では雪山と「Zki」と刻まれる文字が表示されま ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産がオートサロン出展概要を公開。リーフ、エクストレイル、NV350に”グランドツーリング”仕様

| 日産は今後”グランドツーリング”推し? | 日産がオートサロンに出展するクルマの概要を公開。 さすがにカスタムカーに祭典だけあって多くのカスタム車両を登場させるようですが、その目玉は「リーフ・グラ ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

【競売】日本のチューナーが製作し世界最速”421km/h”を記録したフェアレディZ。最高出力は1000馬力オーバー

| 伝説のフェアレディZが競売に登場 | 以前にも世界最速”速度違反記録”を持つ「V12スープラ」を出品すると発表したBHオークションより、今度は「世界最高速記録」を叩き出したフェアレディZを出品する ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

2018年モデルのフェアレディZが公開。この時期に変更を行うということはモデルチェンジなし?

2018年モデルのフェアレディZが北米にて公開に。 現行フェアレディZ(370Z)は2008年に登場しており、もうそろそろ「10年」。 じき新型に移行すると思われ、今年の東京モーターショーにも次期モデ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA)

新型スープラが登場予定の東京モーターショー。マツダRX-9、日産390Zも発表とのウワサ

東京モーターショーは9/27に開幕しますが、新型スープラがそこに登場、というのは専らのウワサ。 今回はそのウワサに加えて「日産フェアレディ390Z」「マツダRX-9」が登場、とAutobild誌が報じ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >その他ポルシェ関連/ニュース

こんなコンセプトカーもあった。後のGT-R、フェアレディZにスタイルや技術が引き継がれた「日産MID4」

日産が1985年にフランクフルトモーターショーにて発表したコンセプトカー「MID4(ミッドフォー)」。 その後1987年には「MID4-Ⅱ」として東京モーターショーにて再度発表されています。 「MID ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity)

クラシックカーバブルもホンダにまで来た?1978年製シビックの予想落札価格は100万円

1978年製のホンダ・シビック125がオークションに登場予定。 予想最高落札価格は100万円ほどと見られますが、いかにクラシックとは言えども相当数が販売された車ではあり、そこまでの値がつくとは、と驚か ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

製造わずか30台、フェアレディZのライトを装着したランボルギーニ・ディアブロGTRが中古市場に登場

1999年に発表されたランボルギーニ・ディアブロGTRが中古市場に登場(発表されたのはランボルギーニのお膝元であるボローニャ・モーターショー)。 ディアブロGTをベースとしていますが「サーキット専用」 ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産が「ニスモ強化」。ニスモモデルを倍増させ販売も1.5万台→10万台まで拡大

日産が「ニスモ」を強化する、と発表。 現在「ニスモ」はGT-R、フェアレディZ、ノート、ジューク、マーチの5車種(世界では7車種)に設定されていますが、今後これを2025年までに2倍に拡大した意向。 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.