>シトロエン/DS(CITROEN/DS)

2020年8月の輸入車登録台数。全体では前年比84.3%まで戻し、国産車の80.5%に比較し回復が鮮明に

さて、2020年8月の輸入車登録台数。輸入車全体では前年比84.3%となっており、国産車の80.5%に比較すると「回復基調が強い」とも考えられます。なお、今月についてはとくに「大きく伸びた」ブランドも ...

2020年7月の国内輸入車登録!入荷がなく在庫を持たないフェラーリ/ランボルギーニは売るべき車がなく苦しそう。なおスマートが7月に売ったのはわずか「1台」

| ビジネススタイルの差が7月の明暗を分けたが、まだ勝負はわからない | さて、2020年7月の輸入車登録。全体としては18,338台を登録し、これは前年比で82.1%という数字です。メルセデス・ベン ...

【今日のニュース】プジョー・シトロエンとFCAとの合併後新会社は「ステランティス」、メルセデス・ベンツGクラスが改良、ベントレーがLGBT支持、BMW i7試作車が目撃

| テスラは自動運転中、停車していた警察車両に追突 | さて、先日プジョー・シトロエン(PSA)とFCA(フィアット・クライスラー)は合併を発表していますが、両者が合わさった新会社の名称は「ステランテ ...

2020年6月の輸入車登録状況。通年で昨対100%を維持したのは7ブランド、うち5つはスポーツカーメーカー、そして最も成長したのはフェラーリ

| やはり高級スポーツカーは不況下でも強かった | さて、2020年6月の輸入車販売ランキング。輸入車全体だと21,075台が登録され、これは前年比67.7%という数字です(1-6月累計だと113,4 ...

え?これがシトロエンC4?これまでのハッチバックから魅力的なSUVになって新登場。C4はいつもボクらを驚かせる

| いい意味で常に期待を裏切り続ける、それがシトロエンC4 | シトロエンがフルモデルチェンジ版となる新型C4を発表。見て分かる通りこれまでのハッチバックからクーペスタイルSUVへと変化したということ ...

メルセデス、スズキ、シトロエン、BMWがリコール届け出。スズキはハスラー、ワゴンRなど述べ157万台の大規模リコールに

| 100万台を超える規模でのリコールはあまり見たことがない | さて、比較的チョコチョコとリコールを発表するメルセデス・ベンツ(品質が低いというよりは、品質に厳しいためだと考えられる)。今回はGクラ ...

フェラーリ凄いな!輸入車総数の登録が半減した5月の国内市場において、前年比1.9倍の販売を記録。なお伸びたのは3ブランドのみ

| やはり不況下でもっとも強いのはフェラーリか | さて、コロナ禍まっさかりの2020年5月における輸入車登録状況。ざっと見る限りでは4月よりも5月のほうが影響が濃く、登録台数は先月比で53.4%に。 ...

シビック・タイプR、CR-Vほかホンダ車、プジョー/シトロエン、アウディにリコール。シビック・タイプRは走行中エンストの恐れ

| ホンダは日英の工場で同じパーツを使用していたようだ | ホンダがイギリスにて生産されたシビックをリコール(リコール届け出番号:外-3039)。形式はDBA-FK7 / DBA-FK8で、製造期間は ...

2020年4月の国内輸入車販売!全体ではコロナ禍にて前年比62.8%、しかしポルシェ164%、フェラーリ126%、ランボルギーニ133%など成長組も。最も減ったのはスマートの「前年比1.2%」

| 販売の増減はブランド価値に比例していると考えて良さそうだ | さて、新型コロナウイルスによる影響が懸念される自動車販売ですが、国産車だと前年比86.2%に留まったものの、輸入車の登録台数は前年比で ...

自動車28ブランドの利益率公開!フェラーリは1台売って1023万円の利益。日産が同じ額を稼ぐには926台を売らなくてはならない・・・

| わかってはいたが、フェラーリの利益率は圧倒的だった | 2019年における自動車業界の統計が公開され、「フェラーリがもっとも利益の出る自動車メーカーであり、テスラは未だに赤字」という事実が明らかに ...

2020年3月の輸入車登録ではフェラーリが2倍近く伸びる!3月までで「最も成長したブランド」に

| やはりフェラーリと日本市場は相性がいい | さて、2020年3月の輸入車登録状況。登録総数はコロナウイルスの影響か、前年比86.4%の31,630台に留まっており、さらには国産車の「89%」に比較 ...

2020年2月の輸入車登録状況!ロールスロイス等超高級ブランドはコロナの影響なく納車が進み、ブガッティも今年始めて登録に

| なぜかヒュンダイが突如6台も登録された | さて、2020年2月における輸入車登録状況。コロナウイルスの影響か、輸入車全体の販売は昨年に比較して10%ほど減少しています。2月はあまり大きな変動はな ...

価格約72万円、1分30円のレンタルも!シトロエンから(現地では)免許不要で乗れるマイクロEV、「アミ」が発売

| トヨタもサブスクやるならこれくらいじゃないと | シトロエンがフルエレクトリック・マイクロカー「Ami(アミ)」を発表。※Amiとはフランス語で「友達」の意味これは昨年のジュネーブ・モーターショー ...

あれ?なんか普通だぞ?DSがこれまでになくマトモなコンセプトカー「エアロ・スポーツ・ラウンジ・コンセプト」を発表

| DSはこれまでケッタイなコンセプトカーを発表し続けてきたが | シトロエンの高級ブランドであるDSが「エアロ・スポーツ・ラウンジ・コンセプト」を発表。「エアロ」と名のつくとおりエアロダイナミクスに ...

オペルが日本に再参入!まずは3モデルから導入開始、しかし「今までに日本で売ったオペルのメンテナンスは受付けない」という非情ぶり

| 当時のオペルはゼネラルモータース、現在はプジョー・シトロエン | なんとオペルが日本への再上陸を果たす、とのこと(昨年末にも一旦報じられていた)。ちなみにオペルは2006年に日本市場から撤退してい ...

2020年1月の国内輸入車登録状況。ボルボがついにミニを抜き、フェラーリは過去最高レベルの販売を記録

| BMW、ミニ、ルノー、スマート、フィアットは相当に苦しそうだ | さて、2020年1月の輸入車登録ランキング。相変わらずメルセデス・ベンツが1位となっていますが、フォルクスワーゲンがBMWを抜いて ...

2019年12月、そして2019年通年での国内輸入車販売状況。1位はベンツ、最も伸びたのはマクラーレン、最も減少したのはブガッティ

| 昨年、ブガッティは7台も登録されていた | さて、2019年12月の輸入車登録台数、そして2019年通年での輸入車登録台数。今回は2019年通年というところに焦点を当てて見てゆきたいと思いますが、 ...

2019年11月の輸入車登録。ボルボがなんと「日本で5番目に売れる輸入車」となり、一方ではマセラティほか数ブランドが前年比半分、中には1/4に落ち込んだケースも

| スポーツカーは全体的に成長傾向 | さて、2019年11月の自動車販売ランキング。1位は圧倒的にメルセデス・ベンツですが、フォルクスワーゲンが2位に浮上しています。いつも思うのは、「フォルクスワー ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5